line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
05.17
北九州市門司区港町9、門司港ホテル
門司港レトロ地区の観光の拠点として1998年に開業されたデザイナーズホテル。
イタリアの建築家アルド・ロッシの遺作。設計のテーマは門と鮫。9階134室。
レストランはメインダイニングのポルトーネ(フレンチ)とダイニングバーのテンポ。
JR 門司港駅から徒歩1分。ウエディング可。
チェックイン15:00、チェックアウト11:00。
宿泊8640円~

門司港駅方面から、正面門司港ホテル

北九州屈指の観光地、門司港レトロ地区。
JR門司港駅からのアクセスも良く、観光スポットが狭いエリアに点在する「歩ける」観光地です。
門司港駅舎が駅舎として初の国の重要文化財に指定されたのが1988年(昭和63年)。
ネオ・ルネッサンス調の木造建築。ドイツ人技師ヘルマン・ルムシュッテルの監修。
http://www.adnet.jp/nikkei/kindai/08/
築100年となる前から、現在保存修理工事です。東京駅のように100年を祝われることもなく今も継続して工事中。
工事期間、平成24年9月~平成30年3月(予定)。

レトロ地区の観光拠点、門司港ホテル。高いデザイン性で一際目立ちます。
関門海峡サイドの客室からの景観は関門海峡。本州と九州を繋ぐ関門橋も望めます。

門司港ホテル海側から

門司港ホテル

客室の設備は簡素で、ルームサービス・バーなどはありませんが、差し引いても良い景観と価格です。
全てのベッドルームには、部屋内にアンティークなイメージの鎧戸。

客室

客室からの景色、関門海峡

スイートのリビングの天井高は高く、丸い窓からの景観は他にはない港情緒を楽しめます。

スイートの空間

朝食は、メインダイニングポルトーネで。営業時間7:00~10:30(ラストイン10:00)。
ふぐの一夜干し、ふぐのから揚げ、明太子、とり天、いかの一夜干し、さつま揚げなど。
和洋食、ホテルブレッドなど60種をビュッフェスタイルで。

朝のポルトーネ。この奥が客席とビュッフェ

朝カレーです

朝うどんも

朝うどんのトッピングに

和洋全60品

スパークリングワインもあり、観光拠点としてのゆるやかな朝が始まります。
ご来店頂きました皆様が素敵な一日を迎えられますように。とメッセージ。

朝からスパークリングワイン

バルディビエソ ブリュットロゼ

日常と非日常の境。
海峡を渡る潮風を浴びる客船のような門司港の門です。
門司港の「まとめ」上げてます(^^
今は補修工事中で見られない門司港駅舎も写真に上げます。

2009年5月撮影

改修工事に入る前の門司港駅

門司港ホテル

夜総合点★★★☆☆ 3.9

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:その他 | 九州鉄道記念館駅出光美術館駅門司港駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/367-98652380
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。