line-s
01.26
大分県由布市湯布院町川上、ザコッツウォルズダイニング(THE COTSWOLDS DINING)。
2012年11月1日にオープンした、湯布院フローラルヴィレッジ
こちらは併設のホテル、YUFUIN FLORAL VILLAGE HOTELの1Fにあるレストランです。

ヴィレッジ内のホテル。女性専用です

カフェ利用も0kのようです
 
ランチタイムは宿泊客以外も利用可能。 
お店のお勧めは、英国名物料理フィッシュ&チップスとシェパーズパイだとか。
場所は、湯の坪街道から民芸村方面に向かって100mほど。

湯布院に新しいスポット!とオープン時にニュースで見ていたこちらの施設。
世界一美しい村と言われる、英国コッツウォルズ地方の村を湯布院に再現したテーマパークです。
英国風の庭園に小さな欧風テイストのショップ。
小さなテーマパークです。中を歩いていると自分が大きな人になったような気持ち。
動物が沢山いるメルヘンなおとぎの世界。
ここにあるのは、花と動物と小さなショップレディースホテル
ホテルは温泉がついていて、施設とは逆イメージの和室だそうです。
レストランに入ってみました。
ちょっとお洒落なファミレスの雰囲気です。

店内 

二名利用でシェアしました。

◆ハンバーグランチ 1575円
ハンバーグはジューシーでした。サラダと一緒にプレートに。
ソースは甘めです。
スープとライスとドリンクつきです。ドリンクはコーヒーor紅茶です。
アイスコーヒーにして貰いましたが、追加な料金無しでした。

ハンバーグ

ハンバーグランチ 1575円

ハンバーグランチのスープ

ハンバーグランチのライス

セットのドリンクはコーヒーor紅茶

◆シェフ特製 究極の味カレーセット 1050円
「本当においしいカレーを食べた事がありますか?」とメニューに書いてあります。
ザ・英国カリーです。
明治時代にイギリスから伝わったカレーに地元の食材を使ってオリジナルカレーを提供されているとか。
辛さを感じないカレーです。
サラダとドリンクつきです。こちらもコーヒーか紅茶を選べます。

カレー

カレーのライス部

シェフ特製 究極の味カレーセット 1050円

カレーのサラダ

店内禁煙です。
お水はセルフと書いてあり、食器は返却口があります。
空いていたからか、お水は出して貰えましたし、食器も片付けて貰いました。
ヴィレッジのトイレは施設の諸事情があり有料で100円かかりますが、レストラン利用者やホテル店舗での買物をされた方は無料。
施設自体は無料で入場出来ます。

施設内から表を見ると由布岳

ヴィレッジ内

ヴィレッジ内は小さなショップが集まってます

ヴィレッジ内には英国車が置いてあります。常時あるのはミニ

ヴィレッジ内に一歩入ると、湯布院のイメージと違う世界。
英国メルヘンと動物好きの方はぜひ覗いて見てください。
私は後者の動物好き。
施設内の動物達としばらく遊んで癒されました。
動物園と同じ匂いがしますので、動物が苦手な方はご注意くださいませ。

あひるのジマイマ

ヤギちゃん、お名前なんだったかな~

馬のフローラちゃん

あげました(^^ゞ

ザコッツウォルズダイニング

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:洋食 | 由布院駅

スポンサーサイト

line-s
01.25
大分県由布市湯布院町川北、檪の丘(くぬぎのおか)。
湯布院インターチェンジから由布院市街地へ500mの位置にあります。
由布院を見渡せる丘の上にお店があり、景観が最高。
駐車場は50台分と広い、アクセス的に車での訪問が大半のお店。
主なメニューは、ピッツアとパスタとスペアリブ!

通り沿いの目印看板

お店へ上がる道

外観

景観と石窯で焼くピッツァに惹かれて立ち寄りました。
昨年の晩夏のことです。
車での訪問。通りから看板を見て丘へと上ります。
歩きだとちょっと辛そうな勾配。
店舗までの途中、薪が積んであり、石窯で焼くお店であることを感じつつ到着。
良いお天気でした。見渡せる由布院盆地。
16000坪の丘の上。この景色は気持ち良いですね。

お店の敷地からの景色、由布岳も見えます

お店の敷地からの景色

席が開くのを待つ女性グループ

お昼前に到着しましたが、平日だと言うのにもう満席!この立地でと驚きました。
お昼は予約がとれません。皆様の早めの行動に脱帽。
名前を書いて順番待ち。

平日昼前で満席、異常な人気!

入口

テラス希望でしたが、店内席が先に空き、そちらにして貰いました。
メニューの構成は、大きくピッツァとパスタ。人気のスペアリブ。
アルコールあり。ドルチェ少々。テイクアウトあり。
薪で焼く石窯ピッツァ目的に来てましたので、ピッツァを。
ハーフ&ハーフが出来るメニューがありますので、そちらを見てましたが・・・
半熟卵とピッツァの組み合わせを見つけてしまい、そこで着地。
メニューのドルチェに、かぼちゃのプリンがあって食べる気満々だったのですが、それはまだ出来てなかったです。

◆ビスマルク 1800円

ビスマルク 1800円

薪釜で焼くピッツア、香りが良い!

ボローニャハムと半熟卵のピッツァです。
トマトソース、モルタデッラハム、モッツァレラチーズ、半熟卵、季節の野菜が使われてます。
石窯の温度は400度を超えるそうで、それだと1分くらいで焼けますネ。
ピッツアは、目の前でカッターが入れられます。

目の前でピッツァにカッターを入れます

短い時間で焼き上げられたピッツァは、表面はさっくり中はモチモチ。
そして、薪で焼いた良い香り。
美味しい一枚でした。

ピッツァと一緒に「お好みでどうぞ」と出された小瓶。
タバスコかなと思ったら、ハバネロソース。
レッドハバネロソース、マリーシャーブス!

レッドハバネロソース

カリブのインポート商品のようです。
レッドハバネロに人参、玉葱、ニンニク、ライムなどが入っていて、もったりとした濃厚なソースタイプ。
これ、良いです。ただ辛いだけではなくフレッシュな旨味。
買いたいと申しましたら、売ってくださいました。

◆アイスコーヒー 400円

アイスコーヒー 400円

残念ながら車ですので、アイスコーヒーいただきました。
もう少し量があったら嬉しいな。

テラス席

店内から見るテラス席

由布院の四季が借景となるこちらのお店。
丘を開拓されたのでしょうね。
個人がなさったのであれば、大変なご苦労だったと想像出来ます。
店内に、石窯をスタッフさんで力を合わせて入れたときの写真が。
オープン前の貴重なフォトですね。
人気店が歩き始めた最初の一歩。

この周辺は、由布院の別荘地や永住転居者の多いエリアです。
最初の頃は、そういったエリアのお客さんが多かったと想像出来ます。
素材も拘りが多く、 水牛のモッツアレラ&由布院うらけんチーズ工房のチーズ、ナポリ産の小麦と国産小麦のブレンドから造るオリジナルの生地。由布院フローラハウスなどの野菜、自家栽培のハーブ、手打ちの生パスタ・・・

クヌギの丘を開拓された時に、伐採されたクヌギの木々は薪にもなったのでしょうね。
広葉樹は薪として最適。クヌギの木なら美味しい石窯料理がいただけるのも納得。

パスタやスペアリブのメニューを見ていると、一人で来たのは間違いだったなぁと後悔。
由布院の中心地からは少し距離はありますが、由布院に宿泊してディナーをゆっくりここで。
そんな楽しみ方をしてみたい、魅力的なメニューのお店です。
檪の丘

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:ピザ | 由布院駅南由布駅


line-s
01.19
大分県由布市湯布院町川上、古式手打そば 泉 金鱗湖店。
由布院の観光と言えば名前の出てくる金鱗湖(きんりんこ)。
そのほとりにある、お蕎麦屋さんです。
お隣は、シャガール美術館
テラス席があり、そこからはからは金麟湖が一望できます。
由布院の自然を楽しみながら、挽きたて・打ちたて・茹でたての十割蕎麦がいただけます。

外観 駐車場はないですが、横がコインパーキングです

外観 金鱗湖側から

昨年晩夏の訪問です。季節外れでご免なさい。
まだ紅葉前の金鱗湖。
近くに仕事絡みで来た時に、こちらでお蕎麦を一杯。
秋の気配を感じつつも暑さが残る時でした。
古民家風の外観は、中も同じ雰囲気。店内は禁煙で表に灰皿があります。
待たずに利用できた平日お昼。
それでもテラス席は一杯で、店内の座敷席です。

店内 

店内

掘りごたつスタイルの席で座りやすい席。
窓から気持ちの良い風が入って来ます。
メニューに季節限定ものがあり、それをいただきました。

夏のメニュー

◆季節限定 ひやかけ蕎麦 1575円

季節限定 ひやかけ蕎麦 1575円

蕎麦は十割、蕎麦粉は県内や信州など時期による

完璧なまでにメニューどおりのトッピング

鰹出汁の効いた冷たい汁蕎麦です。
良いお値段がしますが、贅沢なトッピング。
湯山の湧水と国産大豆で作られたの由布院 市ノ坐豆腐。
新鮮な地元野菜。阿蘇の高菜が乗ってます。
蕎麦は十割、蕎麦粉の産地は県内や信州など時期によって違うそう。
七味をかけていただきました。
するすると喉に入っていく、ひやかけ。
時期的にも美味しかったです。

お会計時に系列店今泉堂の黒糖揚げまんじゅうをいただきました。
甘いもの好きなので、嬉しかったりする私。

会計でサービス配布。系列店今泉堂の、黒糖揚げまんじゅう

油で揚げられていて、表面がカリッとした食感の黒糖揚げまんじゅう。
黒糖の風味と甘さ控えめのつぶ餡がバランス良い感じ。アツアツでした。
ご馳走様です。

表面カリカリの中アツアツ。美味しかったですよ!

金鱗湖を渡る風・・・
気持ちの良い立地です。
金鱗湖散策の流れで立ち寄るには良いお店です。
お隣のシャガール美術館のカフェも。

外観 金鱗湖から

紅葉前の金鱗湖

お店の並びで通りの角に、黒糖揚げまんじゅうの今泉堂。

角地に系列店 ゆふいん今泉堂、写真左端に泉、右端に千円ショップ

その反対の通りには最近、観光地ではよく目にするようになった1000円ショップ。

最近、観光地でよく見るようになった千円ショップ

通りの突き当りは、素泊りが可能な温泉宿、御宿ぬるかわ温泉

泉、今泉堂の交差点そば、ぬるかわ温泉

別の時の写真ですが、湯布院昭和館の写真が出てきました。

この日も湯の坪前を通りまして。写真左、由布院昭和館、右、ビーハニー

こちらは、昭和館から見たビーハニー。この時もソフトクリームいただきました。

湯布院昭和館から見た、ビーハニー。この日もスルーしてません

入場料あり。一般、大人・高校生 500円。小・中学生 300円。
館内は昭和時代にタイムスリップ。楽しいですよ。

湯布院昭和館の中

湯布院昭和館の中 

湯布院昭和館の中  

古式手打ちそば泉 金鱗湖店

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:そば(蕎麦) | 由布院駅


line-s
01.18
大分県由布市湯布院町川上、ティールーム ニコル。
由布院 玉の湯の施設です。
営業時間は9:00-17:00。
周囲の雑木林に張り出すように造られたサンテラスで、優雅なティータイムを過ごせます。
あふれる緑と木漏れ日の中に居るようで心地良い。
宿泊客以外の一般客の利用が可能。
店内禁煙。

・・外観

由布院 玉の湯をチェックアウト。
名残を惜しみ、そのままティールームニコルへ。
敷地内の雑木林の紅葉が綺麗な時期で、赤く色づいた紅葉が風に舞う美しい光景。
店内の一面は足元までガラス張り。
自然に溶け込んだかのような感じでお茶を楽しめます。

・・店内からの景観

お目当てのアップルパイ。
前の日からシューケースで姿を見ていたのですが、この日はお昼でもう売り切れ。
多くの方が予約されていたようで。
でも、大好きなモンブランがありました♪

・・モンブランいただきます

こちらは、コーヒーは神戸にしむら、紅茶はディンブラだそうで。
別府友永のあんぱんやクリームあんみつなども置いてらっしゃる。
何度か通いたくなっちゃいますね。

・・メニュー

◆季節のケーキ モンブラン セット(紅茶) 1000円

・・モンブラン 500円

・・ニコルでティータイム

紅茶はポットサービスでたっぷりと。
モンブランは小ぶりです。
中に栗の濃厚なペーストと生クリームが入り、紅茶と合います。
底はメレンゲの焼き菓子。
甘いので、この大きさでバランスが良い感じですね。

・・セットの紅茶を合わせて 1000円

・・紅茶のレモン

・・紅茶は、ポットサービスで

それにしても木漏れ日がキラキラと綺麗・・・
玉の湯の創業者が、山がお好きで苦労して造られた雑木林。
土を入れ替えてまで作られたこの雰囲気は、多くのお客を癒してますね。

・・玉の湯の入口、正面がニコル

お茶を済ませて、外に出るとスタッフさんが敷地の外までお見送り。
チェックアウトして、随分経っているにも関わらずです。
玉の湯の満足度は、総合力の高さだと思います。
こちらのティールームや、売店の湯布院市を含む施設と自然とスタッフのサービス。

紅葉のピークだったこの日。
金鱗湖周辺も見事な紅葉。
綺麗。

・・金鱗湖の紅葉 

・・金鱗湖の紅葉

来て良かったです。
Nicol

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:喫茶店 | 由布院駅


line-s
01.16
大分県由布市湯布院町川上、ニコルズ バー。
由布院 玉の湯の施設です。
宿泊客以外の一般客の利用が可能。
旅館の入口とは別棟になっており一般利用がし易いですが、浴衣客が大半。
営業時間は17:30~24:00(火~木は20:00オープン)。
店名は、作家のC.W.ニコルさんに由来するもの。

・外観

由布院 玉の湯に宿泊が決まったときに、必ず利用したいと思っていたこちら。
夕食のデザートが、こちらのバーに場所を移していただけると聞き、二つ返事。

木製の看板に木製の扉。
看板とコースターに、C.W.ニコルさんのメッセージ。

彼のリクエストで作られたバー。
気持ちはとても分かりますネ。
こんなバーで寛ぎたいですもの。
センノキの一枚板のカウンター。
カウンター越しの窓からは、ライトアップされた雑木林。そして暖炉。
この雰囲気のバーはなかなか無いですね。

・店内

・店内  

カウンターに席を用意して貰いデザートをいただきつつ、メニューに手が・・・
年中無休のこちら、店長は本日休日。
お相手してくださった麗しの女性バーテンは小村さん。
以前は兵庫のバーにいらしたそうですが、故郷に戻り、こちらのお店で5年になられるそう。
最初の一杯に勧められたのは、フェッラーリ。
キャンペーン中らしくネット上で抽選中。
面倒がる私達の変わりに手続きをしてくれました。
グラスに注がれたロゼのスプマンテの向こうでスマホを弄っている手元は、そう言うことです。

◆FERRARI Maximum (Rose) glass 1500円
フェッラーリ・マキシマム・ロゼ。
トレンティーノ・アルト・アディジェ州のピンクスパークリング。
イタリアの大統領官邸をはじめ、国外のイタリア大使館の公式晩餐会の食卓でも必ずサーブされるスプマンテ。
ピノ・ネロ70%、シャルドネ30%。エレガントでドライな味わいです。
後味はアーモンドを思わせる香ばしさ。

・フェッラーリ・マキシム・ロゼ グラス 1500円

◆ル モルトン 1968 3200円。
年代物のカルバドスを発見。
ロックでいただきました。
丸い氷は手作りで、この感じが嬉しいです。

・カルバドス ル モルトン1968 3200円

◆ダイキリ 1500円(フレッシュザクロ使用)
ラムベースカクテルのダイキリ。
フレッシュフルーツものがいただきたいと言うと「ではザクロを使って」と作っていただいたもの。
通常のダイキリは1000円。

・ダイキリ(フレッシュザクロ使用) 1500円

・ダイキリに使用したザクロ

・ザクロの種、漉してます

◆秋のチーズ3種盛り合わせ 1600円
フードが一品欲しくて、チーズを。
イタリア産サマートリュフが華やかに香る白カビチーズ、濃厚でクリーミーなビエモンテさんのブルーチーズに、季節のチーズ2種から1種を加えた3種のチーズ盛り合わせ。
チョイスチーズは、テット ド モワンヌ ド モンターニュ。単品では1000円。
スイスとフランスの国境ジュラ地方で牛乳から作られるチーズです。
クルクルと薄く花びらのように削られたチーズはふわっとした優しい食感。
何より、チーズを削るのが面白そうで、このチーズが欲しい♪

・秋のチーズ三種盛り合わせ 1600円

・花びらのように薄く削られたテット ド モワンヌが好き♪

・チーズ盛られてます

◆サイドカー
ここでスッキリしたカクテルを。
ブランデーベースのショート。

・サイドカー 1200円

◆アレキサンダー 1200円
スッキリした後に、コクのあるカクテルに。
サイドカーと同じくブランデーベースのカクテルですが、これだけ違うとお酒がすすみます(?)。
(同じものより、色々変えるほうが、食もお酒もすすむ体質なもので)

・アレキサンダー 1200円

◆響17年 1500円
一杯は、ジャパニーズウイスキーを。
モルトも良いですが、ブレンデッドの響。
日本のウイスキー。大好きです。

・ジャパニーズウイスキー ブレンテッド 響17年 1500円

◆ソルティドッグ 1000円
最後の一杯で。濃いものを間に頂いたのでロングで終了。
ウォッカベースのロングカクテル。
スノーが少し多めですかね?

・ソルティドッグ 1000円

なぜか、わたせせいぞうさんのハートカクテルで盛り上がった夜。
読んだことがないので、見てみますね。といわれていた小村さん。
楽しい夜でした。
食後酒にしては、飲みすぎましたネ。
ご馳走様です。

・外観 

ニコルズ バー

夜総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:バー | 由布院駅


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top