line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
06.29
大阪府大阪市北区天満橋1、ザ パーク。
帝国ホテル大阪1階のロビーラウンジです。
ホテルのテーマ、水、緑、花、光と影を表現した24mの吹き抜けのアトリウム、水のオブジェ。
窓からの陽光が明るく、隣接する遊歩道の緑と景色が開放感あふれる空間。
日本紅茶協会認定店。ペストリーセット1620円、コーヒー・紅茶1190円~
営業時間、平日11:00~20:00・土日祝9:00~20:00。無休、席数119。

入口

帝国ホテルの2階フロントロビーから見える、吹き抜けの高い1階のロビーラウンジ。
ランチタイムには、ガーデン・ブフェ(11:30~14:00)が行われており、ディナータイムには常時ではないものの、帝国ホテル「発祥」の「バイキング」をされているようです。
メインはラウンジ。軽食とお茶を楽しむ空間です。
何度か利用させていただいてますが、ケーキセットで、お茶利用。
ランチ・ブフェとは席を分けて案内されす。直近では、アフタヌーンティーを楽しみました。

日本紅茶協会認定店です。認定書が店の表に

◆アフタヌーンティー 3030円(税込・サ10%別)

・フレンチペストリー(お好みのペストリーを1個選択)
・プティフール(チョコレート・マカロン・フィナンシェ)
・ホテルメイドのスコーン(クロテッドクリーム・ブルーベリージャム添え)
・カップケーキ
・フィンガーサンドイッチ(チェダーチーズ ハム・ツナマヨネーズ レタス・サーモン ポテトサラダ ケッパー リーフレタス オニオン)
・ドライフルーツ(マンゴ キウイ イチジク)
・コーヒー又は紅茶又はハーブティー

アフタヌーンティー 3030円

<紅茶のメニュー>
・オレンジペコー
・ダージリン
・アッサム
・アールグレイ
・ウバ
・アフタヌーンティー・フレンチ
・カモミール
・ペパーミント
・アップルティー

アフタヌーンティーらしく紅茶にしました。
紅茶のシャンパンと言われるインドの茶葉、ダージリンをセレクト。

ダージリン

ストレートやミルクで香りを楽しむのが良いのでしょうが、帝国のレモンの供仕方が好きなのでレモンティーに。
紅茶の準備が先にされます。
ポットコースターにダージリンの刺繍。全種あるのでしょうね。

茶葉をダージリンにしましたら、ポットコースターがこのように

帝国ホテルのポットカバー

紅茶ポットに保温のカバーも、良いタイミングで持ってこられますし、紅茶が出過ぎる頃になると、これまた良いタイミングで、さし湯の登場。流石だと思いますね。
レモンの皮がこれくらい丁寧に剥かれているところも少ないかと。

レモンティーのレモンは丁寧に皮が向かれて

良いタイミングで紅茶の注し湯

アフタヌンティーの三段プレートはテンション上がります。紅茶もたっぷり、軽食、スイーツもたっぷり。
温かいホテルメイドスコーンに、クロテッドクリームとジャム。これが大好きです。

上のプレート

中のプレート

下のプレート


帝国のペストリー(ケーキ)の中では、モンブランが好き。手がかかってます。
チョコレートフィナンシェの土台に、ガナッシュとメレンゲが並んで、その上下に薄いチョコ。
その上にクリームシャンティ。表面に国産蒸し栗のペースト。上とサイドにもチョコ。
サイドのチョコは、IMPERIAL HOTELと印刷されてます。
トップにはヘーゼルナッツのアクセント。金箔がキラリ。栗の渋皮煮のハーフにケシの実でビジュアル表現。
毎回、この複雑な味を、ゆっくり楽しみます。宿泊時に部屋にも頼んでしまう、お気に入りケーキ。
ザ パーク前のテイクアウトコーナーでも販売中。

帝国ホテルのモンブラン

1階ロビー特設売り場

窓からの景色に季節の移り替わりを感じられるラウンジ。
桜の季節や新緑の季節はとても良いです。
帝国のオールドファッション バターミルクパンケーキもいただける癒し空間です。

店内 

お昼の12時になると生演奏が始まります。1時間くらいかな?
奏者はいつも、ドレスの女性がお一人。
バイオリンだったり、フルートだったり、クラリネットだったり・・・

外観 

この日は、クラリネット。
クラリネットのソロに合う、メンデルスゾーンの「春の歌」が聞こえてきました。

外観

帝国ホテル 大阪

ザ パーク

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 桜ノ宮駅大阪天満宮駅天満駅

スポンサーサイト

line-s
06.28
大阪府大阪市北区曽根崎新地1、鮨 村上二郎。
北新地駅から98m、森ビル1階。2014年5月12日オープン。
出身店のさえ喜と隣合せの位置。
営業時間18:00~26::00。定休・日祝。

外観

鮨「村上二郎」開店のご案内をいただいた。
北新地にて開業6年、ミシュランの★星獲得の鮨「さえき」店主佐伯さんが「私と共に歩んでまいりました村上二郎が、開業する運びとなりました」とご挨拶。
その横に、師匠に並んでのご挨拶の村上二郎さん。並んだのは挨拶文だけでなく店自体も!
元気な笑顔を思い出し、お店を訪れました。
開店日から9日経った平日の夜。
お店は師匠の店の一つ奥。さえ喜の移転前の店舗。
紺の暖簾。最近、視力が落ちて暖簾の屋号が「おとこ所」に見えました(汗
表札がそのまま使える看板も良いですね。漢字四文字が男前。
多くの方にフルネームで覚えてもらえるでしょうね。

店内

店内に入ると、カウンター8席のみ。席に着くと、好き嫌いを聞いてくれます。
さえ喜では、魚をバットに入れて見せてくれていた二郎さん。
こちらでは大きなネタケースがあり、魚が見えるのが楽しいですね。
二組のお客さんが入っておられ、一組は顔見知りの大阪レビュアー様・・・お声を掛けて良いのかどうか。
無視するのも失礼、ご挨拶のみ。嗚呼吃驚した。
生ビールを一杯貰い、おまかせです。ビールはプレミアムモルツです。

生ビール(プレミアムモルツ)

<小料理>

・汲み上げ湯葉、大間紫雲丹

汲み上げ湯葉、紫 大間雲丹

・明石の鯛、淡路の油目

明石の鯛、淡路の油目

・初鰹の漬け、自然薯山葵漬け、モロヘイヤソース

初鰹の漬け、自然薯山葵漬け、モロヘイヤソース

・目光一夜干し

目光一夜干し

・愛媛鳥貝しゃぶしゃぶで

二郎さんの手

さえ喜さんのところでも、クツクツと土鍋を煮立てていたのは二郎さんでした

愛媛鳥貝しゃぶしゃぶで

・毛蟹の蒸し寿司

蒸し物

毛蟹の蒸寿司

最初のアテに引き寄せられる大間生雲丹、次につくりで刺身。
刺身に添えられる昆布醤油は昆布が濃厚で醤油と言うか刺身ですくえる濃度。刺身に纏わりつく旨み。
初鰹はまだ脂がのってないからと自然薯のタタキと山葵漬け添え。ソースにモロヘイヤと卵白の温玉和え。体に良さそう。
焼き物に目光の一夜干し、黄身醤油で。柚子の香り。大根、醪、唐墨と。
さえ喜の時から、彼の担当だった土鍋。
今日は、鳥貝のしゃぶしゃぶ。若布菜を使用。トロトロのお出汁が旨い!
鳥貝の食感もよく、今日はこれが一番かも。
贅沢な毛蟹の蒸し寿司。蒸し寿司のイメージとは別物の和風リゾットのよう。お米の仕上がりアルデンテ。

<鮨>
ブロックをスライスした生姜が鮨皿に置かれます。
一緒にキャベツの漬物。ふんわりと紫蘇の香りがして美味しい。
鮨は一仕事してあり、そのまま頂きます。

・赤身漬け

赤身漬け

・中トロ

中トロ

・細魚昆布締め

細魚昆布締め

・小鰭

小鰭

・金目昆布締め炙り

金目昆布締め炙り

金目のお目目

・剣先烏賊

剣先烏賊

・春子

春子

・煮蛤

煮蛤

・トロ沢

トロ沢

シャリは小ぶりで、赤酢を使用。さえ喜譲り。
今日のネタの中では、二仕事してある金目が抜群でした。
師匠のスペシャリテ、トロ沢で〆。

<酒>
・まつもと(燗)

京都伏見の酒、まつもと

燗映えするお酒をと聞くと、京都伏見の「まつもと」を薦められました。
店内に酒かん器、電気式燗どうこ かんすけ。少ない人数で顧客対応するには便利でしょうね。

私のお気に入りスタッフ、かんすけさん

遠慮せず、温度も指定して熱燗いただきました。
日本酒は古くから燗が行われてきましたが、世界的に酒の燗つけは珍しいことのようですネ。
しかも日本酒の燗は、細かな温度表現が日常使用されてますしね。

かんすけさんに熱燗を頼んで

飛び切り燗・55℃前後
熱燗・50℃前後
上燗・45℃前後
ぬる燗・40℃前後
人肌燗・37℃前後
日向燗・33℃前後
冷や・常温
涼冷え・15℃前後
花冷え・10℃前後
雪冷え・5℃前後

人の感じるものなので、オーダーされた店側との感覚差もありますでしょう。
かんすけの熱燗、少し温度を上げて貰いました。

ご馳走様

本日の会計は、1人13000円。
今日は飲みたいと言ったので、アテを少し多めに出されたそうですが、価格の設定は師匠のお店より下。

アテ3品と10貫で10000円だそうです。

本日、二郎さんの握ってる姿を初めて見ました。
一城の主です。
佐伯さんと良い師弟関係であることが分かります。
握れる寿司職人が増えるのは嬉しいことです。
三尺下がって師の影を踏まず。
二郎さんが師に認められなければ、この開業は無かったでしょう。
二店は焼き場を共有してます。
今のお店では焼き場がなくて、師匠の店の焼き場を繋いで貰い、使わせて貰ってるとか。
価格は三尺下げですが、接客と味は上を目指してくださいね。
師匠の背中は遠いでしょうが、5年後を楽しみにしています。

鮨 村上二郎

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:寿司 | 北新地駅西梅田駅東梅田駅


line-s
06.26
北九州市八幡西区医生ケ丘6、ステーキ岡田。
創業四半世紀超える人気のステーキハウスです。
地元を中心とした国産牛肉を使用。
サラダと温野菜の付いたステーキと単品が主なメニュー。セットにするとコース仕立てに。
【完全予約制】です。
営業時間[平日]11:00~14:00、17:00~22:00(ランチ営業は平日のみ)、[日曜祝日] 17:00~22:00。
定休・水曜。

外観

2014年4月の消費増税後はメニューの価格は下がり、外税となっています。
マスターお一人で仕込まれるので、現在は完全予約制へと変わられました。

マスターの背中

毎回、ステーキメニューを選択。
最近は特選ヒレ150g(4200円・税別)に落ち着いてます(写真は極上ヒレですが)。

今から焼かれる極上ヒレ

極上ヒレ、ミディアムで焼き上がり

セットメニュー (1500円・税別)<オードブル、スープ、パンorライス、デザート、コーヒーor紅茶>と一緒に。
季節により少しづつ変わる焼き野菜が何気に楽しみ。

焼き野菜。

別の日の焼き野菜

別の日の焼き野菜。

ある日の焼き野菜

サラダ。

サラダ

スープ。

スープ、季節により栗のポタージュだった日

デザート。

デザート

コーヒー。

コーヒー

あっさり柔らかいヒレ。タレ以外に柚子胡椒で食べられ、肉に重さを求めてない日には丁度良い感じで。
カード利用は可能ですが、利用代の客負担があります。
<食べログ過去掲載はこちら>

カード可


いつも綺麗な布エプロン



関連ランキング:ステーキ | 本城駅


line-s
06.24
北九州市小倉北区堺町1、あそび割烹 賢太郎。
モノレール平和通駅から166m。
食の奥深さに遊び心を加えて辿りついた「味」ある割烹。近海もの中心で素材重視。
日々変わる食材で、リクエストによる調理法や味付けに全力で応えてくれるお店です。
暖簾に惹かれてふらりと入るとカウンター10席と6人ほどが入れる座敷1つ。
営業時間18:00~25:00(0:00L.0)。定休日、日曜(月曜が祝日の場合は営業)。

外観

小料理一品と、美味しいお酒を一杯。
そんな気分でちょっとお伺い。
早春のことでした。
カウンターの隅に座り、メニューを確認。
合馬の筍発見。さすが地元。小料理店でいただけます。
お通しは、嬉しい膳に二品。贅沢です。
消費増税前の訪問です。

店内

<お料理>

・合馬のたけの子 刺身 1100円

合馬のたけの子 刺身 1100円

・ふろふき大根 500円

ふろふき大根 500円

柚子の香と八町味噌の香

<お酒>

・河豚のヒレ酒 800円

河豚のヒレ酒 800円

良い香り、体が温まる~

・たるハイ ヨーグルト 400円

たるハイ ヨーグルト 400円

私以外の方はコース料理を楽しまれてました。良さげな内容。
確認ましたが、おまかせコース予約は前の日までに。
次こそ、おまかせのコースをと思います。

兄の忘れ形見が屋号。
店も甥っ子も、成長していかれているようです。
雰囲気はライトな店主の、熱いハートが伝わってくる小料理割烹です。
<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:割烹・小料理 | 平和通駅旦過駅小倉駅


line-s
06.23
福岡県鞍手郡鞍手町大字古門、パン工房 笹山。
古民家風の新築建物、中には工房とこじんまりとした売場。販売のみ。
2013年12月の移転オープンと同時に連日完売の人気です。パンの予約可。
営業時間7:00~17:00(売り切れ次第クローズ)、定休 日・月曜。

外観

店主の笹山さんは、フルフル、ナガタ、クリーブラッツで修行、この道16年。
毎日食べても飽きのこないシンプルなパン達。地産池消を心がけられているそう。
私は、こちらの惣菜系とか菓子パン系が好きです。
追加写真を少し上げます。

◆白うさぎ 120円
ふわふわのパンの中に自家製スイートポテトあん。

白うさぎ 120円

◆あんぱん 100円
国産小豆で作ったやさしい甘さの粒あんぱん。

あんぱん 100円

◆クリームパン 120円
鞍手町の味宝卵をたっぷり使った手作りカスタードがたっぷり。

クリームパン 120円

<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:パン | 筑前垣生駅遠賀川駅鞍手駅


line-s
06.22
福岡県遠賀郡芦屋町芦屋長井原、ヒーリングスペースAVA。
芦屋海水浴場のそばにあるヒーリングスポット。
レストラン・岩盤浴・ハーブ蒸し・エステ・リカーショップなどで構成された二階建ての施設です。
レストランでは、地元の契約農家直送の有機野菜を中心にした、和洋の創作料理が味わえます。
リカーショップで購入したワインを、プラス1000円でレストランでいただくことが可。
北九州の郊外エリアにありながら、ソムリエ・ソムリエールが揃う店舗。
郊外型らしく駐車場は広い。宴会利用者は駅から車での送迎も可。館内完全禁煙(喫煙スペースあり)。
営業時間11:00~23:00、休館日 第2・3木曜日。

個室宴会

この度、北九州のマイレビュアーさんがご成婚。
仲間のレビュアーさんでお祝いしようと、初めてオフ会を行ったこちらのお店の個室で、お祝いの会を。
当日16名が集まり、各々お祝いのコメントをし、ドンペリで乾杯!

ドンペリで乾杯!

洋食のフルコースにデザートは特別にウエディングケーキ風にして貰い、ケーキカットも♫

ウエディングケーキ

~Menu~

・アミューズ グリーンアスパラの生ハム巻き 自家製鴨のスモーク

アミューズ

・オードブル盛り合わせ AVA農園新玉葱のムースと海の幸のゼリーがけ マンゴーとバルサミコ酢のソース

オードブル

・スープ ミネストローネ

スープ

・ミニパスタ 海老のアメリケーヌソース

ミニパスタ

・本日の魚料理 舌平目の白ワイン蒸し 白ワインソース

本日の魚料理

・本日の肉料理 和牛フィレ肉とフォアグラのポアレ 赤ワインソース

本日の肉料理

・サラダ

サラダ

・デザート AVAオリジナル フルーツケーキ

デザート

・パン

パン2種、オリーブオイルと林檎バター

・珈琲 コピ・ルアク

珈琲(コピ・ルアク)

会費6000円で洋食のフルコース。
ワイン類はリカーショップから+1000円で。他のドリンクはメニューから。コース料理はお得感あります。
コピ・ルアクは豆を持ち込みで挽いていただきました。
ジャコウネコから集めた世界一高価な珈琲として、1995年にイグノーベル栄養学賞を授与されたコピ・ルアク。
前回のオフ会時に豆はアラビカ種を持ち込ませて貰ったので、今回の豆はロブスタ種で。

今回も、ソムリエの千々和さん、ソムリエールの内藤さんにお世話になりました。
前回レビュー時から、料理長が変わられていて、カナダ料理が得意な冨倉信二さんになられています。
ご馳走様でした。美味しかったです。
ご結婚されたレビュアーさんが、とっても幸せそうでハッピーオーラのお裾分けをいただきました!

宴会レビューばかりしていますが、軽い食事にも訪れてます。
フロアでいただく、カレーとか、新鮮野菜のバーニャカウダが、只今のハマり。
<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:創作料理 | 遠賀川駅海老津駅


line-s
06.21
福岡県遠賀郡芦屋町山鹿、いけす五平太。
玄海国定公園あしや、芦屋夏井ケ浜に位置するロケーションの良い活魚料理店。
潮騒を耳に、個室で海を見ながらの食事が出来る。
割烹旅館 八将閣、併設。
営業時間11:00~19:00。不定休。週一のお休みは月曜~水曜が多い。
姉妹店、鴨・すっぽん料理 森のおはな

外観

たまにお昼ご飯に寄ってます。
一人でも個室に通されて、ゆっくり食べられるのが魅力。
晴れた日の窓からの景色は最高です。

窓からの景色

古い旅館料亭で鄙びた感じではありますが、この絶景独り占めはなかなかの贅沢感。
定食の価格は高めの設定ですが、ここ6年以上増税後も同じ価格で健闘されてます。
このボリュームと空間なら納得の価格。

◆さしみ定食(8品) 2100円
一人舟盛り、小鉢2品、サラダ、ご飯、味噌汁、茶わん蒸し、果物。

さしみ定食(8品) 2100円

メインの刺身、一人分のミニ舟盛り

膳にのりきれなかった、味噌汁・茶わん蒸し・果物

蓋を取って

メニュー 

宿泊も出来る部屋で、お茶は予め用意してあり自分で淹れながら、のんびり。

割烹旅館らしい、お茶のセットが卓上に

営業中は看板出てます

この通りのお店は、全体的にちょっと寂れてる感じがありますが、夏井が浜はサーファーに人気。
夏井ヶ浜はまゆう公園は、いつの間にか「恋人の聖地」になっちゃってます。

<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:懐石・会席料理 | 芦屋町その他


line-s
06.20
北九州市八幡西区黒崎、洋食専門 GABBEH。
カムズ黒崎名店街の手作り洋食のお店。
日本的な洋食の代表、オムライス・カレー・ハヤシライス・ステーキなどがメインメニュー。

店内 

店内

※現在またお店のシャッターに「当分の間、休業させていただきます」と貼り紙。
料理人さん安定しませんね~
復業祈ります。

少し前にいただいたお料理です。
◆タンシチュー 1800円(消費増税前)
(サラダ・スープ・ライスorパン・デザート・コーヒー)

タンシチュー 1800円

パン

サラダ・スープ

デザート・コーヒー

卓上・カトラリー・お冷

2階窓からの景色

<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:洋食 | 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅


line-s
06.19
北九州市八幡西区黒崎1、ぢどり家 古夢 黒崎店。
小倉ぢどり家 古夢(こむ)の2号店として、2014年3月14日にオープンした黒崎店。
宮崎の幻のブランド鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」を中心に鳥料理と創作料理がいただける。
黒崎駅徒歩5分。営業時間17:00 から。無休。全席テーブル。40席。喫煙可。

外観

バークラスターの通り向いに出来上がっていた店舗。
オープンしたら宮崎地鶏の店でした。
看板や提灯は、地鶏や居酒屋のイメージが強いのですが、店舗内が見えるオープンな硝子壁のイラストや店内の調度は洋風。椅子は一脚づつ違うもので流行りのカフェ風。ちょっとしたアンバランス感はあるもののオープンなテーブル席だけの店内は明るい雰囲気。連日賑わっているようです。

店内

調理場の前には地元農家から取り寄せた、新鮮な野菜が並んでいます。
外からも見える入口付近では地鶏の炭火焼きが火を上げる様子も見られます。
スタッフは全員若く男性が多いですが、フロアの中心は女性スタッフが頑張ってました。
揃いのユニフォームは黒いシャツにエンジのロングエプロンでイケてます。BGMはナツメロJPOP。

お通しは生野菜。
卓上の肉味噌でいただきます。これだけで暫く飲めますね。

お通しは籠盛りの野菜

卓上の肉味噌と野菜が合う

メニューは、名物地頭鶏料理を中心に、鍋、野菜、霧島豚料理あり。今日のおすすめあり。
ドリンクメニューは、ハイボール、焼酎、地酒、黒酢ドリンクが充実。ワインリストあり。
カクテルはオール550円。ノンアルカクテルも十分量。

<フード>

◆レア肝ポン酢 580円
地頭鶏DE一品から。
肝は大好きですが、鶏肝半生はなかなか出会えません。絶品触感!

レア肝ポン酢 580円

◆ささみの霜降り 780円
地頭鶏DE一品から。
新鮮だからこその弾力。山葵醤油で。

ささみの霜降り 780円

◆地頭鶏(小)150g 1580円
名物じとっこ炭火焼き。ぢどり家 古夢といえばこれと言う人気メニュー。
山口県吉母沖の「最進の塩」を使用。炭火で一気に焼き上げられます。
遠赤効果でふっくらした鶏肉。炭の香りが香ばしい。
中250g1980円、大350g2580円。

地頭鶏(小)150g 1580円

◆ささみとアボガドのタルタル 780円
ガーリックトーストにのせて。

ささみとアボガドのタルタル 780円

◆マロンのチーズ豆腐 480円
別腹メニュー。これも名物ま一つだとか。
クラコットにのせてとメニューに書かれてましたがバケットでした。
クラコットの方が合いますよ、この創作デザート豆腐。

マロンのチーズ豆腐 480円

◆じとっこ鶏飯(けいはん) 580円
白ご飯に色々具材と鶏スープをかけたもの。出汁かけご飯。
お漬物がついてます。

じとっこ鶏飯 580円

<ドリンク>

◆アサヒスーパードライ生(中ジョッキ) 450円
メガジョッキは900円。

アサヒスーパードライ生(中ジョッキ) 450円

◆ニッカハイボール 400円

ニッカハイボール 400円

◆キンタ・ド・コーレイヨ(ポルトガル 白ワイン) グラス 550円

キンタ・ド・コーレイヨ(ポルトガル 白ワイン) グラス 550円

◆キンタ・ド・コーレイヨ(ポルトガル 赤ワイン) グラス 550円

キンタ・ド・コーレイヨ(ポルトガル 赤ワイン) グラス 550円

◆ビネガーキティ 450円
美酢ドリンクから。赤ワイン+ブドウ酢+ジンジャーエール。

ビネガーキティ 450円

◆ソルティドッグ 550円
ウォッカ+グレープフルーツ。ちゃんとグラスのふちにソルト。

ソルティドッグ 550円

オーダーが通ってなかったり、スタッフさんの気配りはもう一つ。
でも、宮崎ブランド地鶏の味はとても良いです!!
キャリア1年の店長。ぜひ頑張ってください。
記念日サプライズなどの演出も対応可能とのこと。照明の調整や、音楽などでお手伝いしてくれるそうです。
ワッフルを使ったオリジナルデザートも用意されてます。
ぢどり家 古夢 黒崎店

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:居酒屋 | 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅


line-s
06.18
北九州市八幡西区黒崎2丁目9、 からあげ韋駄天(いだてん)。
2010年4月オープンの黒崎唐揚げ専門店。
JR黒崎駅より徒歩5分。新天街の通り、赤提灯が目印。
営業時間17:00~24:00。定休、日曜。
テイクアウトあり。

外観

表のメニュー

新天街を通っていると、エンジに白抜き文字の暖簾と赤提灯が誘いをかけてきます。
引戸を引くと狭いながらも和のアプローチ。
風除の意味もあるでしょうか。もう一枚のドアを引くとカウンター席が現れます。奥に座敷。
カウンター6席、座敷4人掛けテーブル2席の14席のお店。
店主は35歳の大柄な男性。母親と二人でお店を切り盛りされています。
親子二代で受け継がれてきた秘伝のタレをたっぷりつけた唐揚げがお店のメイン料理です。
カウンターに座り、早速、唐揚げ中心にいただいてみました。
お通しが豆腐の餡かけ。しっかり一品していて嬉しいですね。
訪問は消費増税前です。

お通し

カウンター席

<フード>

◆手羽先の唐揚げ 400円

手羽先の唐揚げ 400円

◆骨付きモモの唐揚げ 700円

骨付きモモの唐揚げ 700円

◆若鶏の唐揚げ 500円

若鶏の唐揚げ 500円

唐揚げではありますが、秘伝のタレに何度も何度も漬け焼きされてます。
サックリを通り越したカリカリ感。
味付けは出汁醤油系でマイルド。

◆タタキ 500円
ルイベ風です。おろし生姜とニンニクでいただきます。

タタキ 500円

◆野菜サラダ 400円
トマトたっぷりで彩豊か。フレンチドレッシングと青シソドレッシングを好みで。

野菜サラダ 400円

◆鶏ぞーすい 500円
〆でいただきました。
土鍋でアツアツ。溶き卵が入って親子雑炊。

鶏ぞーすい 500円

<ドリンク>
面白めの焼酎が揃っている感ありです。

◆樽生(中) 500円

樽生(中) 500円

◆明るい農村(芋焼酎) 350円

明るい農村(芋焼酎) 350円

◆生しぼり ゆず 500円

生しぼり ゆず 500円

◆あらごし 蜜柑 500円

あらごし 蜜柑 500円

屋号の韋駄天は、仏教の天部の神の称号ですが、韋駄天が釈尊のために方々を駆け巡って食物を集めたとの俗信に由来して「ごちそう(御馳走)」という言葉が出来たと言われます。
屋号の由来はここからかもしれませんね。
店主優勢な親子関係のようではありますが、お店の雰囲気はアットホーム。

店主の後姿

お母さんの後姿

小宴などにも向きそうです。
お店利用の際には、座敷でご家族が楽しまれていました。

からあげ韋駄天

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:からあげ | 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅


line-s
06.17
北九州市八幡西区熊手1、酒房魚虎。
刺身が美味しい居酒屋。
黒崎の古い市場の一角。かなりディープな外観。
それが更に美味しさを感じる要素でもあります。
店名は寅年生まれの店主の干支と、お店の看板、鮮魚が一緒になったものです。
営業時間、18:30~24:30頃まで。定休、日曜日、祝日、第3月曜。

外観

相も変わらず、通ってます。
美味しい魚と肴で一杯。〆ご飯も兼ねて。
相も変わらず、予約要。
開店直後は、連日ほとんど満席。21時を超える頃、少し席が空いてくる感じでしょうか。
最近いただいたもので過去と重ならないものを主に写真追加します。

<フード(税別)>

・冷奴 300円

冷奴 300円

・ナスビのあげびたし 500円

ナスビのあげびたし 500円

・トラフグあら唐揚 900円

トラフグあら唐揚 900円

・蛍イカ塩ゆで 550円

蛍イカ塩ゆで 550円

酢味噌と生姜醤油で

・ゴマひらす 680円

ゴマひらす 680円

・赤むつ煮 1500円

赤むつ煮 1500円

・ウニ冷奴 1800円

嗚呼、贅沢!

・焼きサバ1/2 680円
・タイのあらのみそ汁 300円
・白ごはん(大) 350円
・白菜のつけもの 300円

焼きサバ二分の一 680円、ごはんとみそ汁と漬物を一緒にオーダー

・あんにんどうふ 300円

あんにんどうふ 300円

豆腐は芦屋の福田豆腐店のもの。美味しいです。
最近は高級な一品がメニューに混ざり、つい頼んでしまったりして。
赤むつ煮(のどぐろ煮)が美味しかった!
店主のセンスが良くて、やはり美味しい。
惜しみない浅葱や、タレ類の種類選択、流石です。
あんにんどうふがメニューに入って嬉しい♫
好んでオーダーしているのは、何と言っても刺盛り。生センマイ刺。旬のもの。

<ドリンク(税別)>

・チューハイ(生レモン) 600円

チューハイ(生レモン 600円

・ハイボール 500円(白角)

ハイボール 500円(白角)

・チューハイ(ライム) 500円

チューハイ(ライム) 500円

・寒北斗(福岡)純米 700円

寒北斗(福岡)純米 700円

・川辺(米) 500円

川辺(米) 500円

最近増えたメニューの生レモンチューハイに激ハマり中。
レモン1個以上入ってるんじゃないかと思うこのレモン量。たまらないです(笑
ソフトドリンクは300円。ハンドルキーパー様、ノンアル派様、ウーロン茶は2杯目から無料です。

2014年4月から価格は外税になりました。
相変わらず人柄の良い店主、前田さん。
相も変わらず、まだまだ通います。
<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:居酒屋 | 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅


line-s
06.15
北九州市八幡西区八枝、炭火焼肉 おんどる永犬丸店。
焼肉・すきしゃぶの、おんどるグループ店。
(すきしゃぶ=すき焼きと焼肉の旨味を追求した、おんどる名物)
現在、遠賀郡水巻町の本店と、門司店、小倉魚町店とこちらの4店舗展開。
おんどる本店が無煙ロースター利用なのに対して、こちらの店舗は炭火焼き。
営業時間、昼の部11:30~15:00(14:30L.O)、夜の部17:00~23:00(22:30L.O)。
月曜定休。駐車場完備。席数124。

新しくなった外観

久しぶりの訪問レビューです。
前回の訪問時から変わったのが、屋号。
元祖おんどる→おんどる永犬丸店。看板や店舗外観の改装。グループ強化が行われたようです。
消費増税に伴い、ご飯のおかわり自由が無くなったことと、お気に入りだったホームランバーが無くなったのは残念。
食後のパイナップルのサービスとコーン茶は変わらず嬉しいサービス。

席

パイナップルのサービスとコーン茶

すきしゃぶは、肉の質に安定感があります。
蕩けるお肉は最高。

すきしゃぶ二人前

白ご飯を一緒にオーダーして、すきしゃぶが終わったら、溶き卵に割りしたを足して、たまごかけご飯。
肉とご飯、両方美味しいと至福感高いですね~

すきしゃぶをご飯にのっけて

すきしゃぶの卵

<食べログ過去掲載はこちら>

・セットメニューの、お肉盛り

セットもののお肉盛り

・セットメニューのスタートはこんな感じで

セットもののスタート

・セットメニューのサラダ

セットもののサラダ

・大好きな特選タン塩

特選タン塩

・看板

新しくなった看板



関連ランキング:焼肉 | 今池駅永犬丸駅森下駅


line-s
06.14
北九州市八幡西区堀川町、高橋酒店。
大正7年創業の酒販店ですが、店頭でお酒が飲めます。
いわゆる「角打ち(かくうち)」の出来る老舗店です。
JR折尾駅東口から堀川沿いを歩いて300m。
営業時間は朝9:00から夜9:00まで。12時間営業、年中無休の家族経営。

オープンな店内で、見知らぬ人同士も和気藹々

角打ちとは。
(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと。と、コトバンクで書かれてます。
酒屋がやるのが角打ちで、立ち飲みとは定義が違う・・・
お店の常連と昨日そんな言葉を交わしたばかり。
この角打ち文化。
じんわり広がりを見せているようです。
こちらのお店にも視察に来ていた神戸角打ち学会が発足し、7月11日を「角打ちの日」に決めたとか。
なぜ7月11日なのか。角打ちという文字がこの数字にすべて含まれるからとか、言ったもん勝ちとかなんとか(笑

7月11日は角打ちの日。何故か調べてみよう・・・

ここ2回ほどお邪魔したときの写真を少し追加しました。

◆缶チューハイ 165円

缶チューハイ 165円

◆フライドチキン 150円

フライドチキンをチンして貰う。150円也

◆ゆでたまご 50円

ゆでたまご 50円

◆ラムネ 110円

ラムネを抜いて貰った日、110円

下町の社交場、酒屋の軒下。風情があって、大好きです。
燕の子育てを見ながらの一杯。

店内 

店内

三代目夫人によると、折尾駅周辺の再開発で立ち退きを迫られているのは、こちらのお店も。
折尾駅舎につづいて堀川沿いの風情ある風景が10年の期限付きで消えてしまう。
「立ち退き、反対!!」
今日も元気な声を上げる夫人。
お元気で文化を守って欲しいなと思うのであります。
<食べログ過去掲載はこちら>

折尾駅から続くこの景色が、あと10年なのでしょうか・・・

折尾お♫再開発で、10年後には無くなると言われている風情ある界隈です・・・



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 折尾駅


line-s
06.09
北九州市八幡西区黒崎、 安芸 八幡黒崎店。
広島から取り寄せた鉄板で焼き上げる、鉄板焼き・お好み焼きの店。
おたふくソースの焼きそばや広島風お好み焼を味わえる。
約30種類のトッピングあり、鉄板焼など一品メニュー多し。
営業時間11:00~26:00。定休、水曜日。
三店舗展開をされていて、門司・小倉にも店舗あり。全店営業時間と休日は同じ。

外観

JR黒崎駅から程近い商店街の中、黒崎で広島風お好み焼きで長期に渡り営業されている店です。
入口の引戸の硝子は紅葉した紅葉柄が施してあります。
店内は小上がりの座敷と、テーブル席が半々。奥に鉄板を前にしたカウンターがあります。
郊外の食堂の雰囲気です。

店内、小上がりと入口。向かって左側にテーブル席が並ぶ

メニューは豊富。
店内の壁にはメニューが沢山貼ってあり、手元メニューも沢山。
オーダーは悩むところですが、人気メニューのランキングや、鉄板焼オリジナル指標を提示されてます。
オリジナル指標は、スピード・おつまみ・ボリューム・ヘメシー・女性人気・ちびっこ人気・もう一品を、店独自で5つ星ランクにされていて便利。
トッピングメニューやご飯セットのメニューも充実。
お得な、ちょっと一杯セットあり。
全メニュー店焼きです。

卓上

本日は、鉄板と広島風お好み焼きで一杯。
価格は全て内税です。

◆かき焼 770円
広島産の旬の牡蠣を特殊冷凍されたもので、通年メニュー。
酒飲みには優しい一品、いただいておきたいですね。
もやしの炒め物と一緒に鉄板で出されます。辛子の添えられたタレで。

かき焼 770円

かき焼きのタレ。辛子添えて

かき焼メニュー

◆なすのチーズ焼 550円
ご覧のとおりの鰹節が躍る和風の仕上げ。
別にタレが出され、こちらは生姜味。

なすのチーズ焼 550円

なすのチーズ焼きのタレ。生姜入り

◆ミックス(肉・えび・いか・そば玉) 850円(税込)
お店の人気ダントツNO.1。キャベツたっぷり。甘くてトロリとしたオタフクソースがたっぷり。
そば抜きの場合は780円。でも、広島風なら、そば玉入れたいですね!

広島風お好み焼 安芸

ミックス(肉・えび・いか・そば玉) 850円

本日食べたミックス

◆一銭洋食 340円
葱ともやしが入ってます。あっさりとした醤油味。
トッピングアレンジがおすすめとか。玉子+70円、豚肉+120円、もち+120円。

一銭洋食 340円

あっさり醤油味

◆焼ごはん 380円
安芸の名物商品。バターと醤油の風味。
形抜きの楕円ご飯。醤油でこんがり焼いて海老とイカをトッピングしたもので人気のメニューの一つ。
大判の焼きおにぎりのような感じです。

焼ごはん 380円

◆瓶ビール 500円
アサヒスーパードライとキリンクラシックラガーとサッポロ黒ラベル>
どれも同じ500円。

瓶ビール 500円

◆ハイボール 440円

ハイボール 440円

◆生冷酒 730円
松竹梅の生冷酒、瓶で2合弱。豪快は420円。

生冷酒 730円

パーティー(宴会)コースは、嬉しい1500円から。続いて、1800円・2000円・2500円・2800円とあり。
コースを選んで、店長と吟味選別できる鉄板・お好み焼きの入るコース。飲み物別。
店内キャパは35名。25名以上は貸切。
テイクアウトあり。

お店の表のメニュー

お店の表のメニュー 

お店の表のメニュー  

お店の表のメニュー   

看板

気軽に入れる大衆店。
黒崎で広島風を食べたいときにどうぞ('-^*
安芸 八幡黒崎店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:お好み焼き | 黒崎駅黒崎駅前駅西黒崎駅


line-s
06.07
北九州市戸畑区銀座2、八福。
戸畑駅より徒歩5分の、老舗戸畑チャンポン店。ラーメンもあり。
良心的な価格で営業されてます。
営業時間 11:00~16:00。定休・日、祝。

外観

霞む青空の日でした。(黄砂とPM2.5かな。どちらにしても隣の大陸から。)
お店の背景に入る真っ赤な橋は、若戸大橋(わかとおおはし)。
日本の長大橋の始まりで、建設当時は東洋一の吊り橋だったんですよね。
響灘(洞海湾)の上、北九州市の戸畑区と若松区を繋いでいる全長627mの橋です。
今年、開通52周年になる若戸大橋と、くすんだ赤い装飾テントが、印象の重なる老舗の八福。

借景、若戸大橋

お昼の時間は外したのですが、ほぼ満席です。
気候が良いので、表のドアから厨房のお勝手まで、ドアはフルオープン。
店内のカウンター席の真ん中あたり、座り辛い場所が開いてました。
7席のカウンター、2卓のテーブルに8席、計15席の店内。
細身で高齢の店主。白い三角巾をキリリと締めた女性4人がサポート。

私の居る時間は、チャンポンよりラーメンをオーダーされる方が多かったです。
戸畑チャンポンマップのお店を全店制覇しようと思っている私は、チャンポンです。
チャンポンマップには、こうご紹介。
①八福  戸畑駅北口にあるレトロな雰囲気漂う店。どんぶりに盛られたあふれんばかりの野菜はシャキシャキで、なめらかなスープとともに麺によくなじみます。昼どきは行列が出来ることが多いので、時間に余裕を。

◆チャンポン 400円

チャンポン 400円

増税後も価格変わらず。内税。
なんて良心的なんでしょう。
工業都市の戸畑の町で、労働者に愛されてきた老舗。
早い、安い、多いと言われる八福のチャンポン。
丼は大きい方ではないですが、山になった野菜を先に食すこととなります。
中華鍋でスープと炒め煮された野菜は、シャキシャキ感を残します。
大量のキャベツ、もやし、玉葱、人参、韮、蒲鉾、竹輪、豚肉。
後半から手を付ける、戸畑細蒸し麺の独特な食感。

戸畑チャンポン細蒸し麺

麺の仕上がりが戸畑区役所のふれ愛と近く感じました。
淡泊なようでありながら、旨みが凝縮されているチャンポン。
食べ上げて、口周りの油を拭き取ります。
これは、安い!

店内

増税後も価格据え置きのこちらで、消費税の話のついでに税金トークが広がってました。
「消費税ばっかりで放送せんけど、4月から領収印紙は5万からやん。知らんで3万以上に貼りよった!」
確かに。印紙税の変更の方は、知らない方多いみたいです。
店主「印紙税のかかる領収、うちはないけどね。」
確かに(笑

勝手口で撒かれた飯粒を拾う、雀達を微笑ましく見ながら、店を後に。
最近、老舗の個人店に感じること・・・
店主の高齢化に伴う営業時間の短縮。
それでも利用者は頑張って欲しい。
心の中でエールを送ってます。

駐車場ありますが、距離あり

八福

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ラーメン | 戸畑駅


line-s
06.03
北九州市若松区本町2丁目6、ステーキハウスいけだ。
若松で30年以上の営業をされている、九州産牛のステーキ専門店。
鉄板焼きのテーブル5・5・7席の計17席。
営業時間11:30~13:30、17:00~21:00(土・日・祝は夜のみ)。定休・火曜。
カード払いはされていません。

外観

ステーキハウスの幸福感は、目の前で焼かれるお肉を見るところから始まる気がします。
この日は、家族は利用してましたが私は未訪だったステーキハウスに行くことになりました。
お腹空いてた休日(平日)の夕刻。いそいそとお店へ。
駐車場はなく、近くのコインパーキングに駐車。
二人で訪問しましたが、互いに飲みたいもので、代行タクシーに決定。
店前の通りは比較的静かで、若戸大橋がそばに見えます。
派手な装飾のないシンプルな外観。

店内は、シックで街のステーキハウスらしい雰囲気。
禁煙表記はないですが、灰皿は置いてません。
他の客は居ず、3つある鉄板のあるテーブルの1つを二名で利用。店主お一人での対応です。

店内

メニューは分かりやすく壁に表示。
ディナーコースは2日前までの予約が必要。
折角だからと、特選牛をいただくことにしました。

メニュー

焼き野菜などついているということで、ヒレとロースを一名づつ。私はヒレで♫
ガーリックライスを追加して、ビール・ワインをいただきました。
ビールは瓶のみ。銘柄は3種だったと思います。エビスを。
ワインはメニューはなくて、リクエストで出して来られます。
ボトルのみですが180mlから。フルボトルを1本いただきました。

ワインを探してくれているオーナーの後ろ姿

◆特選牛ヒレorロース 9000円(税別)

ステーキハウスいけだの特選牛ヒレ 9000円

◆ビール(大瓶) 600円(税別)

ビールは瓶。600円

◆ワイン720ml 4000円(税別)

ジネステ・ボルドー・ルージュ ボトル 4000円

席には白系の角皿と、セレスの安心割り箸。
ドレッシングがかかった生サラダと、ステーキのタレ(鶉の玉子入り)、練辛子が用意されます。

サラダ

酸味のあるあっさりとした鶉の卵入りのタレと、練り辛子でステーキをいただきます

目の前で準備される、丁寧な下ごしらえがされた野菜と肉。
この日の肉は、宮崎牛。一人前、200gの設定だそうです。

特選牛のヒレ&ロース&焼野菜

今日のカットは230gくらいになったようです(*^^ ←お値段同じです
ヒレの焼き加減はミディアムレアでお願いしました。

微塵のニンニクを油でたっぷり炒めた後にステーキ肉。横ではパンが鉄板で焼かれます。
暑さの薄いロースは時間差で焼き始められます。

焼き始めは厚みのあるヒレと野菜から

出待ちの特選牛ロース

皿の上にパンが置かれ、その上に焼き上げられたステーキ。
タレをつけ、まだは辛子をつけ、ニンニクとともにいただきます!

ヒレ焼き上がり。200g強

オーダー通りのミディアムレア。美味し~い♫

ん~!美味しい!!
焼き野菜も仕上がって、皿のお肉の横に。

丁寧に下拵えのしてある野菜

ワインはオーナーに選んでいただいたミディアムボディ。
ジネステ・ボルドー・ルージュ(2011)。
熟した果実の味わいですが、軽い。カシスなどの果実のアロマ。タンニンはなめらか。

ミディアムボディの赤

お肉、野菜が終わったころを見計らって、ガーリックライス。
最後はバターで風味づけ。優しい味の仕上がりで、味が足らなければお肉のタレをかけてみてくださいとのこと。

バターで仕上げられるガーリックライス

ガーリックライス 900円

一緒に味噌汁とお漬物。漬物は山芋やセロリのと床漬け。

味噌汁とお漬物

肉の下に敷かれていた食パンは、パリッと焼き直し。
これも綺麗にいただきました。

肉汁を吸ったパンも焼き直してカリッと

最後に日本茶をだしていただいて、大満足。

緑茶で〆

周辺の飲食店の世話役もされてこられた店主は還暦を越えられた、丸顔の紳士。
お喋りでもなく、不要な時間は客前に立っていませんし、干渉されたくない人には良い距離感。
キャリアの落ち着きがあり、街のステーキハウスへのイメージを裏切りません。
洗練感ではなく、派手な演出もなく、堅実なイメージ。
現金で支払い。
レジ横の壁には、国産牛肉・お米のトレーサビリティ表示がありました。

入口のレジ台にカサブランカ

美味しいステーキは食後の満足感をもたらしてくれます。
ご馳走様でした。

店前の通り、正面の赤い橋は若戸大橋

ステーキハウスいけだ

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ステーキ | 若松駅


line-s
06.02
北九州市若松区中川町1、ぎょうざ 鉄なべ。
同市八幡西区黒崎の本店 鉄なべの女性店主の弟さんが、この道40年になるこちらの店主。
若松のこの地で、長く営業されてきた個人店。
JR九州筑豊本線若松駅から515m。
営業時間15:00~21:30(L.O)。定休・水曜日。

外観

日暮れ時刻。お店の前の道路では、近所の子供たちがまだ遊んでいます。
年季の入った外観。店内も同じく、昭和時代から続く空気。
お店の入口から垂直方向に、カウンター10席の店内。
壁にかかった短冊メニュー。

メニュー

カウンター越しに見える、コンロに幾つも並んだ、焼かれる丸い鉄なべ。白髪の店主。
入口近くのカウンターの端で、年配の女性が餃子を包んでいます。
焼き餃子とビールを。

◆焼ぎょうざ 400円(写真は二人前800円)
手作りの薄い皮。ミンチではなく叩き肉を使った具。程よいニンニク量。バランスが良いです。
熱した南部鉄鍋に、餃子を並べ計量水を入れて蓋。チリチリ音をさせながら焼かれる様子も良いです。
タレには鷹の爪を漬け込んだラー油をたっぷり入れていただきます。
うん、これこれ(*^^)v

焼ぎょうざ 400円(写真は二人前800円)

酢醤油にラー油漬け唐辛子をたっぷり入れていただきます

◆ビール(大) 550円
餃子にはビール!アサヒ・サッポロ・キリンあり。

ビール(大) 550円

丸い鉄なべで餃子を焼き、アツアツのまま客に提供するというスタイル。
これは、昭和33年(1958年)に店主の姉(本店 鉄なべ)が考案したもの。
福岡県には、鉄なべ餃子と名乗る先が博多や小倉にあるのですが、似て非なる餃子です。
店には持ち帰りの餃子の予約も多く入っているようでした。

この鉄なべを守ってきた、姉89歳、弟80歳。
どちらも広告などせず口コミで頑張ってきた個人店です。常連客が入れ替わり立ち替わり。

黒崎のお姉さんのお店に通って20年以上になります。
黒崎の店主は、お店にフルで立てなくなってらっしゃるようですが、息子さんが継がれているので(と言っても私より、お年上ですが)、この味は二店で守って行かれるのでしょうね。

子供たちが遊ぶ前の通り

ぎょうざ 鉄なべ

夜総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:餃子 | 若松駅


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。