FC2ブログ

食べログと。時々雑感と。 | 食べログが趣味の福岡県在住レビュアーブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by akii on  | 

ホテル雅叙園東京の自然派イタリアン◆RISTORANTE CANOVIANO

東京都目黒区下目黒1-8-1、RISTORANTE CANOVIANO
ホテル雅叙園東京の自然派イタリアンレストラン。
2017年5月15日オープン。
JR目黒駅徒歩3分。
予約可、貸切可。カード可。
レストラン予約 (9:00~20:00)
90席、個室1部屋、屋外24席。無休。
営業時間11:30~14:30(L.O.)、17:30-21:30(L.O.)。
土日祝11:30~15:00(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)。

店舗入口前

日本で最初に誕生した総合結婚式場、目黒雅叙園が、2017年4月1日ホテル雅叙園東京に名称変更。
リブランドコセプトは、心つなぐ麗しき祝祭百景(Tie Your Hearts in the Colors of Nippon.)。
祝祭を通じて人とつどい心がつながる、世代や国を超えてさらなる幸せが生まれる場所として歩んでいく、だそうです。
以前から見たかった施設内の東京都指定有形文化財「百段階段」を目指して行ってきました。

百段階段見学ツアーは人気の企画、受付には沢山の人が集まります

美と匠の祭典「百段階段見学ツアーとお食事」というイベントが開催されており、そちらに参加。
普段は一般公開していない保存建築「百段階段」を、目黒の歴史とともに専任ガイドさんが案内して下さるというもの。

文化財鑑賞後は施設内5ヵ所のレストランから好きなお店を選べる食事がセットされてます。
↓このような内容です。
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/7893
Aコースを利用。
レストランは2017年5月15日にオープンしたばかりのカノビアーノを予約しました。

時間に受付集合。ベテラン専任ガイドさんが1時間15分の時間をかけて案内・説明してくれます。
ホテル雅叙園東京は螺鈿細工の美しい施設ですが、百段階段は歴史とともにまた別物。

百段階段見学ツアー

目黒を知る良い機会になりました。
百段階段は撮影禁止です。HPでは紹介されています。
↓素晴らしいですよ。
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100dan

見学後はレストラン別にお迎えが。
カノビアーノのスタッフさんの先導でお店へ。
オープン直後で、店前には花が並びます。

入口

店内はステンドグラス調の天井から柔らかな照明が綺麗。
一人でしたが、四人掛けテーブルをゆったりと利用させて貰いました。

店内

百段階段見学ツアーとお食事のセットで4800円でしたが、内容は3500円のランチです。

◆サンタブロージョ 3500円(税サ別)
・前菜…水牛のモッツァレラチーズとフルーツトマト 季節野菜のサラダ仕立て パルマ産生ハム添え
・パスタ…黒毛和牛のボロネーゼときのこのスパゲッティーニ
・メインディッシュ…銘柄豚ロース肉のグリル サルサヴェルデ 焼き野菜添え
・デザート…カノビアーノドルチェ(6種類からチョイス)
・コーヒー

テーブルセッティング

店内は、テーブル席、カウンター、個室が1つ(7名)。それとプールサイドのテラス席。
軽快なBGM。座り心地の良い椅子。背中のクッションが気持ち良い。

ドリンクメニュー

先ずはスパークリングワインを一杯。

一杯目はスパークリングワインを

◆オペレ・ブリュット 1500円(グラス)(税サ別)
オペレ・トレヴィジャーネ(Opere Trevigiane)
シャルドネ100%。ノンヴィンテージ。ヴェネト。
シャンパンと同じ製法で造られた辛口スパークリング。
ボトルで8500円。

オペレ・ブリュット(グラス) 1500円


最初に各テーブルにオリーブオイルとパンが配られていました。
常温のパン。おかわりは幾らでも、と声がかかります。
シルバーのトレイにクロスを敷きその上にカットされた多量のバケットを各テーブルに。
パンはメゾンカイザーに発注されたもの。

パンはおかわり自由

前菜。お皿は冷たく冷やしてあります。24ヶ月熟成のパルマ産の生ハム。南イタリア水牛のモッツァレラ。
大きな1枚の生ハムをまとったサラダ。
鮮度の良い野菜が包まれています。モッツァレラチーズが美味しい。塩梅が良いです。

季節野菜のサラダ仕立て パルマ産生ハム添え

赤のグラスを一杯。

赤のグラスを一杯

◆バローロ・セッラルンガ 1600円(グラス)(税サ別)
スキアヴェンツァ。ネッビオーロ100%。2012ピエモンテ。
大樽熟成の古典的なスタイルのバローロ。
酸が綺麗にまとまっているのが特徴。
ボトルで9500円。

バローロ・セッラルンガ(グラス) 1600円

黒毛和牛のボロネーゼ。でワインがすすみます。
パスタは良い感じのアルデンテ。肉感もあり野菜もたっぷり入ってました。

黒毛和牛のボロネーゼときのこのスパゲッティーニ

鹿児島県産の黒豚のローストとグリル野菜。
食欲をそそる良い香り。お皿はひとつ大きめで温めてあります。
黒豚はザクッとナイフの刃が感じる厚みと旨み。
付け合わせは、プンタレッラ、玉葱、蓮根、じゃが芋、ズッキーニ。野菜が美味しい。
春を告げるイタリア野菜の女王、プンタレッラの爽やかな苦味の存在で、ワンランク上の大人味。

銘柄豚ロース肉のグリル サルサヴェルデ 焼き野菜添え

テーブルクロスがかかってますので、デザート前にパン皿をひき、ダストパンでパンくずを掃除。
デザートと食後のドリンクはリストから選べます。

デザートのリスト

・はちみつのクレマコッタ 香ばしいオレンジのソースとレモンのジェラート

はちみつのクレマコッタ

・カモミール

カモミール

現在のアイスクリームの原型は16世紀中頃、フィレンツェでブオンタレンティがメディチ家のために創作したセミフレッドのズコットと言われていますが、イタリアのアイス文化は幅広く美味しい。
ジェラートもですし、先日のアイスケーキのカッサータ、このクレマコッタもその1種のようです。
クレマコッタはジャクジャクとした感じ、ジェラートは抵抗なく口内で溶けます。
食感の違う二段の冷菓がちょっと贅沢。オレンジピールはコンポートのよう。これまた苦味が大人味。

小菓子

カモミールと焼き菓子をいただいて、ゆっくりとした一人の時間を贅沢に。
テーブルチェックで店を後にしました。

外観

植竹シェフの自然派イタリアン。
無駄をそぎ落として、素材の究極の味を引き出す料理だそうです。
にんにくや唐辛子、バター、クリームなどの動物性油脂を極力使わず、オリーブオイルや野菜などの 自然の味わいに拘り。
1999年代官山にカノビアーノをオープンさせた植竹シェフ。
現在、カノビアーノ、カノビアーノ・アネックスほか他店舗を展開。

リストランテ カノビアーノ



関連ランキング:イタリアン | 目黒駅不動前駅五反田駅


関連記事
スポンサーサイト

Posted by akii on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/693-a4a76e19
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。