line-s
05.13
東京都港区西麻布2-26-4、レフェルヴェソンス
HOWA西麻布1Fのフランス料理店。
自然への敬意と革新を軸に直感と分析をすり合わせて創られるコース。
地下鉄銀座線表参道駅徒歩15分。40席とテーブル個室あり。カード可。禁煙。
営業時間12:00~16:00(L.O.13:30)、18:00~23:30(L.O.20:30)。
定休、月曜を中心に月8日。
食べログTOP10。ミシュランガイド★★・4レッドクーベール獲得。

外観

東京でランチをする時間が取れたので、人気フレンチの予約をしました。
食べログからの空席確認・ネット予約です。利用の1ヶ月ほど前です。
これだけの人気店が、食べログから空席確認出来るのは驚きでした。
夜中に思い立ったので助かります。
予約は2名からの入力になっていましたが、お店に確認しましたら1名でも利用出来ました。
当日独りお店へと向かいます。
今年の3月利用で時間は12時。お店の前は狭い路地なのですが、そこにタクシーがごった返す感じ。
平日の昼間らしくスーツ姿の数名がビジネスランチに利用されていたり、他店と違いを感じる利用構成を見たりもしました。
とても印象の良いスタッフさん方。
円卓のボックスシートに通して貰いました。
デートに丁度良さそうな席です。
店内には活気があり、でも煩くもなく。
スタッフさんはよく動き、お客は楽しんでる空間の心地よさ。
BGMはマイルドロック。

テーブルセッティング

お店から一献。
金杯に注がれたのは、日本酒とロゼワインのカクテル。

日本酒とロゼワインのカクテル

ランチメニューは3つのコース。
より道 7000円、海と大地が出会う場所へ~ 7000円、おでかけ 10000円。税別、サ10%別。
おでかけの世界をいただくことにしました。

◆おでかけ 10000円(税・サ10%別)

アミューズブッシュ
・サザエ、からすみ、紅芯大根、アーモンド / ポンカン、お酢

アミューズブッシュ

山風~
・蛍烏賊と山菜たち、はまぐりと長葱のジュ、醗酵クリームとマイクロトマト

山風~

定点~
・蕪とパセリ、キントアハム、ブリオッシュ

定点~

陽だまり~
・甘鯛のポアレ、たけのこ、縮緬キャベツ、焦がしラルドオイル

陽だまり~

囲炉裏、静かな夜の~
・赤牛のモモ肉を薪で炙り、シャンピニオンのエキス、トランペット茸、里芋、プチヴェール、黒トリュフ

囲炉裏、静かな夜の~

春を待ちわび~
・とちおとめのシャルロットと紫蘇、ほうじ茶アイスクリーム、梅のジュレ、柚子

春を待ちわび~

・お薄& World peace

お薄&World peace


シャンパンを勧められて先ず、泡を一杯。

1杯目のボトル

1杯目はシャンパーニュ

ペアリングが出来るそうで、その後のワインはお任せで。
バイザグラスでは多いと思っていると、半量づつ料理に合わせて出してくれるとか。有難い。
屋号のL'Effervescenceは、泡は勿論のこと発泡や活気や進化、生み出す力、湧き溢れる人々などの意味も入っているようです。
シャンパンの泡・アミューズのアーモンドの泡・プレートの泡のデザイン。
スタートは店をイメージさせるものから。

シュクレ・クール のパン

用意されるパンはシュクレ・クールに、店の為に焼いて貰ったもの。
大阪の人気店のパンが、こちらのお店でいただけるのは嬉しい。
パンに添えられたものは、豆腐のクリームに香川のオリーブオイルをオンしたもの。
軽くて美味しいので聞くと、家庭でも簡単にできますよとレシピを教えて貰いました。
豆腐をクリーム状にしたもの1/3、サワークリーム2/3の割合。ヘルシーで良いですよね。
それにしても、シュクレ・クールのパンは温かくもっちり。最高です。
おかわりもいただけるし、これだけでもかなり満足。

おかわり!

おかわりもシュクレ・クール のパン!

コースにお水がつくそうです。
国産天然、ガス入りとガスなし。
入りを希望すると、天然微炭酸のものが用意されました。これも嬉しい。

コースにつく水は選べます

天然微炭酸水

山風~は席で蛤のスープが注がれます。このスープが最高。
揚げた蛍烏賊。サワークリームやオリーブオイルが合う。
産卵に集まった蛍烏賊が打ち上げられたイメージが情景的。

目の前で注がれるスープに溺れる蛍烏賊

定点~は定番、名物の丸ごと火入れした蕪。
蕪はジューシーでほろ苦く、季節ごとに同じ蕪でも味わいの違いを楽しんで貰うのだとか。
自然派の甘いワインと合う。
この丸ごと蕪は食感も含め自宅での料理で真似ました。
シェフのような見事な火入れは出来ないものの蕪ソテーorオーブン焼きは家族に喜ばれました。

2杯目。

2杯目のボトル

2杯目の白

陽だまり~の一皿でも感じるのは、素材の活かし方。
シンプルな仕上がりで味が綺麗。
この皿は縮緬キャベツの甘さと揚げ鱗のカリカリ食感と塩梅が印象的。
宮崎の鯛と鹿児島の筍。春は九州から食材が北上していくのも感じます。

鱗が美味しい

3杯目のボトル

3杯目の白

ここで、スタッフさんがナイフをずらりと見せます。
肉料理のナイフ、ラギオールの柄。
好みのものを選べるようにされてました。
水牛のものとかレアものまで並んでましたが、オリーブの木の柄に。
ラギオールのナイフを選べたのは、はじめて。

選べるラギオール

囲炉裏、静かな夜の~は、熊本の赤牛。黒トリュフはフランス産。
色がとても美しい赤肉。柔らかく瑞々しい。5種類の火入れで赤身の旨味を閉じこめると聞く。
スライスされたトリュフさえも美しい。
野菜も入りバランス良い一皿。

熊本の赤牛が綺麗!

4杯目。

4杯目のボトル

4杯目は赤

ダストパンでテーブルクロスを綺麗にした後はデセールへ。
春を待ちわび~は、春が盛られたようなスイーツ。沢山の味。

5杯目。

5杯目のボトル

5杯目はセミスイートワイン

ここで時間が気になりだします。
食事時間を2時間と設定して帰りの飛行機をとってました。
2時間半見ておくべきでした。
お店の方が急いでくださって。
余韻部分が大急ぎ。

最後のセミスイートワインをいただきながら、目の前で抹茶が点てられます。
それとピーナツミルク。
シェフが気に入っておられるのだそうです。

面白い演出の小菓子

時間配慮からか、ラッピングされた小菓子。
シェフの想い出も形になり、チュッパチャップスっぽい見た目やビスコのようなものが入ってます。
どちらも手作りの上質な菓子です。それとプチマカロン。
テーブルチェック時に、お土産でパウンドケーキ。

最後にパウンドケーキ

大満足です。
Une Promenade 10800円、Champagne Verre 2200円、Promnade 4 Deg 6000円。
サービス料10%加算して、計20900円也。

メートルと受付女子に見送られタクシーに。
メートルドテールは福岡出身、必然的に郷里の話になりました。
時間が足りなくなったのですが、建物も建築雑誌のコンフォルトで紹介されていて、後でご見学どうぞと言われていたんですよね~
ちょっと残念でした。また機会を見つけます。

フランス料理というフィルターを通して日本のテロワールを表現することをテーマとされている生江シェフ。
魅力的で洗練された遊び心を堪能しました。



関連ランキング:フレンチ | 表参道駅乃木坂駅広尾駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/611-9cbb7c38
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top