line-s
11.26
岐阜県養老町養老公園、養老温泉 滝元館 遊季の里(たきもとかんゆきのさと)。
養老の自然に隣接。全11室。内、露天風呂付きの部屋が5室。
都会の喧騒から遠く離れた養老の隠れ家、濃尾平野が一望出来る宿。
京風山里懐石料理と美しい自然、和の情緒と何もしない贅沢。
日本の滝100選のひとつ、養老の滝まで徒歩3分。
最寄駅、養老駅への送迎あり。
チェックイン14:00~
チェックアウト11:00
一泊二食2名利用時25400円~
日帰りプランも充実。

外観

11月26日の本日は、いい風呂の日。
風呂好き文化を持つ日本。
疲れを癒し、乾いた心まで潤いに満たされる湯を求め、今回は岐阜の山奥へ!
養老の滝へ行きたくて温泉宿を探していると、最寄り宿のこちらがヒットしました。
部屋数の少ない静かな宿のようでホームページの印象も良く、予約。
街から宿までの道は心細くなるような車の離合が出来ないような山奥。

外観 (2)

その先は養老の滝とその手前に駐車場と売店・食堂、そしてこの宿と言う場所へ着きました。

旅館玄関

宿へ着くとまずは、眺めのいい展望ロビーにて、抹茶と生和菓子。

生和菓子と抹茶で迎えられます

景観の良い場所で

こんな風に

女性は部屋の浴衣だけでなく、もう一着、好きな柄の浴衣と帯が選べます。

女性は浴衣を選べます

旅館内は、廊下もエレベーターも、全館畳敷き。

部屋名、風花。

客室

開放的なウッドデッキの温泉露天風呂が特徴の特別室です。
間取りは、和室12.5畳+洋室6畳(ツインベッド)+露天風呂。

客室・風花

客室から露天へ

客室・露天

特別室限定サービスは、若返りの水と称される名水百選、養老の水入りシャーププラズマクラスター加湿器。
お香と、 コーヒーマシン。女性にはLAURA ASHLEYのバスアメニティです。
景観を楽しむ間どりで、部屋付き露天へはベッドルームから。
冷蔵庫有、庫内有料。部屋露天は桧風呂ですが、内風呂はシンプルなユニット。

この部屋の露天風呂は自然を眺めながら。
東に面しているので、朝陽が眩しいのでしょう。露天風呂に笠が用意されていました。
笠を利用しての入浴は、傍目からはちょいシュールですね(笑

部屋露天 笠

食事は、夕食・朝食ともに、個室食事処へ。
入口に名前が貼られています。
巻物にされた献立が席に用意してありました。

献立

◆神無月のお献立
一、食前酒 梅酒

梅酒

一、先付 カマスとほうれん草のお浸し 針生姜

先付

一、前菜 鯛の昆布〆 とんぶり和え
       むかご真丈 松葉銀杏 イカの黄身焼き 松茸寿司
       サーモンと蕪の甘酢和え 絹かつぎ芥子酢味噌掛け

先付、前菜

一、向付 鮪 カンパチ 鮃(花穂) 

向付

鮪、カンパチ、鮃(花穂)

一、先吸 土瓶蒸し(松茸 若鶏 海老 もみじ扶 三つ葉 すだち)

吸物

土瓶蒸し

一、鍋物 飛騨牛のしゃぶしゃぶ

飛騨牛のしゃぶしゃぶ

鍋物

しゃぶしゃぶ、ポン酢で

一、強肴 貝柱のステーキ(ラディッシュ ズッキーニ クレソン)

強肴

一、蒸し物 里芋饅頭 もみじ扶 松茸 なめこおろしあんかけ 生姜)

蒸し物

里芋饅頭

一、焼き肴 子持ち鮎の塩焼き すだち 矢生姜

焼き肴

一、御飯 茸御飯
一、止椀 巻湯葉 三つ葉
一、香ノ物 白菜漬け 胡瓜 たくあん

御飯、留椀、香ノ物

茸御飯、赤出汁

一、デザート シャインマスカット 柿 あんみつ ミント

デザート

ほうじ茶

夜景も美しい美濃平野。

食事処からの夜景

食事処の一枚窓からの絶景。見事なものです。
気持ち早めの誕生日と褒美としての宿泊でしたが、女将から瓢箪のプレゼントが置いてありました。
有難うございます。

有難うございます

別注でアルコールを。

◆ボワゼル・ブリュット・レゼルヴ (ハーフボトル) 5800円(税サ別)

ボワゼル ブリュット レゼルヴ(ハーフボトル) 5800円(税・サ別)

フルボトルだと9800円。
辛口シャンパン。メゾン、ボワゼル。
葡萄品種は、ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ。映画監督ヒッチコックが愛したメゾン。

ボトル

◆遊季の里(ゆきのさと) 320ml 1500円(税・サ別)
720mlボトルで3000円。
旅館オリジナルの純米吟醸酒。

日本酒・遊季の里 320ml 1500円(税・サ別)

部屋に戻ると、夜食のおにぎりが用意されていました。
何もせず、ゆっくりと過ぎていく夜。

昼間の観光で得た関ケ原合戦の内容を反芻するかのごとく資料を読み直しては湯に浸り。

お部屋に戻ると…

お夜食

中身

・・・

早朝、展望風呂の利用出来る6:00と同時に展望風呂へ。

女性のパブリック温泉

一番利用で誰も居ない展望風呂。
ここから美濃の夜明けが見られます。

美濃平野の夜明け

織姫の湯・露天からの朝陽

宿のおススメは夜に電気を消して利用することのよう。

パブリックバスですが、旅館からのおススメ

温泉は、天然温泉。
女性の温泉、織姫の湯の源泉名は、養老源泉2号泉。
泉質はナトリウム・カルシウム一塩化物温泉(低張性中性高温泉)、泉温42.0C。
かすかに褐色を帯びた濁り。無臭。塩味あり。Ph値7.39。
養老温泉の泉質別適応症。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、疲労回復、健康増進 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病。
湯上りドリンクには、日本名水百選の養老の滝、源流の冷水。

湯上りに

翌朝の朝食も、夜と同じく食事処で贅沢御飯。

朝食

寄ってみて

朝から湯豆腐などもいただきまして

湯豆腐と冬瓜と鶏の煮物が美味しかった

炊き立てご飯は最高ですネ

炊き立てのご飯が、これまた美味しい。
食べ過ぎちゃうんですよね~

お櫃で供されるご飯

朝食デザートの林檎

食後は養老の滝へとお散歩。

養老の滝へ向かう道

養老の滝、離れた場所から

孝子伝説で有名な養老の滝。落差約30m、幅約4m。

養老の滝へ到着

滝壺

日本の滝百選、名水百選に選ばれてます。
落差32m、幅4mの名瀑。
マイナスイオンを全身に浴びられるパワースポットで免疫力充填。

滝壺から下って綺麗に見える場所から

水の流れが綺麗な場所から

養老公園、ペットはNGです

チェックアウト時間の11:00まで宿に滞在。

部屋露天で朝風呂

養老駅まで送って貰いました。

養老駅

駅前には土産物屋などがあります。
養老の街には、孝子伝説にまつわる瓢箪があちこちに飾られているのが特徴。
駅前には、源丞内(げんじょうない)(※)の像があります。

養老駅前

駅の名前も瓢箪を利用した金文字で飾られたり、ホームの天井から色んなカタチの瓢箪が飾られたりしています。

ホーム天井に

時間改札の駅で電車をのんびりと待つのも久しぶり。

時間改札


ホーム

岐阜市内へ移動します。

大垣へ

(※)養老孝子伝説
奈良時代、この辺りに源丞内という親孝息子がおり、年老いて病気になった父親と二人きりで暮らしていた。
ある日、源丞内が薪を採るために山中へ。
滝の水がなんと酒であり、瓢箪に汲んで持ち帰り、父に飲ませると、病気が治ってすっかり若返った。
評判は奈良の都にも伝わり、717年にこの地へ行幸された元正天皇が「養老の滝」と名付け、元号も「養老」と改めた。

遊季の里

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:旅館 | 養老駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/493-fc8d3ea0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top