line-s
09.21
東京都千代田区内幸町1、オールドインペリアルバー。
帝国ホテル 東京 本館中2Fのメインバーです。
クラシカルな雰囲気と豊富に揃うお酒が楽しめます。
フランク・ロイド・ライトが設計し、東洋の宝石と称された旧帝国ホテル。
ライト館と呼ばれた旧帝国ホテルの面影が残る都内唯一の空間がここに。
東京メトロ、日比谷駅A13出口徒歩3分。
営業時間11:30~24:00(L.O.)。72席。全席喫煙。20歳未満利用不可。無休。

外観

世界の建築芸術史上に傑作として名を残した、フランク・ロイド・ライトの設計による帝国ホテル旧本館。
国際的な視野で再発見された日本文化と、大胆なまでの創造性。
こちらのバーには、その旧本館の一部が息づいています。
大谷石造りの入口や、壁のテラコッタは当時のもの。

店内

この日は飲食をたらふくしていて、もう何も入らない…
という状態でしたが、一杯だけでもとお店を目指しました。
運よくカウンター席が空いてました。
ピンスポットの灯りが落ちるカウンター。
今だけの一杯をいただきました。

店内  

◆Canser 1950円 (サ10%別)

Canser 1950円

バーテンダーオリジナルの星座カクテルがありました。
この時は蟹座(キャンサー)。
蟹座の中に、ダイヤモンドの惑星が存在するといわれていて、そのダイヤモンドの放つ白い煌めきのイメージだそう。
ホワイトラム、アニゼット、グレープフルーツジュース、ライムジャース。
すっきりと甘いカクテルでした。

お通しは柿ピーで変わらず。伝統ですね。
バーも歴史ある帝国が昔から通しに出しているのは、乾きものの、柿の種。
剥きピーナッツが入り、柿ピーとなったのは戦後。
GHQ(General Headquarters)がインペリアルバーに出入りするようになり、柿の種を出しても彼らは食べない。
彼ら好みのピーナッツを混ぜてはどうか?それで生まれたのが「柿ピー」という説らしいです。
柿の種は米処新潟のものとか。ピーナッツは別々に調達され店でブレンドされています。

またマッチ貰ってしまいました

雰囲気が好きなもので、バーテンさんと話しているとまた、ここにしかないマッチを貰いました。
煙草を吸わなくても嬉しいんですよね。
これでいて、実はマッチコレクターなもので。
今日も、大人だけの贅沢な時間が流れていました。

店内 

<食べログ過去掲載はこちら>


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/219-b0ae6f0b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top