line-s
03.22
東京都中央区銀座7、とらや 銀座店。
室町時代後期から続く、格式ある老舗菓子舗。
銀座店は1階が販売、2階が喫茶・虎屋菓寮。
年中無休で、季節ものを含めた甘味がいただける。

外観

室町後期からの歴史ある「とらや」
ホームページにキッパリと書かれています。

「和菓子の歴史は、虎屋の歴史です」

京都創業とのことでありますが、東京土産で羊羹をいただいたことが多く、そちらのイメージが強い私。
現在の「とらや」の本社は東京。
お店の展開も関東と京都が中心。

とらやのある風景

今居る場所は銀座で、華やかな通りを歩いております。
目に入る「とらや」の暖簾。
茶寮は、京都か東京の店舗にしか縁がなく店前で足が止まってしまい・・・
ディスプレイに大好物の、あわぜんざいが!
季節ものなんですよね。時間もあるし大丈夫。
同行者を誘って一服。
店内へ入り一階のショーケースを横目に階段で2階へ。
女性客とお一人様が多め。禁煙。一人の方は本を読まれてたりして静かでクリーンな空間です。
席につくと麦茶が出されました。
季節ものをオーダー。

店内 

◆あわぜんざい 1155円(季節メニュー3月14日まで)
・煎茶または抹茶付1785円・抹茶グラッセ付1848円
抹茶付にしました。
黄金色の粟餅。独特なザラプチ食感。滑らかな甘めの漉し餡がマッチ。シバ漬けが添えられて。
もち粟も生産量が減って、高級化されたものの入手困難と聞きますね・・・
澤屋のつきたて粟餅もいただいてみたいです。

あわぜんざい 1155円(単品)

お薄

あわぜんざい 抹茶付 1785円

◆あべ川餅 903円(季節メニュー4月30日まで)
・煎茶または抹茶付1533円・抹茶グラッセ付1596円
同行者はこちら。同じく抹茶付。
のし餅に和三盆入りきな粉をまぶしてつくられた、あべ川。
少し貰いました。柔らかいのし餅は熱いくらい。黄粉の良い香りと上品な甘さ。

あべ川餅 903円(単品)

あべ川餅 抹茶付 1533円

特に混んでもなく、ゆっくり出来ました。
麦茶も注していただきましたし。

麦茶はサービス

店内

レジで小形羊羹をお土産に購入。
これは母に。とらやの羊羹だと耳に覚えがある世代です。
棹と数える羊羹らしいサイズも良いですが、最近は食べやすいサイズでバラエティに富むものも喜ばれますね。

お土産で買った羊羹

外は快晴。
高級ブランドのビル群と青い空。
銀座にしかない風景。

とらやビル。ゴールドで「とらや」と

とらや 銀座店

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:和菓子 | 銀座駅東銀座駅新橋駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/94-729f3bf5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top