line-s
07.12
三重県松阪市魚町、牛銀本店
1902年9月(明治35年)牛肉屋として開業し、食肉も始めた経緯を持つ。
情緒が残る魚町の松阪肉の専門店。松阪牛料理と肉の販売。
時代と趣が感じられる建物は、大正末期の建築。
料理店の利用は2名から。
席の形態は、2~6名様の円テーブルでの配置。店内禁煙。駐車場あり。
松阪駅からタクシーで5分、徒歩10分。
営業時間11:00~19:00(閉店20:00)。定休、月曜。祝日の場合は木曜休。臨時休あり。

トップ画像

会食利用です。何せ一人で利用が出来ないお店でございます。
松阪まで来ていたら、やはり松阪牛を食べて帰りたい。歴史あるこちらへ。
大正時代から現在まで大事にされてきた建物。
少し補修は入ってあるようですが、建物が刻んだ時が見て取れます。

外観

仲居さんに連れられて2階へ。1階は調理場などで、席は全て2階だそうです。
木の階段は木部の角が擦り減り丸くなり、床板は歩くとキシキシと音をたてます。

建物内

建物内 (2)

大広間もあるようですが、個室が予約出来ていました。
どちらにしても丸いテーブルで最大6名が座れるくらい。
仲居さんがついて部屋での調理も全てしてくれるそうです。
部屋は床の間のある畳間、雪見障子。丸い卓にぐるりと座布団。

個室の床の間

メニュー拝見。
冊子になっているメニューには、松阪肉料理の、すきやき、汐ちり(白醤油、昆布だし、胡椒のさっぱり系すきやき)、水だき(しゃぶしゃぶのように湯にくぐらせポン酢で)、ヒレ肉あみやきなど。
一品と、お酒は冷酒、焼酎、ウイスキー水割り、ビール、ワインは別にリスト。ソフトドリンク。
お得なコースがあるとのことで、それをいただくことにしました。
それから瓶ビールと冷酒も。

◆松阪肉すき焼コース魚町(うおまち) 10000円(税サ込) 注文は二名から
(2015年9月1日(火)から、このコースは一人様11000円(税サ込)になるそうです)

【お品書】

松阪肉すき焼き

松坂牛すき焼

牛肉しぐれ煮

牛肉しぐれ煮

牛肉そぼろ煮

牛肉そぼろ煮

御飯
赤出し

ご飯、赤出汁

香の物

香の物

水菓子

水菓子

◆ビール(中ビンアサヒ・キリン) 648円(税込・サ10%別)

ビール(中ビン) 648円

◆冷酒(八兵衛純米吟醸生酒・辛口300ml) 1296円(税込・サ10%別)

冷酒(八兵衛・300ml) 1296円

肉の部位は、その日により異なるとのこと。本日、肩ロース。ラッキー♫
生卵の配膳。
ビールを飲みつつ、待ちます。
割箸には牛銀の焼印。
仲居さんが甲斐甲斐しく動かれています。
松阪牛登場。

松坂肉

嗚呼、綺麗!この写真を撮らずして何を撮ると言うのでしょう。
仲居さんも「皆さん撮られますよ~」と笑っておられました。

炭火焼きだと、テーブルにセットされた中央の窪みで焼くらしいのですが、すき焼なのでコンロが用意されます。
牛脂を鍋になじませ、松阪牛が鍋に。
味付けは白砂糖と醤油というシンプルさ。割下ではありません。

白砂糖と醤油だけで作ります

溶き卵で先ず、お肉。柔らかくて美味しい。文句なし!
次は鍋に、野菜類。新玉、エノキ、人参、三つ葉など。味付けは同じ。

肉を食べ野菜に

二回に分け、肉をもう一度。

もう一度、肉

最後に、葱、豆腐。

最後に豆腐や葱

人気の日本酒、酒屋八兵衛。地元消費100%を目指した三重の地酒。
数年前までは殆ど県外への出荷はしていなかったとか。

〆の食事は白ご飯と赤出汁。
すき焼に使った溶き玉子は、ご飯にかけて食べるのを勧められましたが、ほぼ残らず。
卵はまた貰いました。TKGでいただきます!ご飯は櫃です。おかわり可。

ご飯は御櫃で

三重県産の、こしひかりも美味しい!

卵を貰いました、赤出汁蓋をとって

柚子シャーベットをいただいて、綺麗に完食。
丁度シーズンオフとかで、混まず、ゆっくりした店内でした。仲居さんも穏やか。
ご馳走様でした。美味しかった!

緑茶

明治から愛されてきた老舗、落ち着いた時間が流れていました。
表に出ると、玄関に掲げる朽ちかけた看板に目が行きました。
厚い鉛板に刻んだ「青柳楼」の文字。
人には柳のように頭を低くしてという店の信条を表しているのだとか。

玄関

牛銀は、創始者が小林銀蔵さん。
故郷三重から上京し、大手肉料理屋で学んで帰郷し、牛肉屋を開業。牛肉屋の銀蔵さんが始まりです。
当時最新式の肉牛処理技術、東京仕込みの鮮やかな平切りが町の大評判となり大繁盛。肉食も始め、これまた大評判。
銀蔵さんが東京で学んだのは、精肉や料理の方法だけでなく、牛を見分ける大切さや良い肉をつくる肥育方法も。
肉食文化の先進地東京で通用する牛をと、近隣農家に呼びかけ肥育法を伝授。良い牛を高値で買い取ったそうです。
牛銀は繁盛し、今の松坂牛(当時伊勢牛)の基礎を築いたとか。

隣接する洋食屋牛銀では松阪肉を使った洋食が味わえます。こちらは一人での利用が可。
松阪牛のステーキなんて良いですねぇ。

隣の入口は洋食屋牛銀

話は変わりますが、松阪駅前に二体の松阪牛像があります。

駅前の松坂牛像

これがとても可愛いサイズの像で、普通に歩いてると見落とします。
折角だから大きな像にされたら良いのにと、謙虚なサイズに余計なことを考えたりします(^^;

実はミニ像です

牛銀本店

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:牛料理 | 松阪駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/408-a90c0fba
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top