line-s
07.05
北九州市八幡西区堀川町1-13、光臨
餃子兄弟の移転後の場所に開業した中国家庭料理店。
餃子兄弟の妹さんが店主です。
カウンター9席。禁煙。
営業時間17:00~23:00。定休、日曜・年末年始。
生餃子テイクアウトあり、10個550円。

外観 (2)

折尾・堀川沿いにあった小さな中国家庭料理店は来日した中国人夫婦の店。借りることの出来た小さなお店の手作り餃子が美味しくて人気となり、やがてミシュランのビブグルマンを獲得する。
そんなサクセスストーリーを持つ、中国人オシドリ夫婦の店、餃子兄弟
堀川沿いの再開発にかかるため、いずれはここを離れねばならない。
トイレもない小さな店の店主は苦悩、出した結論は移転。
半年のブランクも何のその。移転先でも餃子兄弟は、連日忙しくされています。
餃子兄弟で餃子を頬張りながら「堀川沿いのお店、後に中国家庭料理店が入りましたよね」と言うと。
「アー!ソレ、イモウトデス!」
そうなんですか!
友ちゃん餃子も、ご親戚。
北九州市八幡西区には、同親族の餃子が食べられるお店が3軒あるということになります。
光臨の夜の灯りは何度か見ていますが、昼間に寄ってみるとシャッターが。
営業時間と休日の案内の貼り紙。
「日本国産肉を使っています」
「ニンニクは使っていません」
それと合わせて、餃子兄弟の移転先地図。

折尾は私の育った街で、堀川沿いにも思い入れがあります。
今晩は一人で夕飯と言う日に、改めてチャンス!と光臨へ向かったのであります。

折尾駅周辺の再開発。
反対運動もいつしか声を聞かなくなり、工事中の折尾駅も今は東・北・西と3つの口があります。
堀川沿いの風情がある並びとつながる東口。
高校生が、この東口を利用し堀川沿いを登下校する姿はもう何十年と続く光景。
学生向けの店も常にありますし、賑やかし昔の面影で古い飲み屋が並ぶのですが、最近は廃業・移転も増えてますね。
再開発の立ち退きまでの、短期間でも店を始める方も居られたり。こちらの店もそうですね。

平日19:00。夜と言うには少し早い時間。
車で折尾駅に来たので、駅前のコインパーキングに駐車。

トイレは折尾駅前の市民トイレ利用になります、ここにはコインパーキングもあり

一人なので自由に街を歩き、気づいた新店をチェックしたりしつつ、目的の店へ。

堀川向かいから

店内にお客は居らず、女性店主一人。
内装は壁クロスや天井、カウンターなどが綺麗になっており、配置等は餃子兄弟の時と同じ。
店内で手作り餃子をされているのも同じ。
何もなかったであろう新品のクロス壁に、客が前と同じくもう名刺を貼り始めていました。

店内

店内 (2)

席はカウンターだけ。メニューを拝見。
あら。
餃子兄弟とは違う家庭料理があるではないですか。
大好きなピータンもありますね。
家族は苦手なので一人の今、食べちゃいましょう。

メニュー

飲物メニュー

卓上

◆ピータン 350円(税込)

ピータン 上から

丁寧に盛ってくれました。胡麻油の入った酢醤油系タレでいただきます。
この価格だと嬉しい。

ピータン 350円

◆水餃子(8ケ) 500円(税込)

水餃子 上から

うん!美味しい。
皮は厚めでモチモチ。具の中身とサイズ、盛り付けも餃子兄弟と近いです。
「タレは焼きと同じものを使うんですか?」と聞くと。
「ソノママデモタベテミテ、アジツイテマス」とのこと。
確かに。そのものの味が好きな人はそのままでも良いかもしれない。
私はタレ使います。ラー油漬けの唐辛子を入れて。

水餃子(8ケ) 500円

◆焼餃子(8ケ) 500円(税込)

焼餃子(8ケ) 500円

これまた美人餃子ですね。
見事なキツネ色。丸々として小籠包並の肉汁。
気を付けないと噛んだ瞬間に周囲に飛びます。

綺麗なキツネ色

小龍包並の肉汁!

どれくらいジューシーかは、店の雰囲気と合わせてこちらをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=RKVyTljylxE&feature=youtu.be
皮は厚め。蒸し焼き時間が十分なことでこの美味しさが出るのでしょうね。
美味しかったので、家族にお土産。
二人前の持ち帰りを頼んだら、焼いてくれました。
これまた綺麗な色で。
焼き上がりは透明パックに輪ゴム。
袋に入れて箸と酢醤油をつけてくれます。ラー油はついて無かったです。
油っぽくない焼き上がりは、小麦の香りが一番強く、焼き菓子のような良い香り。
冷えても全く油っこくなく、冷めた鹹点心として美味しくいただきました。

◆烏龍茶 150円(税込)

烏龍茶 150円

ノンアルビールはないそうで、物凄く珍しくソフトドリンクを。
今日は休肝。瓶だとちょっとだけ嬉しいですね。

ラジオ番組のFM FUKUOKAが流れているのは餃子兄弟と同じ。
たどたどしい発音の女性店主、中国の方だとすぐに分かります。
餃子兄弟ご夫妻のように明るく喋りかけてはこられないですが、返事はきちんとしてくれます。
焼き餃子を手に「また来ますね!」と言うとニッコリされました。

外観

堀川沿いを歩いてコインパーキングへ。
と言っても2~3分です。

堀川運河

駅前の堀川沿いに、堀川運河の史跡案内があります。
「堀川運河」平成19年11月30日、地域活性化に役立つ近代化産業遺産認定。
平成20年に記念看板設置。
県のページにその案内が出ていましたが、今は解体されてしまった懐かしい折尾駅の姿。
このままこのページは残していて欲しいですね。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kitakyu-pw-horikawaninteikanban.html



関連ランキング:中華料理 | 折尾駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/645-17ad6fa9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top