line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
06.14
北九州市八幡西区堀川町、高橋酒店。
大正7年創業の酒販店ですが、店頭でお酒が飲めます。
いわゆる「角打ち(かくうち)」の出来る老舗店です。
JR折尾駅東口から堀川沿いを歩いて300m。
営業時間は朝9:00から夜9:00まで。12時間営業、年中無休の家族経営。

オープンな店内で、見知らぬ人同士も和気藹々

角打ちとは。
(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと。と、コトバンクで書かれてます。
酒屋がやるのが角打ちで、立ち飲みとは定義が違う・・・
お店の常連と昨日そんな言葉を交わしたばかり。
この角打ち文化。
じんわり広がりを見せているようです。
こちらのお店にも視察に来ていた神戸角打ち学会が発足し、7月11日を「角打ちの日」に決めたとか。
なぜ7月11日なのか。角打ちという文字がこの数字にすべて含まれるからとか、言ったもん勝ちとかなんとか(笑

7月11日は角打ちの日。何故か調べてみよう・・・

ここ2回ほどお邪魔したときの写真を少し追加しました。

◆缶チューハイ 165円

缶チューハイ 165円

◆フライドチキン 150円

フライドチキンをチンして貰う。150円也

◆ゆでたまご 50円

ゆでたまご 50円

◆ラムネ 110円

ラムネを抜いて貰った日、110円

下町の社交場、酒屋の軒下。風情があって、大好きです。
燕の子育てを見ながらの一杯。

店内 

店内

三代目夫人によると、折尾駅周辺の再開発で立ち退きを迫られているのは、こちらのお店も。
折尾駅舎につづいて堀川沿いの風情ある風景が10年の期限付きで消えてしまう。
「立ち退き、反対!!」
今日も元気な声を上げる夫人。
お元気で文化を守って欲しいなと思うのであります。
<食べログ過去掲載はこちら>

折尾駅から続くこの景色が、あと10年なのでしょうか・・・

折尾お♫再開発で、10年後には無くなると言われている風情ある界隈です・・・



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 折尾駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/150-87def4b1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。