line-s
02.05
宮崎県宮崎市山崎町浜山、タツヤカワゴエ・ミヤザキ
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート42階のイタリアン。
川越達也氏が出身地宮崎の食文化を担うべくプロデュース、2011年12月にオープン。
ランチ3300円・5000円、ディナー6500円・8800円・12000円。キッズ2800円・5000円。
価格は税サ込。コースのみでアラカルトなし。禁煙。アレルギー対応可。個室あり(有料)。
11:30~14:30(L.O.14:15)、18:00~22:30(L.O.20:30)。無休。駐車場あり。

外観

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート泊。
こちらのお店に予約を入れようと、宿泊が決まったと同時に連絡を入れました。
滞在期間中のランチ・ディナータイムで席が取れたのが、12月30日のディナー20:30のみ。
ディナーは2部制のようです。

15分前にお店に。
1部のお客さんが終わって、準備されているタイミングのようでした。
ウェイティングスペースのソファでしばし待ちます。

ウェイティング

気遣われていたスタッフさんから、お待たせしてすみませんと何度か声がかかります。
席の準備が出来て、窓からの景観が良いであろう席へと。
広いフロアに十分な間隔のあるテーブル席の空間です。

店内

景観は大半が海なので、夜は闇のようになります。
写真では分かりづらいですが、テーブルクロスはサテン生地でサラリと薄くキラキラな感じ。
テーブル中央には、ショットグラスにグリッシーニ。
卓上の良いアクセントになってますね。

セッティング

飲み物はグラスのスパークリングワインを。

ドリームタイム・パス

◆ドリームタイム・パス スパークリング ホワイト 1200円(税サ込)

グラス スパークリング 1200円

オーストラリアワイン。シャルドネ、ピノ・ノワール。
爽やかな香り、ソフトな酸味の辛口。
食事を邪魔しないので、通して同じものをいただいてました。

◆ディナー 13500円コース(税サ込)

年末年始は日によりコースと価格が限定されていました。
この日は日常よりやや高めの価格設定が2コース。13500円と15500円。

・天空の畑

天空の畑

・オードブル

オードブル

・ウナギ蒲焼のフラン トロトロ白菜ソース

ウナギ蒲焼のフラン 白菜トロトロソース

・牛ラグーと長葱のスパゲッティーニ 黒胡椒とミモレット

牛ラグーと長葱のスパゲッティーニ 黒胡椒とミモレット

・甘鯛のウロコ焼きとバジル風味のミネストローネ

甘鯛のうろこ焼きとバジル風味のミネストローネ

・牛ロースのタリアータ ジャガイモのニョッキ添えチーズソース

牛ロースのタリアータ ジャガイモのニョッキ添え チーズソース

・デザート

デザート


スタート時。
パン用に、オリーブオイル・塩・バターが卓上に。
もう一つ湯煎の準備。バーニャカウダソースの為に。

天空の畑にバーニャカウダソース

天空に広がる畑をイメージしたバーニャカウダ。
彩り鮮やかな20種類以上の野菜とハーブ。花畑牧場のモッツァレラチーズ。
東京代官山タツヤ・カワゴエで人気の一品。ランチ・ディナーのすべてのコースに入るそうです。
ずっと温かいバーニャカウダソースは、コースの箸休めとして。美味しいソースでした。
パンは丸く形成された葡萄酵母のパン。表面はバリバリで中ふんわり。おかわり自由で同じパンでした。

パン

オードブルは、変わった形のガラスの器で。
数の子のテリーヌと炙りシロチョウザメのカルパッチョ。
ムール貝の白ワイン蒸し エストラゴンソース。
鴨ひしお風味焼きとフォアグラのキューブ 葱のピューレ。
カニと焼き茄子・アボカドのカクテル トマトの泡。
生ハムメロンとカブのピクルス。
海老とホタテのポジャルスキー風コロッケ。
嬉しい数です。バーニャカウダに続いて素材が沢山使われていて華やか。

フラン、スパゲッティーニ、甘鯛のウロコ焼きと続きます。

フラン横から

縁にもミモレットが散る

牛ロースのタリアータの牛肉が柔らかくジューシーで美味しかった。
大好きなジャガイモのニョッキに、チーズソースも良かったです。

牛ロースもニョッキも美味しい

デザートに苺アイス、フルーツタルト、栗のムースキャラメルコート。
食後は、コーヒー・紅茶から、コーヒーを選択。

コーヒー

お腹一杯です。ご馳走さま。
印象的だったのは、スタッフさんの気遣い方。
水は最初から終わりまで常に大きなグラスにたっぷりサーブ。無料でございます。

お水は始終大きなグラスでたっぷりとサービス

いつまだも卓上のグリッシーニを食べなかったら、グリッシーニの説明と食べられる旨を伝えられて。
単に食べる間が無かっただけなのですが、老若男女の家族連れが多いリゾートですから、そのほうが親切ですね。
家族からは予約した時にミーハー扱いされて、高いんじゃないの~と言われてましたが、食後は良いバランスだったと笑顔。
テーブルの声を厨房にしっかりと伝えるチームワークが感じ取れる席に居まして、その辺も感心しました。
税サ込の価格表示も、清算時にイメージギャップがなくてスマートでした。

カワゴエシェフの名を冠するレストランですが、調理するのはシーガイアに長く勤めているシェフ達が軸。
コラボレーションという形で、宮崎でしか味わうことの出来ないイタリアンの提供になってました。
月一はカワゴエシェフと月替わりメニューのミーティングをされてるとか。
代官山のほうも利用して、違いを楽しんでみたい気もします。

タツヤカワゴエ・ミヤザキ

夜総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:イタリアン | 蓮ケ池駅日向住吉駅宮崎神宮駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/538-e5ec7ff2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top