line-s
04.29
大阪府豊中市長興寺北1、のんびり
自家焙煎珈琲が、飲めて体験出来る珈琲店。生豆、焙煎豆の販売も。
珈琲は鮮度であることを説いており、煎りたて挽きたて淹れたて。
古民家改装の店舗も趣あり。敷地内禁煙。
営業時間 、コーヒー教室9:00~(約2時間)。喫茶・豆販売12:00頃~18:00頃。      
定休日、金曜・第3土曜日。

外観 (2)

車で案内していただくと、日頃立ち寄っている大阪と違う表情を見られて嬉しいものです。
日本でのローソン1号店前を通り、目的のお店へ。

住宅街の中、広い敷地に古民家。
駐車場は、家屋の奥に数台分ありますが、通り抜けが結構な難所です。

案内 (3)

お店の入口には、営業中の札と「のんびり」暖簾。

外観

店内はベンチのテーブル席。

店内 (2)

店内

丁度他にお客さんはなく、好きなテーブルに座り、メニューを拝見。

メニュー (4)

メニュー (3)

メニュー (2)

メニュー

珈琲に拘りのあるお店と伺っていたお店。煎りの深さを比べる飲み比べをと思いましたら…
4名だと押しのメニューに。

お勧めメニュー!
~ご自分で生豆から焙煎してみませんか~
<セルフ焙煎コース>1200円(何名様でも!コーヒー約4杯分です)

全く意識していなかったのですが、自家焙煎が簡単に出来ることをこちらのお店で知ることになりました。
ガスコンロとセラミックの家庭用焙煎機。

この生豆で4杯分

セルフ焙煎コースのスタートです

生豆の香りは初めて嗅ぎました。青臭い豆の香り。
焙煎機の上の口から生豆を入れ、火の上で煎ります。
立ち上る煙が良い香り。焙煎機を横にカシャカシャと振り様子を見ると色づいていく生豆。
煎る時間で、浅煎りから深煎りまで、自分で好みに仕上げられるのは魅力です。

焙煎サンプル

煎り上がると、この特許焙煎機は握り手のところに出口があり、そこから豆を出します。

生豆は焙煎すると膨らんで量が増えます

アツアツの焙煎豆。
生豆と比べると量が増え、豆からの油でツヤツヤです。香りが素晴らしい。
冷まして次はミルで手挽きします。ガリガリと何とも言えない手に伝わる感触。

挽きます

挽けました

最初は蒸らしながら、ゆっくりと淹れます

数分前に生豆だったものが5分ほどで煎れて、数分後には珈琲粉になり、日頃は称賛しているハンドドリップ。
えっ、こんなに簡単に出来ちゃうの?
素人焙煎でも簡単に出来てしまうと知った瞬間。
マスターの話を聞きながら、自分の中で別の価値観のスイッチが入った瞬間でもありました。

家庭焙煎を教えてくれる本

ご飯は炊きたて、パンは焼きたて、珈琲は煎りたてが美味しく、自分でも簡単に出来る。
酸化しやすい珈琲豆は、煎った瞬間から酸化がすすむ。
だから煎った時間から飲む時間までが短い方が良い。

いただきましょう!

当り前のことを当たり前に教えて貰って、開眼。
香り高い、鮮度の高い珈琲を飲みながら、心は自家焙煎を始める準備をしてました。
短時間で知識と技術を惜しみなく教えているマスター。
同業者から煙たがられるだろうにと思いつつ、使命を持つかのように営業されている姿に感銘。
初めて煎った珈琲豆をそのまま齧ってみました。
硬くも苦くもなく美味しいんです、これが。驚きました。

セルフ焙煎の珈琲

珈琲に黒砂糖。

珈琲に黒砂糖

淹れた珈琲は、全く酸化していないと思うからかとてもクリアに感じます。
自家製のチーズケーキを勧められていただきました。
これも焼いて時間が経ってないと縁のサクッとした食感で判ります。美味しい!

チーズケーキ

そしてアッフォガードもいただきました。

アッフォガード

affogatoと言えば、イタリア語で溺れた(アイスクリーム)の意で、エスプレッソがかかったアイスがポピュラーですよね。
ここでは挽いた珈琲がかかってます。
見たことない、これは!
嗚呼、吃驚する美味しさ。珈琲が美味しくないと成り立ちません。
驚いてばかりで興奮し、屋号の「のんびり」とはかけ離れた時間を過ごしました。

手焙煎のススメ!

卓上

生豆を販売されてます

知ったからには、もう戻れない。
自家焙煎はコストも安い。
こちらを訪れて自家焙煎にハマってしまい、現在は煎りたてが良いなら、豆は剥きたてを煎りたくなり、殻のついた生豆、パーチメントコーヒーを探し求めてしまうようになりました(^^;
連れてきていただいて感謝です。
数少ない価値観の変わったお店の1軒となりました。

敷地内

敷地内から外を見て

案内 (2)

のんびり

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:コーヒー専門店 | 曽根駅岡町駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/357-36df61e0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top