line-s
07.28
北九州市小倉北区魚町4町目4、小倉かまぼこ 本店。
創業大正9年(1920年)。
小倉の台所、旦過市場の老舗中の老舗。
「秘密のケンミンSHOW」で紹介された「カナッペ」はこちらの商品。
営業時間9:30~18:00。定休、日・祝。

外観

老舗の蒲鉾店。
すり身を蒸したものではなくて、すり身を揚げた天ぷら蒲鉾のお店です。
店内で手作りで作り上げられる、小倉かまぼこ。
ここの蒲鉾を買って、家で焼いていただくと美味しいんですよね~
焼いて一味胡椒などを添えて、良い肴に。

ショーケース

四代目の森尾さん。
手で作ったものに勝てるものはないという先代からの教えを貫いてると、インタビューに応えられていました。
手作りの愛情は、旦過市場を訪れる人に伝わっているようです。
今日も、本店にも、旦過店にもお客さんが立ち止まります。

旦過市場内の旦過店

本店の場所は旦過市場からモノレール駅寄りに出た路地通りですが、市場内にも旦過店があります。
今日は本店です。

名物、カナッペが今日はありました。
結構売り切れちゃうんですよね。

カナッペ案内

◆カナッペ130円
高級魚のすり身に、玉葱・人参・胡椒を混ぜ込んで、薄いパンで巻き揚げにされたものです。
お店のオリジナルで、一般的に言われるカナッペとは別物です。
昭和34年から製造している商品で、当時ハイカラ蒲鉾だったと思いますが、今でも斬新。
揚げたてがショーケースに並んだばかり。
それに勝る美味しいタイミングはないですから、1つそのままでいただきました。
外はサクッ、中は柔らかいですがすり身の弾力。少しピリリとした刺激の蒲鉾ロール♫

カナッペ 130円

他にも、関門海峡で獲れた生ダコが入った少しピリ辛の天ぷら「関門のたこ天」や、
芦屋でとれたあかもくを練り込んださっぱり味の天ぷら「あかもくの天ぷら」など、ここでしか見られないものも。

看板

店内で手作りで揚げられています

こうして歩き見る、旦過市場が好き。
生鮮食料品の販売に地元の季節を感じ、惣菜店に地元の食文化を感じます。
細く長く続いて欲しいお店ばかりです。

旦過市場の脇道の一つ沿いに店はあります

小倉かまぼこ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:デリカテッセン | 旦過駅平和通駅小倉駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/184-24066681
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top