line-s
08.10
福岡県福岡市中央区大手門1-1、ジョルジュマルソー
オーテモンウェルリバーテラス1Fの、福岡を代表するフレンチの一店。
営業時間ランチ11:45~15:00(L.O.13:30)、18:00~23:30(L.O.22:00)。
不定休(ホームページで確認)。30席。個室1。カード可。
ランチ、A2550円・B3600円、2名よりC5150円・D7700円・10300円。
ディナー、delicieux5150円、2名よりplasir7700円・surprise10300円・specialite15150~20600円。
サービス料別10%。ドレスコードあり。

店内

福岡市方面へ出掛ける予定がありましたので、予約して2名利用です。
店の前にはタクシーで着いたのですが、お店のスタッフさんがタクシーまで出迎え。
店内の奥、落ち着いた席がリザーブされていました。横はワインセラー。見てるとワクワク。

ワインセラー

テーブルウェアも面白いですね。ウェルカムプレートは裏表で使えるもの。ひっくり返して、ディナーのスタートです。

テーブルセッティング

ウェルカムプレートを裏にセット

◆menuC 10300円(2名より、税込、サ10%別)
・最初のお楽しみ
・2つ目のお楽しみ
・前菜
・お魚料理
・お肉料理
・デザート

グラスシャンパンを一杯。

グラスシャンパン

Champagne Baron de Rothschild Blanc de Blancs Brut NV。1700円(税込、サ10%別)。
シャンパンはバロン・ド・ロスチャイルド・ブリュットを置かれているお店、多いですね。
そう言えば、同じく福岡のフレンチ、レザンドールも同じ銘柄でした。

シャンパンのボトルはこちら

最初のお楽しみは、熊本玉蜀黍の冷たいポタージュ。

最初のお楽しみ

夏の冷製スープは大好きです。美味しい。

1つ目のパン

パンは温かいもの。1つ目は割るとフワフワの柔らかい食事パン。
バターとオリーブオイルが準備されてます。

バターとオリーブオイル

自立している木製のバターナイフのデザインが好み。

木製のバターナイフがとても気に入りました

2つ目のお楽しみは佐賀唐津の栄螺。
エスカルゴバターを使い茸とソテー。
下に敷かれた氷に見える山のような岩塩での演出。

二つ目のお楽しみ

前菜の冷たいオードブル。器だけでなくスプーンも冷やしてあります。
カナダのオマール海老、佐賀唐津の車海老、雲丹、鱧、アスパラ、トマト。
ジュレはゼラチンではなく寒天でヘルシー。でも美味しい。

前菜

2つ目のパンはセミハード。表面の食感が良く、中はふわふわ。

2つ目のパン

グラスの白を一杯。

グラス白

Touraine Sauvignon Nuits Blanche Domaine la Piffaudiere。1900円(税込、サ10%別)。
優雅でパワフルなソーヴィニヨン。

白のボトルはこちら

魚料理は、佐賀唐津のオコゼ。プリプリの食感。
唐津の浅蜊でとった、あっさりソース。旨みがあります。

お魚料理

唐津のオコゼ

口直しに大葉のグラニテ。ザクザクした食感。

口直し

グラスの赤を一杯。

グラス赤

Goulee by Cos d'Estournel。1900円(税込、サ10%別)。
サン・テステフの首位、シャトー・コス・デストゥルネルが醸したAOCメドックを室内温度で。

赤のボトルはこちら

肉料理は佐賀和牛のフィレ。陶器のクロッシュで運ばれてきました。

クロッシュ

備長炭でじっくりと焼かれたフィレ、シャトーブリアンの断面の色が見事。マデラ酒のソースで。
野菜の種類が多くて良いですね。チーズに覆われた添え物はポテトグラタン。

お肉料理

佐賀和牛フィレ

備長炭でじっくり焼かれたフィレ

大人の楽しみ、フロマージュ。

フロマージュ

少しだけいただきました。チーズ2種、1200円(税込、サ10%別)。
お店は配慮されて一人分を二皿に分けて。
二種ともに山羊チーズです。
手前がフレッシュ。奥が熟成。ドライフルーツと。

少しだけ

デザートには、熊本肥後メロン。ブラマンジェやアイスとともに。

デザート

熊本メロン、アイスにブラマンジェ

食後のドリンクは、コーヒー・紅茶・エスプレッソから。コーヒーにしました。

コーヒー

自家製焼き菓子が出されて、コース終了。

自家製焼き菓子

満足の内容でした。

店内 

お店のコンセプトは「九州の生産者とともに食を発信、福岡でしか出会えないフランス料理」。
シェフは産地を自ら訪ね、生産者の顔が見える料理を心がけているそうで、それを感じられる料理でした。
店名は料理人生の礎ともなった東京のレストラン名を譲り受けたとか。
お店を出て、角を曲がり見えなくなるまで、支配人でGMグループ シェフソムリエの西さんが送ってくれました。

支配人の見送り

ジョルジュ マルソー

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:フレンチ |

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/428-672be679
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
stamp
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top