line-s
06.07
北九州市戸畑区銀座2、八福。
戸畑駅より徒歩5分の、老舗戸畑チャンポン店。ラーメンもあり。
良心的な価格で営業されてます。
営業時間 11:00~16:00。定休・日、祝。

外観

霞む青空の日でした。(黄砂とPM2.5かな。どちらにしても隣の大陸から。)
お店の背景に入る真っ赤な橋は、若戸大橋(わかとおおはし)。
日本の長大橋の始まりで、建設当時は東洋一の吊り橋だったんですよね。
響灘(洞海湾)の上、北九州市の戸畑区と若松区を繋いでいる全長627mの橋です。
今年、開通52周年になる若戸大橋と、くすんだ赤い装飾テントが、印象の重なる老舗の八福。

借景、若戸大橋

お昼の時間は外したのですが、ほぼ満席です。
気候が良いので、表のドアから厨房のお勝手まで、ドアはフルオープン。
店内のカウンター席の真ん中あたり、座り辛い場所が開いてました。
7席のカウンター、2卓のテーブルに8席、計15席の店内。
細身で高齢の店主。白い三角巾をキリリと締めた女性4人がサポート。

私の居る時間は、チャンポンよりラーメンをオーダーされる方が多かったです。
戸畑チャンポンマップのお店を全店制覇しようと思っている私は、チャンポンです。
チャンポンマップには、こうご紹介。
①八福  戸畑駅北口にあるレトロな雰囲気漂う店。どんぶりに盛られたあふれんばかりの野菜はシャキシャキで、なめらかなスープとともに麺によくなじみます。昼どきは行列が出来ることが多いので、時間に余裕を。

◆チャンポン 400円

チャンポン 400円

増税後も価格変わらず。内税。
なんて良心的なんでしょう。
工業都市の戸畑の町で、労働者に愛されてきた老舗。
早い、安い、多いと言われる八福のチャンポン。
丼は大きい方ではないですが、山になった野菜を先に食すこととなります。
中華鍋でスープと炒め煮された野菜は、シャキシャキ感を残します。
大量のキャベツ、もやし、玉葱、人参、韮、蒲鉾、竹輪、豚肉。
後半から手を付ける、戸畑細蒸し麺の独特な食感。

戸畑チャンポン細蒸し麺

麺の仕上がりが戸畑区役所のふれ愛と近く感じました。
淡泊なようでありながら、旨みが凝縮されているチャンポン。
食べ上げて、口周りの油を拭き取ります。
これは、安い!

店内

増税後も価格据え置きのこちらで、消費税の話のついでに税金トークが広がってました。
「消費税ばっかりで放送せんけど、4月から領収印紙は5万からやん。知らんで3万以上に貼りよった!」
確かに。印紙税の変更の方は、知らない方多いみたいです。
店主「印紙税のかかる領収、うちはないけどね。」
確かに(笑

勝手口で撒かれた飯粒を拾う、雀達を微笑ましく見ながら、店を後に。
最近、老舗の個人店に感じること・・・
店主の高齢化に伴う営業時間の短縮。
それでも利用者は頑張って欲しい。
心の中でエールを送ってます。

駐車場ありますが、距離あり

八福

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ラーメン | 戸畑駅

関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://asdfgh12.blog13.fc2.com/tb.php/148-354eae57
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top