line-s
01.22
栃木県日光市本町8-27、日光田母沢御用邸記念公園
栃木県立の都市公園(歴史公園)。
元は皇太子時代の大正天皇の静養所として造営された旧御用邸の建物と庭園。
現在、公園として整備され一般公開している。
明治期以降に数多く造られた御用邸建築の内、全体がほぼ完存する唯一の例として貴重。
建造物群は国の重要文化財に指定されている。
開園時間4~10月9:00~17:00(受付は16:00まで)、11~3月9:00~16:30(受付は16:00まで)。
入園料、大人・高校生510円、小・中学生250円。団体割引あり。
音声ガイドサービス200円。
休園日、火曜(祝日の場合翌日)。無休の期間もあり、年末年始は休園。
駐車場あり有料。

日光田母沢御用邸記念公園 

御車寄

日光金谷ホテルから呼んで貰った観光タクシー。
2時間で数か所へ行き、日光東照宮前で降ろして貰う打ち合わせを。
セレクトされたのは、憾満ヶ淵と日光田母沢御用邸記念公園と滝尾神社。

神橋から大谷川(だいやがわ)を1kmほど上流にさかのぼったところに位置する日光田母沢御用邸。
御用邸の創設は1899年(明治32年)。
病弱な皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の夏の静養所として設けられたもの。
建物はその時に新築されたものではなく、この土地に建てられていた資産家の別荘が再利用されています。
東京・赤坂の東宮御所から移築された建物もあり、大正天皇即位後にも多くの部屋が増築され、江戸・明治・大正の各時代の用途の異なる建築が混在。
・紀州徳川家江戸中屋敷として新築された部分
・赤坂仮皇居に増築した部分
・御花御殿(東宮御所)に増築した部分
・旧小林邸として新築した部分
・明治32年日光田母沢御用邸として新築された部分
・明治33年~大正6年の小規模な増築部分
・大正7~9年の大規模な増築、及び大正7~9年の大規模な増築、及び大正10年の小規模な増築
と、7つに色分け出来るその建物の規模は1360坪(4471㎡)、部屋数106室!
建築群の中に、江戸・明治・大正の建築様式を見ることができます。

建築規模は1360坪!

建物群は2003年(平成15年)12月、旧日光田母澤御用邸10棟として国の重要文化財に指定。
建物名は10棟に分かれるそうですが、各建物は廊下でつながり、屋根も一つながり。
館内は順路が表示され、見どころにはスタッフさんが立っておられました。
煌びやかなのとは違う、本物の素材の贅や初めて知った匠の技。
今では出来ないことも多いであろうと感心しきり。
迷宮のような広さ、旧御用邸としての皇室の方と所縁・・・

重要文化財指定書

御玉突所。

御玉突所

御学問所。

御学問所

御食堂。

御食堂

謁見所。

謁見所

庭園。

庭園

日光市指定天然記念物 シダレザクラ(樹齢 約400年)。

日光市指定天然記念物 シダレザクラ(樹齢 約400年)

売店では皇族方のお印商品が並んでおり、マダム方が、私は愛子さまの!私は眞子さまの!
と、ハンカチなどをお求めでした。
(商品) http://www.park-tochigi.com/tamozawa/souvenir

売店には皇族方のお印商品が並ぶ 

食から反応する私は、綺麗なオリジナル落雁を。

◆はつくさ 落雁(和三盆) 1080円(税込)

購入した状態 

箱を開けるとこのように 

干菓子 はつくさ。原材料は和三盆と抹茶のみ 

この記念菓は、今上天皇がおよそ1年間疎開生活を送られた皇后(貞明)御座所・御寝室・御学問所の長押に付けられた釘隠しを基にデザインされた落雁。
折鶴や楓などの型の和三盆12粒入。
原材料は和三盆のみ。半分は抹茶が入ったもの。
崩れやすいもろさの落雁は、和三盆そのものの味。

はつくさ 落雁(和三盆) 1080円(税込)

お休み処「みやび」も隣接していますので、一服されたい方はそちらでも。
http://www.park-tochigi.com/tamozawa/miyabi

こちらは、規模も大きく見ごたえありました。
江戸・明治・大正の各時代の建築の歴史をまとめて見られて、かつ皇室所縁のものも。
2時間3ヵ所の案内をして貰ったドライバーさんに最後に日光東照宮へと送って貰います。



関連ランキング:その他 | 東武日光駅日光駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/680-cc6b4566
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top