line-s
05.14
北九州市門司区老松町11-7、日本料理 岡崎
伝統的な手法を用いた会席料理がいただける老舗料亭。
冬は天然とらふぐを使うコースが名物。店主は二代目。
門司港から車で5分。
営業時間11:30~13:30(L.O.)、17:00~19:00(L.O.)。
昼のコース10800~32400円、夜のコース12960~32400円、サービス料10~15%。
一定数が入らないと営業されない。予約がお勧め。
ミシュランガイド2014福岡佐賀特別版にて★1つ星と3ブラッククーベール獲得。

門の表からの外観

仲の良いレビュアーさんにイベントに誘って貰っての訪問。
門司港駅で一緒にタクシーに乗って向かおうと話してましたら、タクシー乗り場に車無し。
ちょっと待ってみたものの気配無し。

門司港駅にタクシーはなく…

観光地の門司港、通りに出るとタクシーが並んでます。
駅からの利用は少ないのかしら。

1~2分も歩けば観光地。そこにはタクシーが並んでました

乗車5分、住宅街にお店はあります。
駐車場が入口の坂になっている場所と敷地内に数台。

坂を登れば門

門に書かれた屋号。

入口

中に入ると趣きある和風住宅。

外観

入口に着物姿の女将がお出迎え。
店主の娘さんです。息子さんも厨房には居るとか。
家族で営まれています。
以前は下関にご兄弟のお店もあったようですが、今はこちらだけのようです。

廊下と庭園

お店で合流のレビュアーさんとも無事会えまして。
と言うか席を確保いただいてました。
参加者全員が女性。
私が最若手という環境でございます。
給仕は女将と仲居さんが一人。
春の会席の始まりです。
先ずは席に、生姜の甘露煮と一杯のお茶とおしぼり。
献立メニューは無かったので聞き取りで。

生姜の甘露煮と一杯のお茶から始まる席

◆春の懐石 14000円

・温かい小鉢…真子の玉子とじ。

温かい小鉢から

中身は真子の玉子とじ

・揚物…タラの芽とすり身の巻き揚げ。塩で。

タラの芽とすり身の巻き揚げ

・碗物…車海老と蓬団子のお吸い物。

海老と蓬団子

・造り…赤貝、鯛、烏賊。ツマの細工が細かい。

お造り

・炊合せ…沢煮椀。端正な包丁さばき。

炊合せ

野菜炊き

・焼物…豆腐田楽の木の芽味噌、烏賊の黄身焼き、大和芋の茶巾に花山椒、薩摩芋のレモン煮。

豆腐の田楽木の芽味噌など

・蒸物…桜蒸し。中身に白身魚や筍。桜の葉の良い香り。

桜蒸し

・酢物…バイ貝のヌタ。

バイ貝のヌタ

・御飯…ガス釜で炊いた新潟コシヒカリ。少量装ってあり、おかわりを勧められる。
・香の物…6種が彩よく。量が嬉しい。

ご飯、香の物

・果物

フルーツ

瓶ビールをいただきながらでした。

瓶ビールをいただきました

日本酒は、白鶴のみとか。
後半、店主が座敷へとご挨拶に。
スリムで眼鏡を掛けられた白髪の紳士でした。
食後は、質問をしたり、建物を見せていただいたり、庭を見せていただいたり。

硝子越しの庭園

庭園側からの建物

庭園

庭には鯉や亀が居て、動きがあり楽しい。

庭園には多くの亀が

亀とは違う場所に鯉

こんにちは!

庭園の亀たち。
亀たちの動きと庭園を動画でどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=uxiP2tMRA88&feature=youtu.be

併設でギャラリー兼カフェあり。

カフェの入口

冬は、天然とらふぐを使うコースが30000円(税サ別)。
その時期が、この料亭の良さを一番感じられると思います。
緑豊かな庭園を眺めながら座敷での昼食会。
贅沢な時間でした。
テーブル席も用意可とのこと。

右側の部屋は本日利用した座敷

玄関上り口



関連ランキング:懐石・会席料理 | 出光美術館駅九州鉄道記念館駅門司港駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/612-0aa7f182
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top