line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
07.28
北九州市小倉北区魚町4町目4、小倉かまぼこ 本店。
創業大正9年(1920年)。
小倉の台所、旦過市場の老舗中の老舗。
「秘密のケンミンSHOW」で紹介された「カナッペ」はこちらの商品。
営業時間9:30~18:00。定休、日・祝。

外観

老舗の蒲鉾店。
すり身を蒸したものではなくて、すり身を揚げた天ぷら蒲鉾のお店です。
店内で手作りで作り上げられる、小倉かまぼこ。
ここの蒲鉾を買って、家で焼いていただくと美味しいんですよね~
焼いて一味胡椒などを添えて、良い肴に。

ショーケース

四代目の森尾さん。
手で作ったものに勝てるものはないという先代からの教えを貫いてると、インタビューに応えられていました。
手作りの愛情は、旦過市場を訪れる人に伝わっているようです。
今日も、本店にも、旦過店にもお客さんが立ち止まります。

旦過市場内の旦過店

本店の場所は旦過市場からモノレール駅寄りに出た路地通りですが、市場内にも旦過店があります。
今日は本店です。

名物、カナッペが今日はありました。
結構売り切れちゃうんですよね。

カナッペ案内

◆カナッペ130円
高級魚のすり身に、玉葱・人参・胡椒を混ぜ込んで、薄いパンで巻き揚げにされたものです。
お店のオリジナルで、一般的に言われるカナッペとは別物です。
昭和34年から製造している商品で、当時ハイカラ蒲鉾だったと思いますが、今でも斬新。
揚げたてがショーケースに並んだばかり。
それに勝る美味しいタイミングはないですから、1つそのままでいただきました。
外はサクッ、中は柔らかいですがすり身の弾力。少しピリリとした刺激の蒲鉾ロール♫

カナッペ 130円

他にも、関門海峡で獲れた生ダコが入った少しピリ辛の天ぷら「関門のたこ天」や、
芦屋でとれたあかもくを練り込んださっぱり味の天ぷら「あかもくの天ぷら」など、ここでしか見られないものも。

看板

店内で手作りで揚げられています

こうして歩き見る、旦過市場が好き。
生鮮食料品の販売に地元の季節を感じ、惣菜店に地元の食文化を感じます。
細く長く続いて欲しいお店ばかりです。

旦過市場の脇道の一つ沿いに店はあります

小倉かまぼこ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:デリカテッセン | 旦過駅平和通駅小倉駅

スポンサーサイト

line-s
07.28
北九州市小倉北区魚町4、はしご屋。
旦過市場内のピクルスカフェ。
お野菜でお酒が飲め、ベジタリアンさんにもおススメのお店。
2014年1月11日開業。
営業時間11:00~23:00。定休・日曜。
ピクルスの販売あり。カウンター5席のみ。

外観

旦過市場内に今年オープンした可愛らしいお店。
店頭にはピクルス販売のディスプレイがあり、間口は狭いですが店内に入るとカウンター席があります。

表のディスプレイ

表の案内

カウンター席

お野菜メニューが充実していて、カフェ使いも、バー使いも出来ます。
春先は、合馬の筍丼などもされてたし気になっていたお店。
本日は、ピクルス狙いで訪問。
店頭に並ぶ可愛い瓶詰めのピクルス。
1つ買っちゃおうっと。

これ、買っちゃう

店内も旦過市場らしい雰囲気醸してます。
ついでだから、カウンターで一杯。
野菜茶とかではなく、ビールで(*^^

◆ピクルス 800円

ピクルス 800円

可愛い瓶モノ購入しました。
グローブやローリエも一緒に漬け込んであって、非常にお洒落な味付け。
店内では、ピクルスのレシピを配布されてました。

店内で配布

◆ヒューガルデン(ベルギー) 800円

ヒューガルデン(ベルギー) 800円

世界の麦酒を小瓶で置いてあって、意外にビール好きにも楽しいお店です。
揚げ野菜とビールは良いでしょうね。
飲物は、焼酎、日本酒、ワイン、梅酒、カクテル、ソフトドリンクと一通り。
野菜で作られた手作りの野菜茶や、発酵野菜のカクテル(ノンアルもあり)などはこの店のオリジナルです。

◆ズッキーニ

ズッキーニをソテーして貰いました

メニューに書いてあったので、価格は分からずオーダーしました。
調理法はリクエスト可だったので、ソテーして貰いました。
おまけに、プチトマト添え。
半分は生、半分は焼き。写真でその違いをお分かりいただけるでしょうか。

入荷されてるお野菜で、リクエスト料理も出来るようですし、定番野菜メニューもあり。
ピクルスを使ったちらし寿司、ピクル寿司などもあり。
お昼間は、お手伝いのお姉さんお一人で頑張ってらっしゃいました。
野菜の豊富な市場にて、流通していない野菜を農家さんより入手されていたり、イベントなどの工夫もされてます。

メニュー 

メニュー

店内から旦過市場の通りを見て

店内

外観、隣も可愛いお店

ちょい寄りしたくなるお店でした。

はしご屋

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:野菜料理 | 旦過駅平和通駅小倉駅


line-s
07.27
北九州市小倉北区魚町4丁目1、旦過うどん。
創業四半世紀。旦過市場内の、手打ちうどん店。
透明感あるだしはカツオや昆布、イリコでとった上品な味わい。
旦過うどんの出汁は店頭で販売されている。
JR小倉駅から徒歩10分。営業時間11:30~18:30。定休・日曜、祝日。

外観

大正時代初め、魚の荷揚げ場に始まる旦過市場。
小倉は城下町時代から商業の町で、中心は魚町・京町。その魚町筋の魚市場として機能したのが、旦過市場。
戦後はヤミ市が発展。川にせり出すような独特の市場が、戦前の名残りです。
路地も狭く車は通れないので、市場内は徒歩。
市場を歩いていると、目を引く直径60cmの大鍋。ここが、旦過うどん。

店先の丸鍋

野菜や練り物など約20種のおでんが一年を通して楽しめます。
手打ちうどんの店なのに、この大鍋が目に入り、利用時はついおでんになってしまって。
今回もまた、おでんです。
なぜか今までレビューに漏れていたお店。アップします。

◆おでん 1つ120円~130円

おでん 1つ120円~130円

地元で訪問しているおでん店の中では、澄んで上品なおでん出汁。
仕切りのない丸鍋のおでんが地元らしく感じ、中身を覗きながら、あれこれと決めるのが楽しい。

◆瓶ビール(中瓶)500円

瓶ビール(中瓶)500円

メニューにないアルコール類ですが、ビール・焼酎・酒くらいはあります。

女性たちで切り盛りしている店内。
テーブル席とカウンター席。
狭くも落ち着く感じあり。

店内

店内 

店の前を通りかかって、屋号のわかるものが暖簾しかないのですが、暖簾の中ほど「う」の文字が上がっていて分かりにくいです(笑
テイクアウトされる客も多いし、商店街の中の出前注文も入る。
結構忙しそうにされてる店です。
夏季には昔ながらのかき氷も登場。

メニュー

メニュー 

嗚呼、次こそ手打ちうどんレビューを。
おでんの誘惑に負けずに(笑

小倉駅前のステーションホテルをご利用の方は、旦過市場 スペシャルコラボ特典があり、こちらのお店の割引もあるので、ご利用になってはいかがでしょうか。

旦過うどん

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:うどん | 旦過駅平和通駅小倉駅


line-s
07.26
広島県廿日市市宮島口1丁目5、あなごめし うえの
宮島名物あなごめしは、上野家十代目、上野他人吉さんが明治30年の宮島駅開業後、明治34年(1901年)に駅弁として販売したのが始まり。受け継ぎ続けた、つぎ足しのタレによる変わらぬ味を守り続ける老舗。
場所は、JR山陽本線宮島口駅前交差点。駅を降りて桟橋へ向かう途中に位置。
営業時間10:00~18:30(閉店19:00)、弁当は9:00~19:00(売り切れ次第閉店)。
無休(水曜日は折詰弁当のみ)。

雰囲気のある暖簾

広島観光の最後に食べたかった、あなごめし。
宮島からの帰りに、フェリーを降りて宮島口駅へ向かう帰り道沿いの、元祖あなごめしの店、うえのへ。

外観

店頭到着。
入口で、弁当が販売されていて「弁当ですか?食事ですか?」と聞かれます。
一瞬、弁当も良いなと思いつつも、店内で食事を。
宮島近海では昔から穴子がよく獲れ、地元ではよく食され、その美味しさは江戸時代の芸藩通史にも残っているそう。
店内は老舗らしい雰囲気が漂う品の良いレトロ感。
メニューは木板の短冊で壁にあり、おススメの食べ方も貼ってあります。
店で食べるなら素材の味が光る白焼きを。
あなごめしは熱々も良し、冷めて味がしっかりのった弁当もまた良し。

店内

あなごめし食べるんだから、アテは白焼きよねと思うのですが、家族は超タレ焼き派。
白焼き食べたい~
と思いつつ断念。
蒲焼をアテに少しだけ飲んで、あなごめしをいただくことに。

◆穴子蒲焼 1296円

穴子蒲焼 1296円と、ぐい呑み

お皿が熱々です。好感。気をつけてくださいとスタッフさんから。
厳選した穴子を白焼きにし、創業当時から注ぎ足しながら使っている秘伝のタレを絡めてじっくり焼きあげられたもの。
弾力もあり柔らかい蒲焼。山葵が添えられます。好みで卓上の山椒粉。
老舗の穴子の扱いの上手さを感じられる一品。
嗚呼、美味しいだけに白焼き食べたかった~

◆あなごめし 小 1512円(赤出汁・漬物付き)

あなごめし小 1512円

名物のあなごめしは、穴子の出汁で炊いたご飯を、タレをつけて焼いた穴子の蒲焼が覆うもの。
生姜の甘酢漬けが添えられてます。これはなくても、お漬物で充分かな。
飽食続きなので、小にしましたが女性には丁度良いボリュームではないでしょうか。
軽くタレが和えられた熱々ご飯が美味しい。富山米こしひかり。
穴子も熱々。タレの香りとご飯の香りがたまらないです。
あなごめしは3種のメニューのみ。
あなごめし特上2160円、並1728円、小1512円。ご飯の量は同じ、穴子の蒲焼の量が変わります。

あなごめし、テーブルに到着した時の姿

◆地酒ぐい呑 100円

地酒ぐい呑 100円

これは私的ヒットですね~
ぐい呑みの一杯サービスは中々見ません。
地酒は地元広島の酒、八幡川(やはたがわ)。
<八幡川酒造、佐伯区八幡3丁目、1818~29年頃創業>
つい、おかわりしてしまい…
3杯飲んで、普通に頼めば良いじゃないと自分ツッコみ。でもこれ良いです(笑
因みに、地酒(熱燗・人肌)420円、地酒純米864円、地酒吟醸1080円。

◆一口ビール 270円

一口ビール 270円

一口と言っても小グラスで生ビールがいただけるサービスは嬉しい。
因みに生ビールは540円。

価格は本年の増税で改訂されているようです。
店内に、過去のあなごめし弁当のレッテルが額に入れられ飾られていました。
歴史の流れを感じて、良いですね。

お店の壁に

うえのの2階は、レストラン他人吉(タニキチ)。
町家を改装した空間で旬の食材と穴子のコース料理がいただけるとか。
表通りに看板はなく、酒屋の奥の階段箪笥を上がっていく、隠れ家的なお店。
その入口となる空間は、築100年以上の酒蔵を改装した隠れ家・蔵サロン。

えぴろ入口

うえのの待ち合いとも繋がっていて、古本カフェ&広島土産のepilo(えぴろ)。
次回は、他人吉(タニキチ)とセットで楽しみたいと思います。

楽しかったし、お腹もいっぱい!
思い残すことなく、福岡へ帰ります(*^^

うえの

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:丼もの(その他) | 広電宮島口駅宮島口駅


line-s
07.25
広島県廿日市市宮島町、カフェ&ダイニング yoimosezu。
蔵宿いろは内の海にひらかれたオープンカフェダイニング。
宮島港桟橋から徒歩7分。
営業時間11:00~21:30(L.O.21:00)。

海側散策時も、参道散策時も気になってしまったこちらのお店。
蔵宿「いろは」のダイニング「よいもせず」。

参道側

外観(参道側)

海側

外観(海側)

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせすん

久しぶりに、いろは歌を思い出しました。
全ての仮名を1回ずつ使うという制約のもとで意味のある、いろは歌。
和モダンなこちらの宿に、ぴったりです。
客室にも、い、ろ、は、に、と平仮名一文字の名前がついてます。

蔵宿いろは看板(参道側)

参道側の入口から入りました。
入口のフロアはホテルのフロントになっていて、カフェ利用出来るか尋ねると、快くお店まで案内いただいて。
バーカウンターもある空間は、海にひらかれ明るい空間。
藤い屋もそうでしたが、表参道商店街と海側の通りの両方に入口を持つお店は、二つの顔を持ち魅力的。

店内

店内 

カフェタイムは、生ジュースや、珈琲、抹茶、紅茶とスイーツなど。お酒もOKでした。

◆水出しアイスティー 864円
メニューに書かれては無かったですが、レモン・オレンジが入ってました。
水出し紅茶は雑味のないクリアな味。

水出しアイスティーと季節の和菓子

◆季節の和菓子 324円
この日は聖乃志久礼(ひじりのしぐれ)。やまだ屋さんの商品です。
菓子と一緒に説明のパウチが出されて、よく分かりました。

和菓子の説明

アイスティー864円と和菓子324円

◆イエローグレン イエローピッコロ 1296円
原産地オーストラリアのスパークリングワイン。200ml。

イエローグレン ボトル

イエローグレン イエローピッコロ 1296円

借景は日本三景。
豊かな時間を過ごせるカフェタイムでした。
瀬戸内海の魚介や地元産の野菜・果物などの用意があるそうです。
シーフードのプレートと冷えたワインなんて似合いそうですね。

店内から海を見て

神宿る厳島。
宮島で宿泊するなら、こちらのお宿にお世話になりたいなぁと思ったひと時。
蔵宿いろはでは、ウエディングもされているようです。
厳島神社で世界文化遺産 宮島・嚴島神社の神殿で迎える厳かな挙式。
こちらでの挙式は、特別なセレモニーとなるのでしょうね。

今から、穴子を食べに行きます。

ヨイモセズ

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:カフェ | 広電宮島口駅宮島口駅


line-s
07.24
広島県廿日市市宮島町、藤い屋 菓寮(ふじいやかりょう)。
大正14年(1939年)宮島の地で創業、当時から現在まで広島名物もみじまんじゅうを作り続けている老舗。
焼きたてのもみじまんじゅうなどで寛げる空間の菓尞が藤い屋宮島本店内で繋がっている。
厳島神社へ続く表参道沿いに宮島本店入口、海岸通りに菓尞入口があり、どちらからでも入ることができる。
菓尞でも、藤い屋商品の購入が可。
宮島港桟橋から徒歩7分。
営業時間9:00~17:00。席数50。

外観

もみじまんじゅうも食べて帰りたい名物。
焼がきの はやしを出た後、参道を挟んで向かいの藤い屋宮島本店に。

参道側入口

店内には、もみじまんじゅうとその他の菓子がずらりと販売されています。広い店内です。
店の片側に喫茶のディスプレイとスペース。

宮島本店、参道側の入口ディスプレイ

ここで、もみじまんじゅうとお茶をいただこうと思ったら、お店の方より、ゆっくりと過ごす喫茶が奥にあることを聞きます。
店の奥に、喫茶への入口が。

宮島本店の奥、この先は中庭があり、菓寮とつながっています

鯉の居る中庭を抜け、菓尞の入口へ。

中庭

参道側から店内を通って入る菓寮入口

中に入るとテーブル席や、ボックス席などがあり、一番奥に明るい海岸沿いのスペースが。
そう言えば、海岸沿いを散策した際にお店がありました。
繋がってたんですね!

店内

明るいテーブル席を利用しました。
海側の店舗入り口にも、藤い屋の菓子が並びます。
ここでお土産を買うことにしました。

工場で焼きたてのもみじまんじゅう。
抹茶のセットがありましたので、それをいただくことに。
長居しましたので、氷も。
メニューは紅茶、抹茶、珈琲、アイスクリーム、氷など。

◆抹茶セット 600円

抹茶セット 600円

もみじまんじゅう1個とのセットです。
英語表記もあり。Japanese Espresso with a maple cake
ちなみに宇治茶冠露セットがあり、もみじまんじゅう1個のセットは260円、2個のセットは320円。

焼きたての、もみじまんじゅうは「こしあん」のみ

もみじまんじゅうの「宮島 藤い屋」

いただいたもみじまんじゅうは、こしあん。
藤色の上質なこしあんが入ってます。藤い屋の定番商品ですね。
餡は北海道の小豆を使用。小豆の皮を剥いて炊き、裏ごし、雑味取り。まろやかな餡です。
カステラは近隣農場から仕入れた新鮮な卵で作られるそうです。

◆宇治金時 650円

宇治金時 650円+トッピング、ミルク 30円+白玉団子 50円

トッピングのミルク 30円、白玉団子 50円を追加して。
暑い日には食べたい氷。
ついつい、トッピングをのせてしまいまして、730円のかき氷が出来上がりました。
白玉は柔らかく、氷の肌理は細かいほうではないですが、口どけは良いです。

スプーンが、日本を代表するプロダクトデザイナー「柳宗理」デザインのものですね。
器類が日本的でシャープなものを使われてて素敵なセンスです。

お土産に買ったのは、2種類。

・いろはもみじ

美しい菓子、いろはもみじ

宮島のもみじは小ぶりで可愛い葉の「いろはもみじ」。
春先の芽吹きをうぐいす豆で、深まりゆく秋を大納言小豆で表現。
寒天と砂糖で煮て結晶した、表面がシャリシャリの品。
上品で涼やかな菓子です。

・縁起菓子 杓子せんべい

縁起菓子 杓子せんべい

幸運めしとる、杓子せんべいだそうです。
敵を召しとるとかけて、必勝祈願の名産品。

ちなみに、宮島の大杓子。参道に展示。

宮島の大杓字、参道に展示

荷物も増えましたし、そろそろ宮島を後にしようと思いますが、あと一店気になったお店が・・・

藤い屋 菓寮

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:喫茶店 | 広電宮島口駅


line-s
07.23
広島県廿日市市宮島町、 焼がきのはやし。
宮島、表参道商店街の中央に位置する、宮島焼がき発祥店。
創業者の林さんが、宮島の漁師達が殻付の牡蠣を焼いて食べる漁師料理の浜焼きを店で出ししたのが始まりとか。
使用されるのはブランド牡蠣の、地御前(じごぜん)牡蠣。
国際色豊かな観光客で賑わう店。
営業時間10:30~17:00(L.O.16:30)、土曜10:30~17:30(L.O.17:00)。
定休・水曜。テーブル42席、座敷44席。

外観

風光明媚な宮島を満喫した頃、やはり牡蠣を食べようと言うことになりまして、こちらへ。
焼がきにこだわり続けて60年以上と言われるこちら、店頭で牡蠣を焼いてますが、いただくのは店内。
店頭には、牡蠣筏(いかだ)で実際に養殖している様子も見られます。
種付け、1年物、2年物の展示。見入っちゃいます。世界各国での牡蠣の呼び方のリストも貼られてました。
店内に入るとテーブル席。

店内

通路を奥へ入ると庭と隣接する座敷席。
この時は8割くらいの席が埋まってました。
穴子も美味しそうでしたが、他でいただく予定があり、ガッツリ牡蠣ばかりを。
それにしても、かきめし、かき丼、かきうどん、かきフライカレーと牡蠣メニューたっぷり!
目移りしますね~
一人ワンオーダー以上となってます。

メニュー

メニュー 

メニュー  

<食べたかった牡蠣メニューから>

◆生がき(4ケ)無菌牡蠣 1400円

生がき(4ケ)無菌牡蠣 1400円

こちらでは一年中生がきがいただけます。
大鳥居の飾りの演出も観光客には嬉しいですね。
厳選された大粒の牡蠣。自家製酢醤油、薬味が添えられます。好みでレモン汁でも。

夏でも生牡蠣!

◆焼がき(4ケ)地御前産ブランド牡蠣 1200円

焼がき(4ケ)地御前産ブランド牡蠣 1200円

地御前産の特選3年物の牡蠣です。良い香り。風味豊か。
宮内庁ご用達の牡蠣だそうです。

◆特選かきフライ 1400円

特選かきフライ 1400円

大粒牡蠣がふっくらジューシーに揚がってました。
牡蠣殻にケチャップソースとタルタルソース。レモンも添えられてます。
ビールとの相性最高♫
美味し~

◆カキの大根おろし酢醤油和え 550円

カキの大根おろし酢醤油和え 550円

最後にサッパリともう一品。牡蠣は湯通しか軽くボイルされてて、温かい品でした。
プリプリの大粒で、これも美味しい。

カキの大根おろし、器を横から

器が素朴で温もりのあるものを使用されてました。
御砂焼だそうです。
厳島神社の御用窯「山根対厳堂」で一つずつ手描きされたものとか。
宮島発祥の御砂焼は、かつて安芸の国から旅に出る時は安全を祈願し、厳島神社境内の砂を「御砂守」として持参し、無事に帰郷すれば旅先から持ち帰った砂とともに返す「御砂返しの儀」という習わしがあったそうで、この御砂で大祭用の祭器を作ったのが御砂焼の始まりとのこと。

<勿論お酒も>

◆フレンチワイン 850円

フレンチワイン 850円

店にワインリストはありませんが、一通りの種類は揃ってます。
生牡蠣には冷酒か白ワインをと思いまして。
メニューにあったフレンチワイン。
メルシャンの輸入しているシャルドネでした。

◆宮島ビール(ペールエール) 680円

宮島ビール(ペールエール) 680円

宮島ビールのペールエールは、平成23年2月に発売されたそう。
仕込み水の一部に宮島弥山原始林に育まれた「霊水」を使用したビール。
香りが華やか。 アルコール分5%。

◆冷酒 800円

冷酒 800円

純米酒、若竹のごとく。
精米歩合65%、八反錦51%以上使用とのこと。
広島県竹原市、藤井酒造の特別純米です。

店内 

観光客が次々に入ってくるお店です。
ゆっくりしたい方は奥のお座敷に。
牡蠣三昧を楽しめるお店でした。
価格はそれなりにしましたが、良いものを使われてるようです。
テーブルの空気を見て、店主が大鳥居を背景に行われる花火大会の映像をテーブルで見せてくれ、微笑ましい。
焼がきの数が多かったので、サービス♡かと思いましたが、表で焼いてるスタッフさんへ聞くと、粒が小さい場合、そういった調整をされているようでした。
ご馳走様♫

焼き牡蠣は店頭で焼かれます

店頭ディスプレイ

店頭展示、2年モノの牡蠣

引き続き、表参道商店街を散策します。

焼がきの はやし

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 広電宮島口駅


line-s
07.21
広島県廿日市市宮島町、きまま家。
宮島港出口から徒歩2分。
宮島の桟橋を出てすぐ、正面にあるソフトクリームと氷のテイクアウト店。
どの観光地にもあるようなソフトの販売店ですが、こちらでは鹿ソフトクリームという、珍品ご当地ソフトが人気。
営業時間9:00~18:00。不定休。

外観

広島駅から宮島へ向かいました。
JR山陽本線岩国行で、広島~宮島口まで8駅410円。
徒歩数分で宮島口から宮島口港まで。ここからJR西日本宮島フェリーで10分180円。
広島駅で宮島港までの切符が買えて、道中看板の案内で迷うことなく楽に到着。
広島駅から片道1時間見ておけば良いんですね。
宮島口発フェリーは、9:10~16:10の便は、海から参拝ができる大鳥居便。
フェリーが大鳥居に接近しますので、海からの大鳥居を撮出来て良いです。
宮島に到着。
桟橋を出たら居ました。

鹿ちゃん達*。♡

鹿が歓迎してくれる

嗚呼、瞳がカワイイ。
野生を捨てて観光客の前に出てきているシカは人馴れしていて触らせてくれます。
なでなで。
でも、餌はあげないでくださいね。島でも観光用にシカ煎餅などは置いてません。
現在宮島に生息しているシカは、宮島が6000年ほど前に島になる以前から住み着いていた野生動物とか。
宮島のシカは神鹿といわれていますが、春日大社の場合と違って厳島神社とシカは教義に関わる信仰上の関係はないということです。
島の先住者シカも、人間に頼ってしまっている個体は大量のビニール類やプラスチック類を飲み込んでしまいます。
その結果、大量のゴミの固まりが胃袋の中にたまってしまいまいタンパク質を摂取することができなくなり、痩せて餓死するシカが出るそうです。シカの暮らしと森を守るには、餌を与えないこと、ゴミを出さないこと、なのだそうです。

安芸の宮島じゃけん
奥のほうで、鹿たちの談会

さて、鹿との触れ合いが終わったら、その足で家族を置き去りにして向かった先があります。
桟橋を出て、正面にあるお店。ここで「鹿ソフトクリーム」を買いたくて。
これも楽しみにしてたんですよね~

看板

「鹿ソフトくださーい」

「はい」

普通にソフトクリームを機械で絞って、そのあと下の方にソフトの姿が消えます。
ガササ、ガササ。
不気味な音。
手渡されたのが、これ!

◆宮島名物鹿ソフトクリーム350円

宮島名物 鹿ソフトクリーム 350円

普通のバニラソフトにまとわりつく鹿の○○に見立てたものが!
斬新(笑
何が鹿ソフトかと言われると、○○が鹿な訳でして。
島全体に鹿が生息している宮島らしいと言えばらしい?
何でも、運(ウン)がつくようにという願いが込められているのだそうですよ。
ちなみに○○と見立てたのは、麦チョコ。

何も知らない家族に「はーい!鹿の○○ソフト」と渡すと、フリーズしてました*。♡

気を抜くと、溶け始めたソフトから麦チョコが滑り落ちていきます。
地面に落ちた麦チョコは、まさに鹿の○○に見えますから、要注意。
麦チョコソフトです。お味は想像通り。
ビジュアルとネーミングアイディアは最高だと思うんですけど、家族はやや引いておりました。
楽しいですね~
今から宮島散策が始まります。

大鳥居

このお店には他にもいろんなフレーバーのソースがかかったソフトクリームやかき氷、ラムネ、ビールなども販売されていましたが鹿ソフトクリームは、このお店の特徴。
宮島にお越しの際は、思い出の一つにぜひ。

鹿ソフトも普通のソフトも、あります!

外観引いて

きまま家

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:アイスクリーム | 広電宮島口駅宮島口駅


line-s
07.21
広島県広島市東区若草町、シェラトンホテル広島
2011年開業。広島駅新幹線口から徒歩1分。
世界遺産宮島までJRで約30分、平和記念公園まで車で約15分。
歴史ある都市、広島を観光するための最高の立地。
コンセプトは水と光。水をモチーフにした洗練されたデザインが随所に。
客室は35㎡からと広い。客室238、内スイート5室。
レストランは、雅亭 ブリッジ
ロビーラウンジ雅亭バー も。
ミシュランガイドのホテルの快適度において、最高級の快適表示あり。
チェックイン15:00、チェックアウト翌12:00。年中無休。

ホテル外観

広島観光の拠点として便利なこちらを利用しました。
開業3年目のシェラトン。駅を挟んで対面にグランヴィア。
広島駅周辺の再開発は順調に進んでいるように見えました。
1階のエントランスを抜けて、フロントフロアはエレベーターで6階へ。

ホテルフロント

陽光あふれるロビーは解放感あり。色鮮やかな絵画が印象的。
全室にSheraton Sweet Sleeper Bed(シェラトンスイートスリーパーベッド)。
上質な眠りが約束されてます。
コンテンポラリーな洋風の内装に、37インチのフラットスクリーンテレビ、DVDプレーヤー。

部屋

クラブフロアに宿泊しましたが、平日の宿泊ネットプランでかなり割引額がありました。
フロアの廊下に漂う芳香。好きな香りでしたので心癒されます。
客室は、大きく窓を設え、清潔感と高級感のある色調。
アメニティも揃ってます。ソーイングセットがあるレベル。

あ!
窓からMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島が見える!
試合日だったら、双眼鏡でゲーム観戦出来そうな感じ。

部屋からカープの聖地が見えました!

部屋の窓からの景色

残念ながら、この日は試合が入ってない日でした。
上層階からは、瀬戸内海の眺めを楽しめます。

クラブルームに宿泊したのは、クラブラウンジの利用も視野に入れて。
旅行前にかなり食べ歩く気がしたので、夕~朝はここで胃袋調整。軽食で良いと思ってました。
(実際は夜に八昌へ行ったんですけど)
クラブラウンジは、ハッピーアワーと軽朝食の時間帯に利用しました。

クラブ案内

ハッピーアワー

クラブ内 

リラックス出来る空間で、コンチネンタルブレックファスト、アフタヌーンオードブル、多彩なお飲み物が用意してあります。
泡好き家族が(私もですが)スパークリングワインを探してましたが、週末だけとのこと。
週末宿泊はお値段も上がりますものね、よく出来てます(笑
大人しく、ワインやビールや、地元のお酒をいただきました。

ハッピーアワー 

変わった特徴として、自分でカクテルを作れるようになっており、レシピ集も置いてありました。
シェーカーまで振ると、他のお客さんにご迷惑かけそうで、ステアするカクテルのみ。

セルフでカクテル作れました

こんな感じも楽しいですね。
利用はセルフサービス。
必要に応じホテルスタッフさんがお手伝いの形です。
朝食はコンチネンタルで卵料理のリクエストなど出来ませんが、軽くならこれで十分。
シェラトンですから、各国のゲストが寛がれてました。

スタッフさんの対応も良く、なかなかの快適性。
朝食を済ませ、宮島へ向かいます。

食べ過ぎ注意なんですが・・・

屋号やブランド名に興味を持ってしまう私。
シェラトンのホテル名は打算的で最高ですよ。
1937年、アメリカのスプリングフィールドでのこと。
購入ホテルの屋根に、シェラトン・ホテルと書いた巨大な看板があり、名称変更に撤去新設費用がかさむのでと、世界最大のホテル・チェーンであるシェラトン・チェーンを築いたヘンダーソン氏が、ホテルの名称そのものを変更し、シェラトン・ホテルとしての第1号となった話は有名です。
現在、シェラトンホテルは、スターウッド・ホテル&リゾーツ・ワールドワイドが展開する、世界規模の大型ホテルチェーンの構成の一ブランドとなっています。

ホテル駅側入口

シェラトンホテル 広島

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:旅館・オーベルジュ(その他) | 広島駅広島駅駅猿猴橋町駅


line-s
07.20
広島県広島市中区薬研掘10、八昌(はっしょう)。
お好み焼き店の激戦区広島で、不動の人気を誇る。
ミシュランガイドの良質な料理を手頃な価格で楽しめる店、ビブグルマンマークが付く。
JR広島駅から広島電鉄広電宮島口行きで8分、銀山町電停下車徒歩7分。
営業時間16:00~22:30、日・祝は21:00まで。定休、月曜日・第1・3火曜。店内禁煙。

外観

広島市内に宿泊。今日の〆は、やっぱりお好み焼き。
広島で一番人気のお好み焼き屋はどこか話してました。
一番美味しい店は人の好みによって違いますが、人気度は行列や評判に反映。
家族会議の結果、常に行列の出来る人気店八昌へ。
広島の方から言わせると観光客がこぞって行くお店なのでしょうね(^^;
近隣に同屋号があり、ココ狙いの観光は間違えやすいので注意しましょう。

営業時間

ちょうど行列のないタイミングで到着。
周辺はピンク系のお店も多い中、キリリとした紺の暖簾。
店内も満席ではなく、店内のコの字になったカウンターは20席。そこに座れました。
暑くて入口のドアは解放。

タクシーが乗り付ける店先

鉄板からの輻射熱で、熱気のある店内です。
この鉄板の厚みは31mmあり、開店2時間前から温められるのだとか。

正面の席の方の食後。厚み31mmの鉄板

お冷がジョッキにたっぷりの氷を入れて出されるのですが、ジョッキが汗をかき氷も溶けるのが早いです。
お冷は、氷と一緒に追加のサービス。
このジョッキが気に入ってしまって、アルコールは頼まずにお冷だけでした。
このお店の前後に飲んではいますが(^^;

お冷はジョッキで0円!焼酎じゃないですよ~

客前のコの字のカウンター鉄板は、仕上がったものが置かれますが、職人が目の前で作るカウンターは2ヶ所。
前工程と後工程の場所に分かれてます。
ジッと見てました。
前工程の鉄板。店主が居て、ソースの味に負けないように牛乳と卵を加えた生地を、クレープのように丸く流す。
その上に、どっさりキャベツ、オンもやし。
魚粉や揚げ玉をのせ、豚肉をさらにのせ、つなぎに気持ち程度の生地をかける。
野菜がしんなりして嵩の減ったころで一度ひっくり返され、焼き続けられます。
生地と豚肉の両面がカリカリな仕上げ。
後工程の鉄板。そばを茹でるところから。麺はISOMEN。茹であがった麺が鉄板で蒸し焼きにされていきます。
その上に前工程の鉄板から仕上がったものが。ちょっと距離あるんですよね。落とさない様にガンバレ!
形作られた麺の上に置かれジュウジュウと圧されてます。一度目の合体。
底になったそばは表面がカリッとなるくらいに焼かれてます。
その前で、お店の目玉とも言える黄身が二つの双子卵、二黄卵が割られます。

使用されている二黄卵、たまに一黄卵が混ざってました

先ほどの本体をスライドして玉子に重ね、二度目の合体。

卵の上にオン

玉子が固まる寸前に反して、広島の定番、甘口のオタフクソース。

青海苔たっぷり振って・・・

最後に青のりをたっぷりかけ、でき上がりです。
その時間30分ほど。
ライブを楽しませていただきました。

出来上がり!

◆そば肉玉 864円

オーダーしたのは店おススメの、そば肉玉。
複数人で利用しているので、色々オーダーして楽しめばよかったのですが、それぞれコレが食べたかった。
出来上がった、お好み焼きが目の前に。
温まった鉄板の上に置かれます。
ん~!青海苔の良い香り。

そば肉玉 864円

鶏皿の中心にオタフク顔♫

コテで自分で切り、いただきます。
嗚呼、スゴイ。
断面は綺麗に層が出来てる。そして切ってもバラけない。ミルフィーユのようで芸術的。

この層は芸術!!

店主は、お好み焼きを洋食と位置付けてらっしゃるんですよね。
生地は、ほんのりと黄みがかって、ほのかに甘い。
季節により産地を変えながら調達されている、通年安定した風味のキャベツも甘い。
そばはカリカリ部分とツルツル部分で食感比が楽しい。
得した気分になる二黄卵は、少しトロみが残ってる。
ソースは後味もよく、味わいの変化が楽しい。
別々に作られたものが一緒になった絶妙な味のハーモニー。
構造は他店の広島お好み焼きとほぼ同じですが、調理スキルと味付けと食材で、全体に旨みが浸透。

店内

店内には店で修業したのち、独立してお店を出した人の店名が額に入れられて飾られています。
その中には博多や東京など全国の地名が書かれていて、ここで学んだ広島の味が日本に広がり、食べられていることがわかりますネ。
空腹ではない状態で挑んだ、お好み焼き。
ボリュームはありますが、飽きずに食べ切れたのは美味しかったから。ご馳走様。

メニュー

メニュー 

スタッフさんが良く動き、気持ちの良い店です。
お会計は、なぜかお客に何を食べたか聞く、自己申告制(笑
お支払して、お店を後にし、市内を少し歩いてみました。
VIVA HIROSHIMA!

八昌

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:お好み焼き | 胡町駅銀山町駅八丁堀駅


line-s
07.19
広島県福山市神辺町新徳田2-391 ラジャ 神辺店。
手軽な価格のステーキハウス。一押しは、ビーフステーキ999円ライス食べ放題!
ステーキの部位はヘルシーなハラミ。
湯田村駅から608m。定休・木曜。
営業時間11:30~14:30(ランチメニューL.O.14:00)、17:30~21:00(L.O.20:30)。

入口

忘れられないステーキハウスがありました。昔、北九州市八幡西区の黒崎にあった「ラジャ」。
友人との外食を始めたハイティーン。
自分のお金で行けるお店は限られて、ステーキハウスで行けたのは「ラジャ」くらい。
友人に教えて貰った、お気に入りの店でした。社会に出ても、貧乏OLには有難いお店。
重宝していたのですが、いつの間にか閉店。
時は過ぎ、ここ数年で食べログを始めて検索していた時に見つけた「ラジャ」。
あの時の「ラジャ」かもしれないし、違うかもしれない。でも、あの時と同じロゴ。
いつか確かめに行ってみたい。それが今回となりました。
新幹線の福山駅を降りて、乗り換え。湯田村駅から徒歩圏内。
見つけた。

看板。ロゴが懐かしくて涙が出そう

懐かしいあのロゴの看板。
店前の道路は工事中。スポーツジムの敷地の一角、同建物別入口。
肉を焼く良い匂いと、換気扇フードに多量のアブラ。店の前に、木の看板。  「羅蛇亭 営業中」

店内

店内に入るとカウンター席とテーブル席。ファミレスっぽい雰囲気です。
奥の方には、ジムのプールが見えるプールサイド席あり。
道路際のテーブル席に座り、周りをキョロキョロ。嗚呼、オーナーがいらっしゃる!
お年は確実にとってらっしゃいますが、間違いない。懐かしくて涙が出そう。
忙しいランチの時間。帰りに声をかけることにしてオーダー。

ランチメニュー

メニュー

◆ビーフステーキ 980円 (ランチタイム11:30~14:30、L.O.14:00)

ビーフステーキ 999円(ライス食べ放題)

ライス(お店の装った一杯目)

おかわりセルフですが、ライス食べ放題で店の一押し。
ランチタイムL.Oを外すと同メニューは999円。ライス食べ放題は同じ。セットだとポタージュスープがついて1295円。
昔、黒崎にあったころにもよく食べていたメニューです。価格が変わってないところがスゴイ!
肉の焼き加減は聞いてくれます。ミディアムレアで。
たっぷりかけられたサラッとしたタイプの醤油系ソースが、ごはんの欲しくなる味!
大盛りキャベツと、昔からのケチャップ味つけのマカロニも一緒!ソースに浸っちゃってるけど(笑
ステーキにナイフを入れます。
ハラミの弾力。これこれ!

ステーキ断面。ミディアムで

脂身が少なく、適度な特融の噛みごたえ。肉汁じわり。嗚呼、幸せ!
これは、おかわりなくしては語れないのです。
こちらの店舗ではジャーから、おかわりを自由に装うようです。
ほとんどのお客さんが、最初に店側が装ってくれたご飯量の倍くらいを盛るおかわり。
店内全体で、もりもり食べてる感じが気持ちいい。
炊きたてのご飯が美味しい。

◆ジャンボビーフステーキ 1280円 (ランチタイム11:30~14:30、L.O.14:00)

ジャンボビーフステーキ 1399円(ライス食べ放題)

ビーフステーキの量が1.5倍くらいになります。
おかわりセルフで、ライス食べ放題なのは同じ。
ランチタイムL.Oを外すと同メニューは1399円。セットだとポタージュスープがついて1595円。
旨みたっぷりのハラミビーフステーキ。
食後に胃がもたれることがないんですよね。最近脂身が辛く感じるので、嬉しいステーキ。
脂分が低くてステーキの中ではダイエット系♫
って言っても、このご飯のススムタレは危険ですが(゚ー゚;

◆エビフライ 1095円

エビフライ 1095円

揚げたて有頭2尾。昔から豪華なエビフライでした!
海老フライの下にタルタルソースが敷かれてます。ドレッシングがかかったたっぷりサラダと。
海老フライセットは、ライス食べ放題とポタージュスープがついて1495円。
ライスは単品で200円。ライス単品もセルフの食べ放題。

◆生ビール 500円
ジョッキで供されます。

生ビール 500円

◆レモンチューハイ 400円
こちらもジョッキで。

レモンチューハイ 400円

◆アイスコーヒー 150円
ホットもアイスも同じ価格です。

アイスコーヒー 150円

ガッツリ食べました。そんな食べ方が似合うラジャのステーキ。
昔黒崎にあった、あのお店でした。黒崎の店舗を閉めて20年は過ぎています。
オーナーとも話が出来て、黒崎閉店は人不足だと言われてました。
簡単で深いとオーナーが言われる、ラジャのステーキ。
プロの料理人が目指すには飽きてしまう、フライパン料理と言われてましたね~
最盛期の店舗リストも見せて貰ったのですが、黒崎にもある頃は14店舗。
当時も九州には1店舗。北九州市の黒崎だけでした。
福山市、広島市の店舗が多く、本部を福山市に置かれていたようです。
今でも、新店出店はされているそう。
九州出店予定はなさそうですが、やっぱり近所に欲しいリーズナブルで美味しいステーキ店。
新幹線で食べに来てしまったのですが、懐かしくて美味しくて、胃袋が幸せな時間でした。

外観

さて、今から広島市内に戻ります!

福山駅前の風景。

福島駅前の風景

広島市内へ戻ります

ラジャ 神辺店

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ステーキ | 湯田村駅道上駅


line-s
07.14
広島県呉市中通1、海軍さんの麦酒舘(バクシュカン)。
ビュー・ポートくれ1階、店内で醸造した新鮮な地ビールと地元産の食材を使った料理の店。
呉駅から339m。店内90席、川岸テラス108席。
大小宴会に勝手の良い店。運営は呉ビール株式会社。
営業時間月~金17:00~23:00、 土11:30~23:00 、日・祝11:30~21:00。無休。

入口

呉の観光スポットを朝から歩いて喉が乾く。
駅からそう離れていない、こちらの地ビールが飲みたい。炎天下を歩く。
マイレビュアーさんがご子息推薦で、楽しくご利用だったことを思いつつ到着。
川岸テラスの雰囲気が良い。

外観

今の時期はビアパーティーをされてるようですが、最高でしょうね。
店内に入ったものの静かな雰囲気。
「?」
「・・・!」
そうだった。今日は平日。
昼間の時間の営業は、土日祝。
お店の方が申し訳なさそうに「販売はありますよ」と教えてくださる。
ここに入って地ビールが飲めないのも辛い。
購入することにしました。
すると「店内で召し上がって行かれてください。」好きなテーブルを利用させていただいた。

店内   

店内  

外は暑かったので有難い。
帳簿をつけていた手を止めて、何かと思えば、お店の方がお店全部の照明とエアコンを入れてくれました!
場所提供だけでも有難いのに、営業時間外ですよ!
そして、グラスとコースターまで差し出していただいて・・・
森田食堂の女将さんといい、観光で立ち寄った「てつのくじら館」のボランティアOBの説明員さんといい、こちらの方といい、朝から呉でイイヒトとしか出会っていません。
呉の地域性を肌で感じる!

こちらで作られている地ビールは4種。
内、2種をいただきました。

◆ヴァイツェン 500円 (330ml、度数5%)

ヴァイツェン

原料小麦のフルーティーな香りが特徴。白黄色でコクそこそこ。苦味少なし。
国際ビール大賞2011 金賞受賞。
アジア・ビアカップ2013 銀賞受賞。
ジャパン・アジア・ビアカップ2009 銅賞受賞。

ヴァイツェン 500円

◆ピルスナー 500円 (330ml、度数5%)

ピルスナー

ライト飲み心地、スッキリ爽快。苦味そこそこ。
国際ビール大賞2013 金賞受賞(2009、2012 銀賞受賞)。
ジャパン・アジア・ビアカップ2012 金賞受賞。

ピルスナー 500円

海軍さんの麦酒。ドイツ産の麦芽・ホップ・酵母を使用。水は呉の名水、灰ケ峰の湧水だそうです。
酵母の生きているビールは体に良いと聞きますし、その地ならではの地ビールは嬉しいですね。

店内

店内に入ってすぐのディスプレイ

店内からテラス席を見て

乾きが癒えました。
イイトコ過ぎる呉。
まだまだ行きたかった場所はあったのですが、てつのくじら館に長居が過ぎまして、次の予定ギリギリの時間です。
後ろ髪引かれながら、呉駅へ。

外観 

何線なんだろ?

海軍さんの麦酒舘

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 呉駅


line-s
07.12
広島県呉市中央1、森田食堂。
毎日20種類のおかずを手作りされてる食堂。
1913年(大正2年)創業。地元に愛され続けたお店。
JR呉駅の、すぐそば。
営業時間8:00~21:00。定休・日曜。

店前の通り

呉の朝ごはんは、ここで食べよう。スケジュールを見ながら、朝の利用を決めていました。
創業100年を超える店。それだけで立ち寄り決定でした。
呉の街の移り変りを見続けてきた食堂。
白い暖簾に墨文字の屋号、くすんだ緑のテントに、めし・丼物・酒肴。
今日は暑くなりそうだと想定出来る朝、入口の引戸は解放されていました。

外観

店内はビニールクロスのかかったテーブル席とカウンター。全部で22席ほど。
陳列ケースの中におかずが並び、壁には短冊のメニュー。

店内。女将の背中

何でもあるし、気軽で手軽なこの感じ。
100年繰り返し続けて来られたであろう光景の中に自分が居る不思議。
朝ご飯を決めて、女将に伝えます。

◆めし(中) 180円

めし(中) 180円、横は沢庵と下にお茶

小120円、大220円。この後のことを考えて中に。それでもボリュームあります。沢庵と。
森田食堂の米は、安心できるお米を三次から直送。
角一さんの家族が作った米だそうです。化学肥料は利用しない米作り。
ほかほかのご飯は、一日のスタートを充実させてくれます。

◆焼鮭 300円

焼鮭 300円

陳列ケースから出すと女将さんが温めてくれました。

◆冷奴 200円

冷奴 200円

陳列ケースから出すと女将さんが水を切ってトッピングしてくれました。

◆生たまご 70円

生たまご 70円

カウンターに価格が分かるようにして置いてあります。
出会った瞬間に卵かけご飯決定。うん至福♫

朝ごはんは食堂のTKG

◆玉子入りみそ汁 180円

玉子入りみそ汁 180円

みそ汁は100円なのに、玉子の誘惑に負けて。
落としただけのようなほぼ生の卵入り。溶いて食べちゃう。
結果、生卵と豆腐はみそ汁の具としてカブっちゃいましたけど。

テレビを見ながら、この後の観光を決めながら、元気の源、朝ご飯をいただきました♫
会計をお願いすると、パチパチパチ。ソロバンです。懐かしいなぁ・・・
お支払を済ませると、女将から一言。

「観光ですか?」

「はい!」

「どっかの入場の足しにでも。」

手の中に戻された100円玉。
えーっ!!キャッシュバック!!
大衆食堂さんが、観光客に呉を代表して歓迎してくれた気がして感激。
女将、呉のイイヒト認定。
100円。戻そうかとも思ったのですが、女将の厚意。
次に呉に来た時のご縁にして、福岡からのお土産を持って来よう。
そう決めた、呉の朝。

後々、くれ観光情報プラザが出されているグルメマップに、森田食堂の利用特典として100円値引きがあることを知りました。でも、申請せず知らない私に100円。今日日、分からなきゃいいやでサービス割愛も多いと思うんです。
このお店の利益100円の意味が分かるだけに。
呉、イイトコです。食堂の女将の情に絆される。

その後に向かった、てつのくじら館は無料。
有難い100円は、大和ミュージアムの入場量で使わせていただきました。
ありがとうございました。

・左に大和ミュージアム、右にてつのくじら

左に大和ミュージアム、右にてつのくじら

てつのくじら館
営業時間9:00~17:00、無料!!
休館、火曜・年末年始。

・海上自衛隊 呉資料館(てつのくじら館)

海上自衛隊 呉資料館

・初めて見た「機雷」(館内)

初めて見た「機雷」(館内)

大和ミュージアム
営業時間9:00~18:00、一般500円
休館、火曜。

・大和ミュージアム

大和ミュージアム

・1/10戦艦「大和」(ミュージアム内)

110戦艦「大和」

・JR呉駅

JR呉駅

森田食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:定食・食堂 | 呉駅


line-s
07.10
広島県呉市中央3丁目、たんや華智(かち)。
蔵本通り(赤ちょうちん通り)の、牛タン料理ほか単品をいただける屋台。
現在は牛尾拉麺(てーるらうめん)を前面に出されている。呉駅から徒歩10分。
呉の顔の一つである屋台再生のため、2002年(平成14年)の募集に手を挙げたお店。
営業時間18:30~25:00(麺がなくなり次第閉店)。定休・月曜、雨天。

てーるらうめん食べに来ました!

富士さんを後にし、呉屋台のハシゴ。
本日出ている屋台の中で、一番海に近い屋台、たんや華智(かち)。
紅の幕に牛尾拉麺(てーるらうめん)の文字。これがたまりません。
こちらの店内も、L時のカウンターにパイプ椅子。カウンターが少し高めで、調理の様子は見えません。
テレビがあり、ゆっくり出来ます。蚊取り線香の香り。夏間近。季節を感じますね。
一組の出張族さんが呉屋台名物を堪能中。揃って「がんす400円」を食べてらっしゃいました。
焼いて薬味を添えられたものでした。

絶対テールラーメンを食べると決めていたので、それと・・・
お宝トマトが目に入り、それに合わせてワインをいただきます。

カウンターは少し高め

◆テールラーメン(醤油) 800円

テールラーメン(醤油) 800円

骨付きの牛テールがドーンと入ってます。迫力と食べごたえあり!
手間隙かけて煮込まれたスープは肉の髄の旨み。
味はあっさり、でもコク深し。仕上げにミル挽きされる黒胡椒の香りが白髪葱と合う。

丼、横から

麺

メンマはあっさり。質良し。
大盛900円、半麺750円、替え玉100円。

◆お宝トマトとアボガドのサラダ 600円

お宝トマトとアボガドのサラダ 600円

お宝というだけあって、甘い完熟トマト。
ひと玉が丸々使われてます。
アボガドと交互に並びドレッシング仕上げ。

イタリアン屋台っぽくなった絵

◆グラスワイン(白・赤) 500円
銘柄は聞く間が無かったですが、飲みやすいワイン。

グラスワイン(赤) 500円

グラスワイン(白) 500円

ボトルは2000円。

こちらの屋台にもテレビが・・・

テールラーメンメニュー

ドリンクメニュー

1987年(昭和62年)、呉の中心部を南北に貫く蔵本通りを整備することにあわせて、広島県・呉に点在していた数十軒の何軒かを1ヵ所に集めようという動きが呉市で起こり、出来たのが屋台が並ぶ「赤ちょうちん通り」だそうです。
道幅拡張、歩車道や緑地の整備、アンティーク調の照明灯などを設置。
屋台専用の水道や配水管、電気コンセントを備えるなど、行政が積極的に取り組み、銀杏並木に赤提灯が並ぶ風情。
経営者の高齢化などにより、店は年々減り次なる策は、2002年(平成14年)の新規出店募集。
28軒あった屋台が、当時は8軒しか残ってなかったそうです。
新規出店募集には47軒の応募があり、そのうち採用された7軒の内の1軒がこちら。
それまでの屋台のイメージとは違う店が採用されたのですって。
新規で出店した屋台の料理はすべて異なるとか。料理が楽しめる屋台通りですね。
店主の池田智昭さん。九州のご出身とか。お名前の一字を屋号に使われたんですね。

外観

呉市役所前。
夕闇のなか、屋台の提灯の赤い明かりが映える、赤ちょうちん通り。
現在全部で15軒が営業されているとか。
行政が屋台を積極的に支援する珍しい例ですね。
地元北九州小倉の屋台が風前の灯火なので、とても羨ましい。
だいたい夕方4時ごろからセッティングが始まって、5時~6時ぐらいから営業開始という店が多いそうです。
定休日は各屋台別。金曜・土曜は、ほとんどの屋台が出ているとか。

屋台の通り

新旧融合の様相を呈している呉屋台。
呉屋台を支えているのは、行政と屋台店主と客でした。

屋台の通りで

たんや華智

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ラーメン | 呉駅


line-s
07.10
広島県呉市中央3丁目、富士さん。
蔵本通り(赤ちょうちん通り)の、中華そばとおでんと鉄板焼きの屋台。
1974年(昭和49年)創業の、今年で創業40年になる老舗屋台。店主は二代目の山内さん。
呉駅から579mの徒歩圏内。営業時間19:00~26:00。定休・火曜。

外観

家族と広島へ行こうと言うことになり、仕事を終えた平日の夜、小倉から新幹線で広島へ。
乗換、向かった先は呉。
初日の夜に行きたかったのは呉の屋台。
電車からの景色をずっと見ていたら、次は呉。
「次は、くれー(↑)、くれー(↑)」
アナウンスは、思っていたのと違うイントネーション。楽しくなってきた♫
ホームの発着メロティは、戦艦ヤマト。
駅を出ると午後10時をまわっており、急いでホテルに荷物を預ける。
タクシーが良いのではないかと言う家族。
フロントに聞くと、その子は呉女子で「地元の人は歩きます」とおっしゃる。
蔵本通りを歩く。
前方に赤提灯が見えて来た!
来たかった呉屋台を前に興奮状態。半数くらいだろうか。6軒くらいが見て取れた。
行きたい屋台があるのを確認。

この暖簾が生で見たかった!

暖簾の外から、足元が見え、空席が確認出来る。
青地に富士山の絵。間違いなく、富士さん。実物の暖簾に触れながら潜る。
先客2組。L字のカウンターは8席。喫煙可で、テレビあり。店主一人で対応。
福岡の屋台はベンチタイプが多いですが、呉の屋台はパイプ椅子でした。座りやすい。
ホワイトボードに書いてあるメニュー。
常連さんの希望で生まれた人気の名物料理・ホルモン焼きそばもある。
先ずは、おでん。
あ、豚足も。
食べ過ぎるかな。もう一軒行きたいし。
ホルモン焼きそばは、ボリューム押さえて焼きそばにしよう。

◆おでん(100円、120円)

・たまご、大根 100円、鶏もつ120円

たまご・大根・鶏もつ

・がんす 120円

がんす

食べたいものが多くて、押さえてこの4品。おでんメニューに店主カープファンのマーク見つけ。

おでんメニュー

たまご・大根・鶏もつはすぐに出されました。がんすは少し時間がかかるとのこと。
オーダー後、袋から出された「がんす」は、おでんの仕切りの出汁にダイブ。
卓上の練辛子をセルフで取り、いただきます。
鶏もつだけが煮込まれ過ぎてましたが、美味しいおでん。お出汁が良いです。
がんすが出来上がりました。地元では見ない、がんす。
かまぼこ原料のすり身に野菜や一味唐辛子などが入り、長方形に成形、パン粉を付けて揚げたもの。
生産量は減ってるそうですが、広島市の草津地区や呉、対岸の愛媛作られてるそう。
地元のスーパーなどで販売されているとか。
うん。おでんネタとしても良いですね。野菜の食感が面白く、後引く食味。

先客も観光客。「がんすって何?」って話になってました。
名前の由来は、広島弁の「がんす」(「~です」「~でございます」の意味)。
広島市西区草津の蒲鉾屋 網節商店(閉店)、または、呉市広の岡本蒲鉾店が最初に名づけたなどの説があるようで、そんな話が屋台内に飛び交いました。

◆豚足 600円

豚足 600円

鉄板で焼かれます。ジューッと鉄板に押し付けられる豚足。
骨離れは良くないですが、骨までしゃぶるのが豚足の醍醐味。
量は多め。味はあっさりとした塩胡椒味。豚耳も食べたかったですね~

◆焼そば 650円

焼そば 650円

中華そばと同じ麺が使われるのですね。茹で上げられた麺が、鉄板に移され焼きそばが出来ていきます。
濃過ぎないソース味。野菜と豚肉と細めん。青海苔の良い香り。
これは飽きずに食べ続けられます。美味しい。

◆お酒

・生ビール(一番搾り) 500円
梅雨の晴れ間で暑い日でした。先ずは、生一杯。

生ビール(一番搾り) 500円

・焼酎(黒霧・水割りで) 400円
数種ありますが、飲みなれたものをいただきました。

焼酎(黒霧・水割りで) 400円

・梅酒(五代梅酒焼酎造り・ロックで) 450円
デザートです(笑 
甘くコクがありますが、サラリとした後口。

梅酒(五代梅酒焼酎造り・ロックで) 450円

メディアで紹介されることも多かった、富士さん。
あっさりした醤油スープの中華そばも人気の一品。
私たち以外の方は、〆に中華そばを食べておられました。
現在の店主・山内さんは、創業店主である父親を継いだ2代目で、4人兄弟の末っ子だそうです。
屋号は母親の名前、富士子さんから。納得です。

こんな席

全国でも珍しい電気と上下水道が整備されている屋台通り。
利用させて貰った印象は、とても綺麗で屋台ですが衛生的。

屋台なのにテレビあるんですよね~

1987年(昭和62年)、蔵本通りの整備に併せてバラバラに出ていた屋台を1ヵ所にし、赤ちょうちん通りが誕生。
2002年(平成14年)6月に新規屋台を公募で募集。創作料理など今までにないジャンルの店が選ばれたそうです。
老舗の富士さんを後にして、新規屋台へと向かいました。

ご馳走さま~、また来れるかな~

富士さん

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:ラーメン | 呉駅


line-s
07.10
北九州市八幡西区八枝4、資さんうどん 永犬丸店。
1976年創業、北九州発祥の饂飩チェーン、資さんうどん。
365日24時間営業。北九州・福岡を中心に只今35店舗。
こちらは店舗数の一番多い八幡西区の一店。
郊外に広い駐車場を構える一軒家の多い資さん。永犬丸店の駐車場台数43台。

外観

写真を整理していたら、こちらの店舗で食べたものの量が溜まり始めたのでレビューします。
店舗は、永犬丸四丁目交差点そば。
歩ける範囲の近隣住人以外、大半は車での利用。私もです。
入口に豊富なメニューのディスプレイ。
店内に個室はなく、テーブル・小上がり・カウンターの空間。
客層は、老若男女。お一人様から、小さな子供さん連れの家族まで。
テーブル席に腰掛け、さぁ今日は何にしよう。
うどん・そば・丼、ご飯ものから、おでん、ぼた餅まで。
24時間営業らしく、時間帯で朝食もありますし。

見ちゃってください、このメニュー量。
暑くなってきましたので、夏メニューも出ました。

夏のメニュー

◆冷やしかけ鶏天セット 570円

冷やしかけ 鶏天セット 570円

夏季限定メニューから。冷やしかけのみだと、320円。
風味豊かな旨味がある黄金つゆは、各店で1日数回仕込みをされてるそう。
鯖とうるめの削り節と昆布、椎茸、追い鰹、厳選薄口醤油のつゆ。
冷やかけだと、味が際立つ感じです。
うどんは麺の太さを選べます。細めんは、ひやむぎと同じ太さ。
普通の太さのうどんは、温かいうどんと比べて麺はキュッと締まった食感。
冷たいつゆが、揚げたての鶏天と合う。

冷やしの麺は硬め

鶏天、柔らか

◆肉&ごぼ天 640円

肉&ごぼ天 640円

人気のトッピングの組み合わせ。
資さんうどん最強コンビ、肉とゴボ天のWのせ。家族は必ずこれを注文します。
ちなみに、トッピング肉だと540円、ゴボ天だと420円。
麺は、うどん・そば・細めんから選べます。
プラス60円で大盛り可。
うどん麺は、表面が柔らかく中心は歯ごたえが残ります。
北九州の自社製麺所から、毎日各店に作りたてを配送。
原料の小麦粉は、オーストラリア産と国産(北海道・九州)、資さん専用のうどん粉らしいです。

◆かつとじ丼(みそ汁付) 660円

かつとじ丼(みそ汁付) 660円

人気のかつとじ丼。ちなみに、みそ汁なしにしても660円。
玉子の具合はトロトロ仕上げ。甘辛つゆだくな、かつ丼です。

カツ、こんな感じで

この資さんの「かつとじ丼」。
食べログ北九州レビュアーズミーティング◇選抜「丼」決定戦】のノミネート丼です。
ノミネートno.⑫資さんうどん・かつ丼。

資さんの「かつとじ丼」

◆ビール(中) 500円

ビール(中) 500円

アルコールは、日本酒・ビール・焼酎あり。
ビールは中瓶。恵比寿と黒ラベルの2種。同じ価格です。
グラスに資ロゴが入ってます(笑

極上の何かがある訳ではないですが、通っても飽きない味。
卓上には、天かすとか、漬物とか、トロロ昆布が置かれ、箸は樹脂のエコ箸。
紙ナプキンにも湯呑にも皿にも、そして蒲鉾も「資ロゴ」入り。
マーケットに入ってくる他地域のうどんチェーンと本日も元気に戦ってます。
空気のような存在で、北九州になくては困る資さんです。

広い駐車場

看板

資さんうどん 永犬丸店

夜総合点★★★☆☆ 3.6

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:うどん | 今池駅永犬丸駅


line-s
07.08
北九州市小倉北区魚町4丁目、たんが食堂 魚屋のまかないごはん 空(くう)。
モノレール旦過駅を降りて1分。旦過市場へ向かう路地の路面店です。
旦過市場の人の「まかない飯」を食べさせる食堂のつもりが、美味しいので一般の人にも食べさせてあげたら!
と言われたのが、始まりだとか。席数10とこじんまりしたお店。
お店の屋号は店内に飾られている絵、芸術家黒田征太郎さんのKuのサインから。
2010年10月開業。店主は田中祥隆さん。
昼の営業時間11:40から売切れまで。夜の営業時間18:00から売切れまで。定休・日祝。

入口

只今【食べログ北九州レビュアーズミーティング◇選抜「丼」決定戦】実食中。
ノミネートno.⑨空・海鮮丼。
ランチタイムに、食べに行ってきました。
なんてったって人気店。ランチにありつけるかが最大の課題。
昼の営業時間前、まだ暖簾の出てない15分前に行きました。
一番のり。その後、暖簾の出る頃には行列。

看板

開店同時に店内へ。相席必須な状況です。
その後は行列なのですが、1席空いたら1人で待ってる人ではなく、あくまで並び順。
状況による順番飛ばしがないので好感持てます。
店内に入ったお客も、並んだ順でのオーダー。オーダーも順番飛ばしません。
売り切れるお店なので、このルールはきちんと守られているのでしょうね。

お昼のメニューはこの日7種。

ランチメニュー

定食から、丼・膳まで。
ごはんのおかわり100円、半分50円。
限定数のある定食と丼は価格も魅力的で触手は動きますが、本日の目的は海鮮丼。

◆旦過 海鮮丼セット 1200円

旦過 海鮮丼セット 1200円

丼セットですが、膳のようなセットです。
海鮮丼と小鉢が2品、茄子の煮浸しと冷奴、味噌汁、漬物。
上品で綺麗なセットです。
醤油に山葵を溶いて、海鮮丼に回しかけいただきます。

旦過 海鮮丼

丼は炊きたての美味しい白ご飯の上に、旦過の魚屋かじはら自慢の魚介。
ごはん量は少なめですが、魚介の質は最高。文句なしです!鯨ベーコンまでついてました。
内容は店主自ら丁寧に説明してくれます。
前回利用時の、夜のおまかせが、あまりにもお得たったので、どうしても比較になっちゃいますが、秀逸な内容。
他の方の定食など見ましたら、そちらは価格比だとすごく良い感じ。
お昼の贅沢メニューにしなくて満足度高そうです。

ご馳走様でした。
さすが、旦過の鮮魚店「かじはら」直営。

かじはらさんの写真。

旦過市場内、魚屋かじはら

また訪問します♫
<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 旦過駅平和通駅小倉駅


line-s
07.07
山口県下関市竹崎町2丁目7、おかもと鮮魚店。
鮮魚店直営で、昼から居酒屋を楽しめるお店でもあります。
鮮魚を、刺身、焼物、煮物、鍋など要望にあわせて調理してくれる。本場下関の「ふく」も年中いただける。
JR下関駅より徒歩5分、駐車場なし。
営業時間 11:00~23:00。定休・日曜(月曜が祝日の場合、日・月連休)。禁煙席なし。

外観

「海鮮丼と言えば、おかもと鮮魚店でしょ。」
北九州のマイレビュアーさんの発言。
只今【食べログ北九州レビュアーズミーティング◇選抜「丼」決定戦】のノミネート丼、実食中。
北九州市内ではなく下関ではありますが、こちらも上がってます。
ノミネートNO.③おかもと・海鮮丼。
平日ランチタイムに、食べに行ってきました。
下関駅からのアクセスが良いのに、車で来てしまった私。
駐車場がなくて、周辺をウロウロ。満車の駐車場が多く、少し離れたコインパーキングをやっと発見。
ここかぁ・・・
大きな通りから離れ、知る人ぞ知るな店の位置。

通り

鮮魚店の飲食店らしく、店前に調理した魚のヒレが干されてます。

店頭で乾かされていたヒレ

嗚呼、ヒレ酒飲みたい❤
ですが、本日車ですし、目的は丼。

何処が入口?と迷いながら入店。
鮮魚の販売コーナーを目にして、奥の飲食コーナーへ。

店内

店内 

テーブル席を利用しました。
奥に座敷が見られます。
決してお洒落ではない、居酒屋風店内。
でも、この雰囲気、好きな人は好きですよね~
メニューは充実してます。単品も豊富。
何より、鮮魚の販売から選んで調理も可能なのが楽しいですね。
さ、私は海鮮丼。 ←他に目がいく。
冷たいお茶がテーブルに届けられました。大量独り占め。

冷茶が出ました

冷たいおしぼり

◆海鮮丼 1000円
皆様の過去レビュー拝見してましたが、2014年4月の増税後も同じ価格のようです。
先に丼のタレと漬物が用意され、ほどなくして海鮮丼。
わぁ♫

海鮮丼 1000円

海鮮丼、横から

噂に違わぬ鮮魚盛り。
胡麻たっぷりのタレをかけていただきます。

猪口に入った丼のタレと漬物

ほかほかの白ご飯に、蟹・海老・蛸・烏賊・ヒラス・赤身・貝柱・サーモン・キビナゴ・シラス、イクラに海ぶどう・・・
10数種の魚介。虹色に輝いて見えます。
魚のアラの味噌汁がついてます。

魚のアラの味噌汁

満足度高いですね~
あっと言う間に完食です。
ご馳走様でした。

丼も良かったですが、居酒屋使いしたいお店でした。

看板

おかもと鮮魚店

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:居酒屋 | 下関駅


line-s
07.05
北九州市小倉南区日の出町1、留さんうどん。
どきどきうどんが食べられる店。麺は白と蓬(よもぎ)。
モノレール競馬場前駅より徒歩8分。322号線沿いのゲームセンターメッセ向かい。
営業時間10:00~14:00。現在はお昼のみ営業。定休・月曜、火曜。23席。店内禁煙。
駐車スペース店の両サイドに合わせて5台。

外観

「どきどきうどん」とは何ですか?
とおっしゃる方の為に、北九州の狭域エリアでのみ味わうことのできる、郷土うどんに触れておきます。他店のものではありますが、どきどきうどんの由来はこう言われて います。
留さんうどんは、よもぎ麺もある「どきどき」店。
そして、肉めしが北九州レビュアーの中で話題となってますので、それも食べたくて2度訪問してきました。

店内カウンター席

どきどきうどんの店舗の中では、比較的新しく綺麗なお店です。
郊外店が多い特徴があり、こちらも。駐車場は5台。2度とも上手く停められました。
店内は入って左手にカウンター席。右手に小上がり席。子供さん連れも利用しやすそう。禁煙ですしね。
メニューはパウチされたものが一枚。

メニュー

1回目の訪問は、先ず、おススメの肉うどん。
2回目はざると肉めし。
メニューはかけ、肉うどん、ざるうどん、てんぷら・ご飯類です。
シンプルな構成ながら、量は自分で決められて有難い感じ。
飲み物は、お店の用意されてるお冷のみ。アルコール・ソフトドリンク類なし。

◆肉うどん よもぎ 並盛 600円

肉うどん よもぎ 並盛 600円

綺麗な翡翠のよもぎ麺!

肉うどんは、麺が「よもぎ」と白から選べます。
サイズも、ミニ・並・大・特と、肉の量の多い肉肉。平均的に並いただきました。
少々待ち時間あり。
茹で蓬をたっぷり(20g)練りこんでいる緑の麺が美しい。食物繊維が豊富で栄養満点。
もちもちしていてコシもあり。喉ごし良いです。
お出汁は醤油ベースで見た目ほどの濃さを感じません。
肉は「どきどき」とライトな普通が用意されてます。写真は普通の方。
甘辛く煮られたブロック形の肉が美味しいんです。
どきどきうどんに付き物の、おろし生姜と鷹の爪を入れて、体もポカポカ。

◆ざるうどん(細麺) 並盛 500円

ざるうどん(細麺) 並盛 500円

並、大、特があります。麺の特性から考えると良心的な価格。
オーダーから7~8分。
ざるは「よもぎ麺」のみ。ホウレン草を練りこんだ麺を一般的に翡翠麺と言いますけど、それ以上に美しいかも。
麺が良いので、これまた喉ごしがキレイ。麺ツユには、葱と山葵が添えられて。

ツヤ・モチッな、よもぎ麺

ハーブの女王と言われる蓬の効能は、店内にも説明書きしてありました。

ハーブの女王

◆肉めし 300円

肉めし 300円

甘辛ドキ肉とタレが旨い。ご飯の上の天かすが食感のアクセント!

小ぶりのご飯茶碗。
ほかほかご飯の上に天かす。その上に肉。トッピングに葱。
ご飯には、そのタレがほんのりかかってます。
「~!」美味しい。
甘辛く煮込んだお肉と、天かすと、ご飯のバランスが最高。

肉めしのある店内風景

単品では頼りない量かもしれないですが、ざるうどんとでしたので丁度良かった。
うん。肉めし、おかわりして二杯でもいいかも(笑
ホットペッパーのクーポンで250円になります。現在の有効期限、2014年7月末日まで。

これもどきどきうどん店の特徴の一つですが、店内でお漬物のサービスされています。
自家製の漬物、ぬか漬け2種をセルフで。

サービスのセルフお漬物

漬物二種盛り (2)

いやいや、大満足。
北九州レビュアー仲間で、何故か「どきどきうどん」を朝から3軒まわって食べる過酷なオフ会をしたりもするのですが、こちらは、昼営業なので機会を逸してました。
お気に入りに入ります!

卓上。手前は、どきどきうどんアイテムのおろし生姜と鷹の爪

◇幻の名物肉うどん【どきどきうどん】過去訪問店
◆其の壱「よもぎうどん いわさき
◆其の弐「十八番
◆其の参「肉よも亭
◆其の四「久野
◆其の五「さんさん堂
◆其の六「めん処 たけや
◆其の七「ふじ岡
◆其の八「手打ちうどん 山ちゃん
◆其の九「ゆう

◇お暇な方は、北九州レビュアーが行っている【食べログ北九州レビュアーズミーティング◇選抜「丼」決定戦】も覗いてやってくださいませ(笑
http://c.tabelog.com/kitakyushu/topicdtl/4405/
ノミネートNO.⑭「留さんうどん・肉めし」です。

留さんうどん

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:うどん | 競馬場前駅守恒駅


line-s
07.03
北九州市小倉北区京町3丁目5番地、パンチのフレンチ。
屋台街、小倉十三区11番のフレンチ店。
料理人一筋42年の御厨店長が腕を振るう洋食・フレンチ店。
2014年6月、タコバーハチから屋号とコンセプトを変更。
営業時間17:00~23:30。定休・月曜。

外観

串揚げ たむたむを後にして、入った隣のお店。
あれ?屋号が違う。
先日まで、タコバーハチだったはず・・・
店前に派手に出された店長写真。
人と店の位置は変わらず、屋号とコンセプトを変えたのだそうで。

店内

店内 

煙から逃れて、パンチの禁煙店内へ。
他店と同じく店内はカウンター6席。
他にお客は居ず、私たちだけでゆっくり出来そうです。

店長の紹介

それにしても、屋号が「パンチのフレンチ」って(笑
前のお店は関門蛸を全面に出して、今回はシェフのヘアスタイルとキャリアがウリ。
関門蛸も地元らしさは出てましたが、パンチパーマ発祥の地、北九州ですから、らしさ倍増。
料理人歴も長い店主ですが、パンチ歴も20年を越える本物。
腕組みも似合うし、黙ってたら怖い(笑
見た目によらず(失礼!)受賞歴やメダルなどを店内に並べてありました。

お腹はいっぱいなんです。
とりあえず、ワインをいただくことに。
だけじゃ何だから一品。

◆タクン・レセルヴァ(チリ) グラス 480円、デキャンタ 1280円、ボトル 1980円。

タクン・レセルヴァ(チリ) グラス480円、デキャンタ 1280円

マイレビュアーさん、おキニのコロンとしたデキャンタ

デキャンタでいただきました。
商品名のタクンは、南米マプチェ民族の言葉で月食や日食を意味するとか。
その日は祭り日となり、ワインで祝ったといういわれに由来。
熟したプラムやラズベリーのような果実味。ほのかにバニラ風味。パスタ・肉料理と会う赤ワイン。

◆厳選生ハムのレモンドレッシング 700円

厳選生ハムのレモンドレッシング 700円

レタスとプリーツレタスの上に生ハム。オニオンスライスとレモンをのせてレモンドレッシング。
さっぱりとした味。ボリュームもしっかりあり。

店長を巻き込みトークタイム。
店長の方言が過ぎて、通訳に入るほど盛り上がってしまいました。
強面店長、面白い人です(笑
チューハイもいただいたりして。チューハイ5種。各400円。

グレープフルーツチューハイ 400円

アルコール、ノンアル一通り。屋台街らしい価格設定です。
料理は、洋食・フレンチのアラカルトが並んでいます。
今月、業態を変更したばかり。
コース料理がcomeing soon・・・

メニューの表

メニュー内、衝撃の事実

価格設定も含め、屋台街でいただけるフレンチコースを楽しみにしておこうっと♫


~小倉屋台街 小倉十三区~
現在の店舗でレビュー出来ているのは、こちらを入れて6/13 (内一区画募集中)
・十三区 4番 あしたのジョー(炭火焼)
・十三区 9番 だんらんや(魚料理)
・小倉十三区10番 たむたむ(串揚げ)
・十三区11番 パンチのフレンチ(洋食・フレンチ)
・十三区12番 ラ・コメータ(イタリア料理)
・十三区13番 角打 らく(焼鳥・おでん・おはぎ)

パンチのフレンチ

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:フレンチ |


line-s
07.02
北九州市小倉北区京町3丁目5番地、串揚げ たむたむ。
屋台街、小倉十三区10番の揚げたて串揚げが自慢のお店です。
メニューは串揚げセット、串揚げ単品、揚げ物。アルコール・ソフトドリンクが一通り。
営業時間17:00~23:00。定休・日、祝。

外観

北九州屋台街、小倉十三区。小倉の飲食を盛り上げようと、2012年10月1日オープン。
駅から徒歩3分ほどの好アクセス。
約240㎡の敷地内に、焼鳥、鉄板焼き、おでん、バルなど飲食店13店舗。
各店舗内はカウンターで6席程度。
屋台街の中央に約90席の共有飲食スペースがあり、どのお店からも注文OKなシステム。
共有部分での飲食は13店舗のどこのお店のものでも注文出来ますが、ドリンクは座った前の店舗から注文がルール。
お通しが一律200円のようです。

共有スペースに座りました

この日、三次会で小倉十三区を利用。
中央の共有飲食スペースの空いてるところに着座。
串揚げ たむたむ前です。
お通しに出されたのは、枝豆。
お店のウリっぽいお品書きの頭に書いてあるセットを頼んでみました。

◆生ビール+串揚げセット(5本) 1000円(税込)

キンキンに冷えた生ビールと、串揚げ5本。

串揚げ(5本)

生ビール

串揚げは、海老・豚パラ・鶏つくね・野菜2種。茄子がトーンと上にのっかってますネ。
ソースと塩が添えられます。
揚げたての串揚げは軽い。
生ビールとセットにしない、串揚げのセットは650円(税込)。
単品でのオーダーからすると、かなりお得になってます。

ゼリー状のリンゴ酒もいただきましたが価格失念。

ぷるぷる林檎酒

メニュー

メニュー 

メニュー  

良い気候の日でした。
小倉十三区の両サイドのドアは開け放たれ、風が抜けて行きます。
ここで、風上の席にスモーカーカップル。
煙が全部直撃してくる環境に。
こちらは清算して、お隣の店内カウンターへと移動しました。

たむたむ

夜総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:串揚げ | 平和通駅小倉駅旦過駅


line-s
07.01
愛知県半田市清水北町一番地、総本家 田中屋。
知多半島の特産銘菓「生せんべい」の名店。
450年を超える歴史のある和菓子で徳川家康が初めて口にしたと言われる、生せんべい。
半生菓子で、もちっとした食感。ほのかに甘味。
営業時間8:30~17:00。定休・日曜(祝日営業)。

生せんべい

裏

いただきものでしたが、食して忘れられない餅菓子でしたので忘備を兼ねてレビューします。
箱の中に並ぶ個装された四角い餅が放送されたような外見。
触ってみると中身が柔らかいのが分かります。
切口から縦に袋を開けると、素手では少しべたつく、外郎のような手触り。
パクリ。

外郎(ういろう)のような生麩のような触感。素朴な甘み・・・
外郎やすあまの好きな方なら、好まれる和菓子ですね~
かく言う私も、大の外郎好き。
気づいたら、一人で結構な量を食べていたのでした。
小腹が空いたときに良さそうな餅菓子。
添加物など入らず、子供さん達にも安心して与えられそうです。
通販取り扱いあり。

◆生せんべい(半生菓子)24ケ入

箱24ヶ入り 白・黒入り 1300円

白・黒入り 1300円
白・黒・抹茶入り 1500円
原材料名、米・黒糖・上新糖・蜂蜜・食塩・小麦粉
食品添加物未使用、高温殺菌にて衛生配慮。
賞味期限7日間(夏季:7~9月は、6日間、抹茶は4日間。

いただいたのは、白と黒。個装になっていて、1つ45g。
原材料は、黒は米、黒糖、食塩、小麦粉。白は、米、上白糖、蜂蜜、食塩、小麦粉。

主成分は米粉。
水で練って蒸して団子状にし、砂糖やはちみつなどの甘味を加えて生地が作られるようです。
薄く延ばしたものを切って乾燥させるそうです。
完成した生せんべいは、三枚重ねで1枚の形。これは重ねることで空気が入り、旨みが増すからなのだそうで。
生せんべいのルーツは、1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いの時に、徳川家康が母親(伝通院)のいる知多半島へ逃れる途中、百姓の庭先に干してあるせんべいを生のままで献上させたことが始まりとか。
名古屋の外郎、京都の生八つ橋などの類似した餅菓子のルーツは、生せんべいとも。
初めて食べた私には、インパクト大な歴史ある餅菓子でした。

さすが知多銘菓。受賞歴もズラリ。
第二回全国和菓子大品評会大臣賞受領(昭和三十九年受賞)
第十九回全国菓子博覧会名誉金賞受領(昭和五十二年受賞)
第二十一回全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞受領(平成元年受賞)

総本家田中屋和菓子 / 住吉町駅知多半田駅半田口駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


line
stamp
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。