line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
04.20
北九州市小倉南区合馬、合馬(おうま)茶屋
合馬茶屋は、合馬観光たけのこ園の筍生産者、富岡さんのご自宅を開放した季節限定の茶屋。
営業期間はホームページで案内されます。
【合馬観光たけのこ園】http://ohma.jp/
手入れをされた庭園の木造住宅の座敷が食事処となっています。
メニューはコースが2種のみ。竹コース2700円と梅コース2200円。禁煙。期間中無休。
営業時間10:20頃から。
店の予約表に記名していると順に呼ばれます。
1日限定100食で料理が終了次第、営業時間でも終了となります。
駐車場70台。たけのこ掘りあり(入園時間9:00~16:00[閉門]、入園料 大人300円、小人150円。くわ貸し出し料100円/本)

外観

筍の時期になると、こちらのお店に寄りたくなります。
日本有数の竹林面積1400haを誇る北九州市小倉南区の合馬地区で採れる高級筍を食べに。

合馬地区の粘土質の赤土は筍の生産に適しているらしくアクが少なく風味豊かで柔らかな筍が生産されてます。
出荷時期は概ね1月~4月頃、出荷量は約3200t。
そして白子(地中にあり日光を浴びてないもの)は筍の中でも最高級品。新鮮なものは刺身で食します。
地元の北九州のほか、京都や大阪などにも送られ、高級料亭などで出されてます。
産地のこちらのお店は、料亭のような高級感のある供され方ではないですが、この価格で白子や焼き筍が食べられる筍づくしは、私の春の楽しみ。

雨の日でした。電話を入れて確認するとまだ限定の100食は大丈夫そう。
12時過ぎに到着。かつて砂利敷きだった駐車場はアスファルトで綺麗に整備されてます。

前の通り

隣敷地の店内へ。この後に団体客が入っているらしく終わりの時間制限はありました。1時間もあれば十分。
店内は座敷ですが、前のように座ではなくなっておりテーブル数も増えてました。以前より観光地色が強くなりました。

店内

お値段は少し上がってます。増税の影響でしょうね。
給仕のオバサマ方は元気に話しかけてくれます。
ほうじ茶が入り、料理を待ちます。

ほうじ茶が出されます

◆竹コース(究極の筍づくし) 2500円(税込)
筍のお刺身
筍のお煮しめ
筍のてんぷら
筍の木の芽あえ
筍の白あえ
筍のきんぴら
筍しんじょう
若筍汁
筍茶碗蒸
焼筍
筍御飯

竹コース 2700円

器や供し方は、以前からと同じです。
味も変わりなく、筍づくし。
焼き筍は目の前で食べやすく皮を折ります。給仕の方の手が熱そう。

焼筍

刺身が食べたくて

筍のてんぷら

ご馳走さまでした。
来春にまた来ます(^^

庭園

<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:懐石・会席料理 | 徳力嵐山口

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/592-08c7e488
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。