line-s
07.25
東京都中央区築地5、大定(だいさだ)市場内支店
創業一世紀に近い築地の玉子焼専門店。
手焼きの高級玉子焼きを提供。販売のみ。
営業時間4:00~12:30(土曜4:00~13:00)。定休、日曜・祝日・休市日。

外観

2016年(平成28年)11月7日、豊洲新市場が開場予定・・・
同時期に築地市場は解体され、中央卸売市場の機能は新市場へ。
昨年末そんなニュースを耳にして。

東京での早朝。
今日は福岡に帰るだけなので、築地市場に寄って帰ろうと思い立ち向かいました。
時間も取れるので、寿司大に並んでみようかしら。
平日の朝ですが、お店の前には行列。想定の範囲。
思ったより少ないかも。と最後尾に立ちましたら、前に並ぶ観光中の中国人から英語で窘められました。

寿司大前の行列はここ一団の皆様かと思いましたら

ここが最後尾ではない?
振り返ると横のお店の出入口をかわし、ずっと後ろの広い場所へと行列は続いてます。
今度こそ最後尾。

真ん中あたりの団体様は、寿司大を待つ行列の一団でございます

長い行列です。日光も当たるこの場所はなかなか辛いと思っていたら・・・
お店のオバサマが手慣れた感じで雨傘を日傘がわりに配布。
「お姉さん、時間大丈夫なの。5時間は並ぶよ」
5時間かぁ。予定が入ってないとはいえ流石に辛い。熱中症になりそう。
諦めて市場内を散策。

外観 (2)

観光客で混み合う店を避けつつ歩き、大定の幟が目に入りました。
玉子焼専門店という言葉の響きはとっても魅力的です。
観光客向けに味見と食べ歩きを兼ねて串ものの玉子焼きが用意してあります。
この時間、冷蔵庫から冷えた串の玉子焼を提供。
種類はどれに当たるのか伺うと、つきじ野。

◆つきじ野(串) 120円

つきじ野 120円

販売価格。1本680円(正味560gサイズ19×10×3.5cm)、ハーフで380円、店頭の串が120円。
寿司屋御用達の玉子焼きだそうで、甘め。通好みの定番商品とか。
冷蔵保存で約5日間の日持ちだそう。

店頭

一本づつ丁寧に手焼きで仕上げされる看板商品の「つきじ野」の他は、魚河岸の新鮮な素材を入れて焼き上げた商品やプリンもあり。朝4時の、お店の開店と同時に製造現場では仕込みに取り掛かり、焼き場が始動するのは5時ごろからは、22台もの鍋を前に、4人の職人が一列に並び、黙々と焼くのだそうです。
玉子焼の命とも言える卵は、千葉県産の厳選した赤玉たまご「地養卵」を100%使用。
漢方処方の特殊飼料のみで育った鶏が産んだ、こだわりの赤玉たまごとか。
甘みが強く、コクがあり、生臭くないなどの特色の他、通常の卵よりコレステロールが約10%も少ない新鮮安全な優良な卵だそうです。

江戸の玉宴。
焼きたての「ほか玉」を食べてみたかったですが、冷たくても十分美味しい。
この一串は、朝の玉子料理としても十分な量でした。

やはり、築地で寿司を食べて帰りたい。
空いてるお店を探します。



関連ランキング:和食(その他) | 築地市場駅築地駅東銀座駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/416-0da070ad
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top