line-s
09.05
福岡県飯塚市口原、ステーキバンバン牛舎。
創業38年。飯塚市内でも1、2番の老舗ステーキハウス。
ステーキと牛肉100%のハンバーグを中心に、サラダや軽食、お子様メニューもあります。
ソムリエの資格をもつ支配人おススメの手頃なワインも豊富。
九州八幡IC北九州都市高速道路金剛ICより国道200号線バイパスを飯塚に向かって約14km。
JR筑豊本線(若松-桂川)鯰田駅 徒歩23分。
営業時間11:00~21:30(L.O.)、ランチ(平日)11:00~15:00。定休なし。駐車場普通車20台。大型も可。

外観

筑豊方面に車で出かけていて、遅いお昼ご飯で利用。
10年以上前に何度か訪問してましたが、利用は久しぶりです。
広い駐車場や店舗外観ともに、以前と変わりません。

看板

隣接店は同系列の蓬屋。駐車場を共有されてます

入口に待ち合いスペースがあり、そこに空いたワインボトルの持ち帰りサービスをしていました。

入口の待合スペースに、空瓶提供サービス

平日午後4時。
半端な時間で店内は数組の方だけで、席は好きなところに。

店内

店内 

分煙でエリア分けされていました。
店内はテーブル席のみ。シャンデリアが素敵です。

瓶型灯具のシャンデリアが好きです

オープン空間ですが、白い塗り壁と石造りのパーテーションがポイント配置されていて、お隣との距離感を保てます。
店内には、厨房からパンパンという手ごねハンバーグを形成する音が響きます。
BGMはクラシック。

窓際の席

席

メニューは高級ファミレス的ですが、オリジナル。
牛肉100%のハンバーグとステーキを中心とした品揃え。
ナポリタン、ミートドリアなども美味しそうです。
平日ランチはステーキランチ850円、ハンバーグランチ880円などお得なメニューがありますが…
午後4時。ランチは終了してます。

牛舎風ステーキ150gが単品で1580円、セットメニューで2060円~2360円。
ステーキだとこれくらいのお店の価格設定ですネ。
ヒレ派なので、ヒレステーキメニューを見てました。
オーストラリア産の脂の少ない柔らかいヒレステーキ150gが単品で2180円。セットメニューで2660円~2960円。
これにしようかな…と思っていたところ、和牛ステーキが目に入り誘惑されて奮発。

◆和牛ステーキ(鹿児島産黒毛和牛)

和牛ヒレステーキ(150g)単品 4500円、Bセット付 5280円

単品100g 3800円、150g 4500円、200g 5900円。グラムアップ50g毎+1400円です。
Aセット480円(ポタージュスープ、ライスorパン)。
Bセット780円(ポタージュスープ、ライスorパン、サラダ、コーヒーorオレンジジュース)。

・和牛ステーキセット150g Bセット付 5280円
この組み合わせにしました。 価格は内税表記。メニュー写真の、グリルされたお肉が美味しそう!

料理は、スープ、サラダ、パンの順に食べる速度に合わせて出されました。

オーダー後のセッティング

スープはコーンポタージュにクルトンとドライパセリがちょこんとのってます。

ポタージュスープ

ミニサラダは和風ゴマドレッシングにしました。

サラダ

パンは柔らかく温かい。バターがお皿に一つ。

パン

牛舎名物「とうきび畑のパン包みスープ」と言うメニューがあるのですが、生地をパン店から直接仕入れ、注文後にパンを焼くというこだわりで、このメニューも人気らしいです。

ジュージューと湯気を上げ席に届くステーキ。
昔よく見たレモンの上のバターはなく、レモンのみ。ステーキソースはジャポネソースとポン酢。
ステーキに直接かけず、切ったお肉をソースにつけて食べるスタイルです。

和牛ヒレステーキ 150g

じっくり時間をかけてグリルされた和牛は、とても柔らかく脂を感じず、肉の旨みがダイレクト。
付け合せは、ポテト・ほうれん草・コーン。
食後の飲み物はコーヒーにしました。氷がコーヒーの拘り。

アイスコーヒー

ステーキハウスらしく、肉の焼き方を席の下紙に書いてありました。
焼き加減は、こちらのお店では7段階で受付されるようです。

①ベリーレア=肉の焼きが全体の10%位入っている状態です。ごく表面だけ焼いています。
②レア=肉の焼きが全体の20%位入っている状態です。
③ミディアムレア=肉の焼きが全体の30%位入っている状態です。牛舎おすすめの焼き方です。
④ミディアム=肉の焼き方が全体の40~50%位入っている状態です。
⑤ミディアムウェルダン=肉の焼きが全体の60~70%位入っている状態です。
⑥ウェルダン=肉の焼きが全体の80%位入っている状態です。肉汁は少し残っており肉の色もピンク色程度です。
⑦ベリーウェルダン=肉の焼きが全体の90~95%位入っている状態です。肉汁が出てしまい形も小さくなります。

鉄板が熱く焼けていますので、余熱で肉に火が入ることを考え、肉の焼きを上記の状態より若干浅めの状態で提供ししているそう。ロースステーキなどの肉の厚みが薄いステーキで焼き方がレア、ミディアムの時に玉葱を余熱を防ぐのに敷いているらしいです。なぜ玉葱がある人とない人が?という質問もあるようで説明書きがありました。
この7段階、ちゃんと焼き分けられてこそステーキハウスのプロシェフですね。

ステーキ断面

私のオーダー。ミディアムレアです。
食べている後半の写真ですが、ミディアムかな(^^

フロアの担当は若い男の子達でしたが、水色の半袖カッターシャツに黒の蝶ネクタイ、腰から足元まである黒いエプロンの出で立ち。爽やかでカッコ良いですね。教育が行き届いているのが伝わってきます。
お冷や、エアコンの温度の確認。何度か声を掛けられました。
店内に居る間、全く不都合は感じない接客でした。

駐車場は十分な広さがあります

ディナーコース(季節のオードブル・パン包みスープ・ステーキ・ライスorパン・デザート・コーヒー)2980円~5800円。
ワインは2000円台のフルボトルを中心に用意。ソムリエセレクト。
この内容でしたら、十分お得な感じです。
老舗の風格を感じます。地域に1店は欲しいと思うお店でした。

ステーキバンバン牛舎

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:ステーキ | 小竹駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/207-a4299a80
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top