line-s
12.23
福岡市博多区博多駅中央街8-1、俺のフレンチ 博多
JRJP博多ビル2F、2016年4月27日オープン。博多駅から徒歩2分。
2012年に開業された「俺の」を冠する飲食店業態「俺のフレンチ」博多出店。
高級食材の料理をリーズナブルな価格にて提供することで人気。
182席。全席禁煙。俺の初の全席着席。チャージ1人500円。ワンドリンクオーダー制。
営業時間12:00~23:00(22:15L.O.)。不定休 。
当日席あり。予約受付、希望日の60日前から2名より。
電話予約受付時間11:00~18:00。web予約24時間。
予約は2時間制①12:00~②14:15~③16:30~④18:45~⑤21:00~
1日6回生演奏あり。1回20分。①13:00~②15:00~③17:00~④19:00~⑤20:25~⑥21:40~

JR博多駅前の商業施設「KITTE(キッテ)博多」が、2016年4月21日(木)オープン。
追うように「JRJP博多ビル」が、2016年4月27日(水)オープン。
二つのビルは、地上2階と地下1階の連絡通路で繋がっています。

駅前ビルのオープンが続き、賑やかだった今春の博多駅前。
駅直結か、一つビルを挟むかで人の集まり方は大きく違っているようです。
連絡通路で繋がるフロアも、現在はKITTE側の集客は、順調に見えます。
ですが、JRJP博多ビルも飲食店は人気店が多く、B1の駅から三百歩横丁も楽しい仕上がりです。
(JRJP博多ビルHP) http://www.jrhakatacity.com/jrjp_hakata/

こちらのビル2階には、俺のフレンチ博多が入りました。
オープン日のニュースの行列を目にし閉口しながらも、やっぱり一度は博多の「俺の」を体験してみたい。
少し落ち着いたと思われる6月の頭、女性3名で平日ランチ利用をしました。
ネット予約で2時間制です。
12時予約、12時開店。
予約しているので席の心配はないのですが、店舗の前から続く列。
片方が予約客の行列。ここに並んでいます。もう片方は当日席の行列。
予約してるのだから並ばなくても良いようなものですが商売上手です。
時間での限定商品をつくり、早く着席し注文するほうが良さそうという空気を作ってます。
並んでいる最中にその商品紹介の大きなコール。

この日予約が満席だったのは18:45だけ。
席数が多いので行列にはなりますが、余裕はありました。
但し、並ばない客も店に割り込んできて、スタッフさんは大変!

店内はシックなチョコレートカラーとアイボリーのテーブルソファー。
照明はシャンデリア濃い色の天井に映える。挿し色はワインセラーの扉の赤。
流れ作業のように席に着き、早く通るオーダーと限定メニューから数品を。
価格表記は、税別サなし。


俺のフレンチ博多、数量限定シェフのスペシャリテから。

◆冷前菜 ズワイガニの冷製レムラード 980円
アミューズより早い冷前菜。
早く出されるようオープン時間に合わせて作られていました。

アミューズは、ナッツやドライフルーツを混ぜたクリームチーズとグジェール。

◆裏メニュー 俺のハンバーグ 1180円
口頭で聞かされた限定メニュー。
中にフォアグラ。
手慣れたレビュアー様方は、断面写真を勧めてくれます(^^

◆オマールエビ丸ごと1尾!活けオマール海老をのせたタリアテッレ 1980円
かなりのボリュームです。
タリアテッレはシンプルにミートソースが良いかな。
殻付きオマールを食すのに時間がかかり、パスタは冷めてプチプチ切れちゃう。

ドリンクメニューより。

◆俺のシャンパン 999円
ギネス世界記録に挑戦らしいのですが、何のかしら。一杯の量?注文量?
乾杯出来ないほどのサービス量です。

◆俺の桃泡 888円
桃果汁+スパークリングワイン。
いわゆるベリーニなのですが、ジュースなどをスパークリングで割って出すのではなかったです。
作らない。ボトルでしたよ。効率だと思います。それに驚き。一般的なベリーニよりも果実感出てました。
ミモザも同様にスパークリングボトルでの提供です。

デザートメニューから。

◆ココナッツのブランマンジェ 480円
上に絞り出されているのは、マンゴーのエスプーマ。
宮崎マンゴー使用だそうです。

◆春のマカロン2LL 580円
フランボワーズとライチのアンサンブル。

食後酒も注文。

◆貴腐ワイン 800円
デザートとして。

13:00から20分の生演奏。
ボーカルとピアノが一名づづ。
店の表にちゃんとした紹介がありました。
ライブは撮影禁止とのこと。

環境より原価率という形の顧客サービスを売りにしている「俺の」。
地方展開は、都心比で環境面も良いとは思います。
14時から18時は並ばず入店出来るようです。
但し、予約来店の場合は時間帯限定料理が出ます。

「俺の」ビジネスモデルの骨子は二つと言われる坂本社長は、ブックオフの創業者。
一つは、ミシュラン星付き級の料理人が腕をふるい、高級店の3分の1の価格で提供すること。
フード原価率60%超えでも、顧客を1日3回転以上させることで繁盛店の利益を実現すること。
もう一つは、社員成長の構築。
料理人が一人前になるのに10年かかると言われる業界で、個別のプロ養成プログラムにより2年で実現。
俺のフレンチ博多で料理長に就任された川端シェフ。
直近は俺のフレンチ・イタリアン 松竹芸能 角座広場に居られたので、たまたまそちらでもシェフの料理をいただきました。
フランスのミシュラン星付き店で腕を磨かれた料理人さんです。

第1号店は16坪の「俺のイタリアン」新橋本店。
立ち飲み業態への背景は、社会が忘れかけている人との語らいがもたらされ、自然な会話が生まれ親しくなっていくことなどを想定されて。
そんな代表の話も、地方では全席着席。ライブありの高コスパ店に…
変化のタイミングなのかもしれないですね。
高コスパは納得ですが、皿数の量を出される関係で多少なりと作り置き感が出てしまいます。
価格をとるか、ゆっくりとした環境や食器カトラリーなどまで含め評価とするか、フレンチゆえに悩ましいですね。
リーズナブルに楽しむフレンチ居酒屋としては秀逸だと思います。楽しいですしネ(^^



関連ランキング:フレンチ | 博多

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/640-f2dcb861
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top