line-s
12.21
栃木県日光市上鉢石町1300、バー デイサイト
日光金谷ホテル1F、シングルモルトウィスキーを常時200種類以上取り揃えているホテルバー。
東武日光駅から車で約5分、徒歩約20~25分。
営業時間18:00~22:30。無休。カード可。個室なし。禁煙。
1人594円のカバーチャージ。

入口

本日の宿泊先は、日光金谷ホテルです。
創業明治6年、国内外の要人に愛され続けている日本最古のクラシックリゾートホテル。
一度利用してみたく思っていました。
JR日光駅に20:00過ぎに到着。
タクシーでホテルまで。
明治の薫り漂う館内。

日光金谷ホテルフロント

チェックインして別館に荷物を置き、ロビー階にあるバー デイサイトへ。
バーの雰囲気もクラシカルで、イギリスの上流階級用パブのように渋い。
照明はかなり落としてあります。
入口付近にのローテーブル席が並び、一番奥にバーカウンター。
20席ほどの空間です。

店内

そこの端に座り、落ち着いたひと時を過ごします。
真空管アンプから流れるジャズ。
座った席の真横にSPレコード。
通常CDですがリクエストでかけてくれるらしいです。
今は夏なので使われてはいませんが大谷石で造られた暖炉があります。
大谷石といえば、フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル旧本館で好んで使われた建築素材。
その暖炉は、20世紀を代表する米国人建築家フランク・ロイド・ライトの設計とも伝えられていて、宿泊客の中に名前があり信憑性も高いのかと。

ここで、一つ楽しみにしているものがありました。
それは氷。
バーでは氷が多く使われますが、こちらでは天然氷。
現在、日本で5カ所しかない氷室で作られる天然氷。そのうち栃木に3カ所。
伝統技術と限られた土地で作られた自然の氷は希少です。
冬の厳しい寒さで少しずつ凍らせた天然氷は、無色、透明、無味、無臭、そして硬いのが特徴。
私たちが口にする天然氷は、冬に行われる作業が重要。
氷を育てる作り手による毎日の掃除や、雪を除く作業など気が抜けない日々が数ヵ月続くと聞きます。
2週間で15センチの厚みになった約40キロある氷を切り出し、氷室へ搬送するという1日がかりの作業。この作業を極寒の冬に行い保管。
その氷がふんだんに使われてる贅沢なバーはそうないでしょう。
チェイサーの氷もそうなので「贅沢♡」と喜んでおりました。
メニューはあります。
カクテルのほとんどは税込表記で1188円。オリジナルカクテルは1306円。
家族が飲んでいたビールのバスペールエールは950円。
おつまみにナッツが出ます。

チャージ 594円(税込)

◆モスコミュール 1188円(税込)

モスコミュール 1188円(税込)

メジャーなスタンダードカクテルを。
モスクワのラバという意味のカクテルで、ラバに蹴飛ばされたように効いてくるウォッカベースのクーラー。
本式では銅のマグカップに入れて提供されるもので、本格的なバーではそのようにして出されている。
それにしても硬い氷は解けずにカクテルを冷やし、美味しかっだです。

◆マティーニ 1188円(税込)

マティーニ 1188円(税込)

ドライ・ジンにドライ・ベルモットを加えて、オリーブを添えただけのシンプルなカクテル。
カクテルの王様と呼ばれ、カクテル論争も勃発し易いカクテル。
ほら、もうお隣の老紳士がバーテンダーに難癖つけてる。お静かに召し上がって下さいまし。
バーテンダーの力量が試されますが、逆にバーテンダーの数だけマティーニはあると思うのですが(^^

目の前にレトロなアイスクラッシャー。

目の前にレトロなアイスクラッシャー

もう歯が効かないと言われてましたね。
これくらい古いものは現役では見ませんね。

外観

閉店時間は割と早いので、利用出来て良かったです。
空気さえ重厚に感じてしまう、このホテルの夜は早いのでした。
いえ、日光の夜は早いようです。

函館を出て、青森・八戸、岩手・盛岡、宮城・仙台、到着の栃木・日光。
移動距離のある一日でした。

日光駅です。

日光駅



関連ランキング:バー | 東武日光駅日光駅

スポンサーサイト

line-s
12.09
宮城県仙台市青葉区国分町2-11-11、旨味太助
千松島ビル1階、牛たん焼・テールスープ・麦めしの店。
JR仙台駅から徒歩15分。
60席。個室無。喫煙可。駐車場無。カード不可。
営業時間11:30~22:00(L.O.21:30)。定休、月曜。

外観

盛岡駅前の盛楼閣で、盛岡冷麺に舌鼓。
そこで焼肉の良い香りを嗅ぎまして、我慢して南へ県をまたぎ、折角だから仙台の牛タンをいただきに来ました。
乗車券は持ってますから(すっかりパスポート化)、新幹線の特急券だけを買い足し。
JR盛岡駅からJR仙台駅へ。

仙台駅構内

17:30をまわったころ、仙台駅に到着。ホームに出ると涼しさを一番に感じました。
東北地方最大の都市の代表駅、JR仙台駅は賑やかで活気を感じます。
楽天イーグルスの本拠地であるとすぐに分かる広告類。
構内ではイベントが行われていました。

仙台駅構内 (2)

牛タン焼きの発祥地とされる仙台。
さて牛タン焼き発祥の店と言うと…

牛たん焼きの始まり

味太助の初代、故・佐野啓四郎氏が昭和二十三年、仙台市中心部に牛タン焼きの専門店を開いたことに端を発すると聞きます。
定食で出されるお店が多く、絵的には仙台ビギナーには同じように見えてしまいますが…
味太助 本店(佐野啓四郎氏長男店)、牛たん 太助 分店(佐野啓四郎氏直系お弟子店)、旨味太助(佐野啓四郎氏娘婿店)、一隆 本店(佐野啓四郎氏一番弟子店)。
特にこの四店は元祖系統で、駅からの距離も大差なく、どこに伺ってみようかと迷います。
迷ったときはマイレビュアー様頼り。
この中で現在一番点数の高かった、旨味太助へ。
予約が出来るか電話を入れるとNG。ホームページは予約可だったのですが変わったのですね(^^;
今の時間は待たずに座れそうであると聞きました。

平日の夕方でしたので、仕事を終えた方々がそろそろ街に増えるころ。
店前も人通りが賑やかでした。
白い暖簾は、扉の入口側が段々と短くなっており印象的。
店内はそれなりの風情があり、席はカウンターと座敷などありました。
カウンターの隅に落ち着きます。
メニューはシンプル。
定食を一人前と、牛たん焼き 一人前。
定食と牛たん焼きは、同じ価格なので定食のほうがお得ですが、午後は食べ続けているので片方は牛たん焼きだけに。
ハイボール(550円・税込)と一緒に。

ハイボール 550円

◆牛たん定食 (一人前) 1300円(税込)…テールスープ・牛たん・野菜漬・麦ご飯
◆牛たん焼き (一人前) 1300円(税込)

牛たん定食

牛たん二人前

炭火焼きの焼き場横に、円柱型の冷凍タンの大きな塊。
その上部から順に焼いていました。
今日の牛タンはカナダ産、米は国産。
一人は定食、一人は牛たん焼きを頼んだのですが、定食の牛たんが二人前の盛り。
テールスープの味は、ほぼ葱の味でしたが、塩梅にこだわる牛たんは流石に良い塩かげん。
麦飯と食べるおかずとしても、酒のアテにも良い感じ。
思ったよりもカリカリの食感。

思いのほかクリスピー

塩加減は強め

ジューシーさは無かったですが、噛みやすく切り目が入ってました。
家族は仙台の牛タンが食べられて満足そうで、良かったです。
接客がドラスティックでしたが、来店状況は上々のようです。
表には自信の垂れ幕。仙台の味 旨味太助は当店 他店の追従は許さぬ老舗の味。

何かございましたか

JR仙台駅に戻る。
次の新幹線の特急券はJR宇都宮駅まで。
本日の終点は日光なのです。

JR仙台駅前



関連ランキング:牛タン | 勾当台公園駅広瀬通駅青葉通一番町駅


line-s
12.03
岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5、盛楼閣(せいろうかく)。
JR盛岡駅向かいワールドインGENプラザ2階の焼肉・盛岡冷麺の店。
盛岡三大麺の一つ盛岡冷麺。
盛岡冷麺の発祥が食道園なら、盛楼閣は盛岡冷麺の普及の立役者と言われる。
1日1000食出ることもあるという人気店。
144席(4名テーブル席18卓、6名座敷席8卓、6名個室4室)。カード可。
営業時間11:00〜26:00。無休。

入口

青森・八戸のみなと食堂で金賞丼の平目漬丼を食べ、その足で八戸酒造へ行き飲めるだけ試飲をさせていただいた。
とても良い気分で、この後は何処へ行こう。
お酒が入って何となく〆麺が欲しくなる・・・
では・・・
隣県まで行き、麺モノを頂くことに。
盛岡名物、盛岡冷麺の有名店が、本日の南下ルート上にあるのです。
乗車券は持っているので、JR八戸からJR盛岡までの新幹線特急券を買い、移動。

JR盛岡駅へ到着し降りると、連結した姿しか見たことのなかった、はやぶさ・こまちの連結瞬間を見られました。
皆さんカメラを向け撮影されますね(^^
八戸は涼しい印象でしたが、盛岡のホームは暑かった。
構内に大鉄瓶を見つけます。

盛岡駅構内にて

南部形霰紋。330kgあるそうで。岩手国体開催を記念して作られたものとか。
南部鉄器は、約400年の歴史と伝統を誇る盛岡の代表的特産品。
自宅でも愛用している道具が数点あります。
(南部鉄器協同組合) http://ginga.or.jp/nanbu/
構内にあるのは、らしさを感じて良いですね。

JR盛岡駅

交通、宿泊、物産など北東北の観光拠点、盛岡駅。周辺はホテルやビルが建ち並び、近代的な都市の賑わい。
橋を一つ渡れば自然豊かなのどかな町並みが広がり、歩いて楽しむのに良い街らしいですね。
盛岡駅前広場の啄木歌碑「ふるさとの山に向かひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな」
歓迎看板には「よぐおでんした」
おでん?
方言は面白いですね。食べ物のおでんを先に想像してしまう私(^^
目的の店は盛岡駅前。すぐに分かりました。

外観

店の入るビルのワールドインGENプラザは、35周年の節目の創業記念日2015年12月12日にリニューアルオープンしたそうです。
地下が盛岡駅と直結。2階が盛楼閣。

店舗は2階へ

エレベーターもあり、扉は自動ドア。
店内は高級中華料理店のような内装。

店内

15:00過ぎという中途半端な時間ですが、こちらのお店は通し営業で深夜まで。
この時間は混んでおらず、テーブル席にすぐに通されました。
焼肉を食べておられる方達のテーブルから良い香り・・・
でも、こちらでは冷麺!
早速メニューを拝見。冷麺を注文し、角ハイボール(500円・税込)を飲んで待ちます。

先ずは、お茶とおしぼり

角ハイボール 500円

◆盛楼閣冷麺 1000円(税込)

盛楼閣冷麺 1000円

辛さが選べるようになってます。
特辛・辛口・中辛・ちょい辛・普通・ひかえめ・辛味別。大盛りは1200円。
スープも美味しいと聞いていたので、辛味別にして自分で入れることにしました。

辛味別で

ちなみに辛味別は、ちょい辛程度の辛さになるとか。
牛テールでダシをとった透き通る冷たいスープ。それだけいただくのも良いお味。
トッピングは、半分の茹で卵に刻み葱し胡麻、胡瓜の水キムチ、甘辛く硬い牛肉一枚、それから西瓜。

盛岡冷麺

夏は西瓜ですが、秋口からはそれが梨になるとか。
そして麺。
手練麺の塊を機械にかけて押し出して作られる麺。
加工すぐに沸騰したお湯の中に落として、そのまま茹で上げるそう。
茹で上がった麺は冷たい水でしっかりと洗われ、ツヤツヤでコシのある麺に仕上がってます。

太めツルツルで歯応えあり

太めで弾力があり存在感と食べ応えのある麺。
辛味別のキムチを全部投入。
スープがピリ辛になって、別の味で得した感じです。

辛味全部投入

盛岡駅前でアクセスも良く、多くのマイレビュアー様もレビューされていた盛岡冷麺。
国産米沢牛の牛骨やすね肉を使って一日がかりでじっくり仕込むスープ。
天候や気温にあわせて練り加減を微調節するという自家製のこだわり麺。
店外にまで行列ができることもしばしばとか。
この機に、記念の一杯が食べられて良かったです。
精算時、レジに置いてあったペーパーウエイトが、南部鉄器のミニ鉄瓶でした(^^

盛岡駅構内にて (2)



関連ランキング:冷麺 | 盛岡駅


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top