line-s
04.29
北九州市小倉北区魚町4丁目、旦過市場内、大學堂
北九州大学と旦過市場がタッグを組んだプロジェクト。
提供しているのは大學丼という名前の付いた丼めし(白ごはん)。
丼の具は旦過市場内でセルフ調達。
市場を散策しながら、好みの丼に仕上げるのが大學丼の醍醐味。
店舗は学生たちが中心となって2008年から運営。
営業時間10:00~17:00(大學丼は11:00~)。定休、水・日・祝。

外観

市街地の中に迷路のように入組む、旦過市場。
アーケードを設けた全長180メートルの通りを中心に、横道、路地、枝道。
建物は昭和30年代築のものばかり。生活に密着した市場はレトロな雰囲気。
鮮魚店、青果店、惣菜店など、およそ120の店舗が並びます。
大學堂は、旦過市場のほぼ中央。

外観 (2)

北九州市立大学の人類学ゼミをコアに、学生や市民が集まる九州フィールドワーク研究会が発端となり運営。
ご飯と汁物と、食べる場所を提供。おかずは市場で好きなものを選ぶ。
手軽に美味しい旬の地の食材が楽しめるので、小倉の新名所としてガイドブックに取り上げられる機会も増えました。

最近、2回立ち寄りました。
一度はランチ後のお茶をいただくのに。旦過市場での買物を兼ねて。
もう一度は、開店直後に朝の味噌汁をいただきに。
先の日はまだ肌寒い早春の日。
店内の炬燵に上がり込んで、お抹茶を頂戴しました。

この日は、おこたでホコホコと

◆お抹茶 300円(ちいさなお菓子付き)
茶道部の女子大生が点ててくれたものです。
お菓子が2つありました。

お抹茶 300円

後の日は、お店が開いて間もなくの頃に、小倉かまぼこでカナッペを買い、その足で上がり込みました。
炬燵はもうなく、小上がりのテーブルになってました。

小倉かまぼこの、かなっぺ持込みで

◆日替わり汁物 100円
汁物だけでも注文を受けて貰えました。野菜たっぷりお味噌汁です。
昆布と煮干しで出汁をとった本格的な味噌汁。
市場ならではの調達力で、具は合馬の筍・厚揚げ・青梗菜。味噌は学生の手作りです。
良くできてる。100円では赤字でしょう。

日替り汁もの 100円

味噌汁で過ごす大學堂

他のメニューは以下の通り。
・大學丼 200円
 炊きたてほかほか白ごはん。福岡県産、若宮農民組合直産米使用。
 市場で仕入れた食材で仕上げたセルフ丼をこちらでいただきます。
・コーヒー300円
 高知県の「はなればなれ珈琲」をこだわりのブレンドで。
・梅ジュース100円
 自家製梅シロップを炭酸水で割ったもの。

ここの所、オジサマが対応してくださって、さすがの大人の対応に居心地よく過ごしております。
オジサマも大学生。正しくは院生だそうで。
お茶も入れてくれて気を遣ってくれ、良い感じです。
二階の屋根裏も見せて貰いました。二階は屋根裏博物館。
かつての火事の爪痕が残り、表面が炭化した梁や柱を見せながらの改装。

2階を見せて貰います

2階に上がると、過去の市場火災の爪痕

窓からの景色は、戦後すぐに建てられたトタン屋根の市場の裏側。
ギャラリーやシアターとして使用できる公空間です。2011年4月28日竣工。学生たちの頑張りが形になってます。

結構入れ替わりの早い旦過市場の飲食店。
ここは特別なお店ですね。

店内

<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:丼もの(その他) | 旦過駅平和通駅小倉駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/599-2973d51a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top