line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.10
広島県呉市中通4丁目12-20、福住 フライケーキ
1947年(昭和22年)から続く、あんドーナツ的な呉スイーツの店。
商品は、こしあんの入った秘伝の生地を菜種油でカラリと揚げたもの1種のみ。
JR呉線呉駅徒歩15分。
営業時間:10:00~19:00(売り切れ終了)。定休、火曜(祭日の場合は振替)。

・外観近く

呉のご当地老舗銀パンと、もう一つ。
呉のご当地スイーツを食べなくては。メロンパンの店舗とは目と鼻の距離。
昭和11年から作られているパンの次は、昭和22年から揚げられているスイーツを*。♡
フライケーキだけを揚げ続ける老舗。
小さなお店の店頭からは、揚げているのが見られます。
形態は販売のみ。1個から買うことが出来ます。
店内は揚げ油と合わせて漂う甘い香り。

「揚げたてを1つ下さい。別に5個包んでください」

◆フライケーキ 1個 80円

1個は揚げたてを食べたくてその場で。
油をたっぷり吸ってる生地ですが、表面がサックサク。軽い食感。
中の餡は、とても滑らかな漉し餡。

・揚げたて

餡ドーナツを想像して食べたのですが、揚げたては生地の香りもよく想像以上の美味しさ。
持ち帰りで冷めると味が落ちます。オーブントースターで軽く焼き付ける気持ちで温めると良いそうです。
購入後はぜひお早めに。

・5個をテイクアウト

戦後の開店以来、呉の人々に愛され続けている福住 フライケーキ。
揚げ油は菜種の白絞油だそうで、あの軽さが出るのですね。
明治40年生まれの先代が、パンをはじめ様々な和洋菓子を習得し独自に考案したフライケーキ。
販売当時、ハイカラなおやつであったことを優に想像出来ます。

・フライケーキ 1個 80円

・断面ご覧ください、絹のような漉し餡

ここでしか食べられない呉のご当地スイーツ。
揚げたては最高でした。

・外観

福住 フライケーキ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:ドーナツ | 呉駅

スポンサーサイト

line-s
04.18
京都府京都市東山区小松町、小多福(おたふく)。
店主が亡き父親を想って作りはじめたおはぎが評判を呼び、お店を開くまでに。
温かい持て成しと、色あざやかで素朴な味わいのおはぎは人気。
京阪本線 祇園四条駅から徒歩10分。
営業時間10:00頃~18:00頃。
定休、木曜・第4水曜。7席。

入口暖簾

祇園の、おはぎ専門店おたふく。興味津々だった8種類の手作りおはぎ。
最初はいただきものでした。
とても綺麗で手間に感激して、お土産にと購入に行きました。
東山の路地裏は静かですネ。

目の前を通り過ぎていく人力車。店の前がルートなんですね

前の小路

小さなお店の入口にメニュー。

メニュー

中では色とりどりの手作りおはぎ。
カウンターが7席あってイートインも可。
店内でいただきたいところですが、そんなに時間もなく購入のみ。

包装も良い雰囲気

ちゃんと種類の説明がありました

祇園のオハギ

おはぎの種類は、あずき、きなこ、青のり、黒ごま、古代米、青梅、梅、白あずき。
各150円で、白あずきだけが180円。
おはぎに合う材料を探し求めて、このバリエーション。
手がかかった、おばあちゃまの愛情おはぎ。
ここにしかない特別感があり、鮮やかな色合いに心を奪われます。
家族にも好評でした。
「また買ってきて!」
簡単には買いに行けないんですけどネ(^^;

外観

小多福

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:和菓子 | 祇園四条駅河原町駅清水五条駅


line-s
04.16
京都府京都市左京区下鴨森本町、京懐石 吉泉
四季折々の季節感溢れる京懐石・京料理を提供。
世界遺産、下鴨神社に続く糺の森に隣接。
京料理の伝統と独自の発想を取り入れられた洗練感ある料理をいただける。
ミシュラン関西2015★★★獲得。
お昼の懐石、8000円(4月11月を除く平日のみ2名から、前日までに予約要)、10000円、12000円。
夜の本懐石、14000円(4月11月を除く平日のみ2名から、前日までに予約要)、17000円、20000円、22000円。
おまかせ懐石、25000円、27000円、30000円。
全懐石、消費税別、サービス料15%別、席料一人様1000円別途。
カウンター5席、個室6畳、10畳、27畳、茶室。禁煙。駐車場なし(近くにコインパーキング)。

外観

大阪の料亭を経験させていただいたことをきっかけに、間を空けずに京都の有名料亭へ。
ネット予約が可能でしたので、そちらで。
5席ですがカウンター席があるので、一人でも気兼ねなく利用出来るのが良いですね。
当日は良い天気でした。
下鴨神社もゆっくり散策したいところですが、そこまでの時間は取れず早速お店へ。
こちらは給仕は男子がなさるようで、坊主で袴姿の子が案内してくれました。
カウンター席でランチをされるのは、今日は3名のようで。

店内カウンター

何と皆さん単独。同じことを考えられる方って意外にいらっしゃるようですね。
お一人は大事な客人を招くのに、下見に来られたとのことでした。
予約した金額は、15904円。
お昼の懐石12000円を頼むと、サービス料、席料、消費税を含むとその額になるのですね。
靴を脱ぎ、カウンター席を利用するのですが、足元には床暖房。
大判の麻のナフキンは珍しいですね。

麻のナフキン

綺麗に磨かれたカウンターの正面には、ミシュランから獲得した★★★とFOODIEのTOP100と食べログのベストレストラン2014が額に入れて飾ってありました。
店主が最初にご挨拶してくださいました。
威厳のある方です。

◆お昼の懐石 12000円(税別、サ15%別、席料1000円別)

吉泉 ランチ 15904円(税サ込)

・先付
・汁
・向付
・中皿
・煮物
・御飯
・果物
・お菓子
・薄茶

こんな感じでネット表記されていましたが、実際の献立は仕入状況で変更となるようです。
先ずは、桜湯の一杯から。

桜湯

そして濁り酒を。

濁り酒

先付は貝の器で。

先付

メニューにあったグラスシャンパンを頼もうと思いましたが、切れてるとのことでビールにしました。
店主、速攻でオーダー手配なさってました。

・キリン ハートランド(中) 900円
修行中の若い板さん数人が給仕まで。ビールも注いでくれました。

キリン ハートランド(中) 900円

蕗の薹の器に蟹味噌の羽二重蒸し。オクラ餡が被せられて見た目は鮮やかな緑。

カウンター席に3名のランチ客

蕗の薹の器

蟹味噌の羽二重蒸し

鮮やかなガラスの器で現れたのは和歌山の翡翠えんどう。
若い板さんが説明してくれながら出してくれます。

翡翠えんどう

綺麗!

茶筅で露を打ちされた椀。蟹のしんじょと、どんこ。

神聖なる椀

蟹のしんじょ、どんこ椎茸

次に奄美の鮪のカマを見せられまして、これは生か炙りを好みでと。生で頼みました。

奄美の鮪のカマ

・立山 180ml 1250円
日本酒を燗にして少々。
酒器も上品です。

立山 180ml 1250円

猪口に受けが

お造里が出されます。品数が多くて嬉しいですね。醤油か、ちり酢で。
好みだったのは、寝かせたアオリイカのネットリとした食感と旨み。

お造里

鮪のカマは脂が多く、炙りにすれば良かったと後悔。でも後口をサッパリさせるよう大根が添えてありました。

刺身だと口直しに大根と

次は蒸し寿司でした。柔らかめの仕上がり。

蒸し寿司

柔らかめの酢飯

変わった形での焼物が出ました。

焼物

虹鱒の石焼き

虹鱒の石焼きです。パイナップルで香りづけ。これは無くても良いかな。
同タイミングでサラダ。アボガドのペーストのようなものが敷いてあり、フルーティーなサラダでした。

サラダ

・梅酒 1500円
日本酒より高額な梅酒は、自家製で平成三年に漬けたものとか。

梅酒 1500円

ここで熱いほうじ茶。

熱い焙じ茶

煮物に甘太。甘味料を加えず十分甘い薩摩芋。その下にムツのようなフランス産の魚メロ。
蕾菜に木の芽も。

煮物

甘太

漬物は、千枚漬ほか京らしく。

漬物

椀の御飯は、すっぽんの雑炊。蓋の上の葱を入れます。具に入っているのは焼餅と温玉。
良いお出汁。生姜の香り。

ご飯

鼈の雑炊

果物に八朔のゼリー。器が八朔で見た目も良いですね。
一口食べることを勧められ、食べるとそこにオレンジのリキュール。最後に蓋の果汁を絞って入れることを勧められます。
三行程となる仕掛けが面白い(^^

果物

八朔のゼリー

果物は続きます。
カウンター席の三人分が盛ってありますが、一粒づつ取ります。
苺は、さがほのか。もう一つ、食用ほおずき。

さがほのかと食用ほおずき3人分

最後にお菓子と薄茶。
お菓子は一口おはぎ黄粉で仕上げてあります。豆菓子と。お薄をいただいて満足です。お腹いっぱい!

お菓子

薄茶

番茶も出されました。

番茶

担当してくれている板さんは料理が出る前に都度、盆を拭いてくれます。
気遣いも含め、厳しい修行が垣間見えます。
おしぼりは通しで4本も出ました。

おしぼりには屋号

食後は店内で店主が送ってくれ、女将が表まで送ってくれました。
女将も威厳があります。
お客の駐車場は無いのですが、店主の駐車場が店にあるのはちょっと気になるタイプです私(^^;
威厳のあるお店でした。

アプローチ

吉泉

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:懐石・会席料理 | 出町柳駅元田中駅


line-s
03.30
京都府京都市中京区木屋町通り四条上ル下樵木町、G麺(ジーメン)。
東木屋町ビル1Fの、路地裏うどん酒場。
自家製麺と特製だしのうどんと、28品の鉄板焼きメニューあり。
阪急京都線 河原町駅 徒歩5分。
営業時間19:00~31:00(L.O.30:30)。朝7時までの営業。年中無休。14席。

入口

清本町のぎおんの豚汁屋さん あだち家を出て、次なるお店へと案内いただきました。
それにしても、この時期の京都の夜は冷えます。
酔い覚ましと眠気覚ましに、歩きの移動は効果的~
選ばれたお店はこちらでした。

店内 (2)

郷愁感漂う、うどんと鉄板焼きのお店。
なぜG麺なんだろうと気になりながら、もうそれを聞く気力は(^^;
店内はカウンターとテーブル席。
四人でテーブル席を利用。
お二人はうどんを注文。
先ほど、豚汁うどんを食べたばかりなのを後悔しても、仕方ないのであります(^^;

麺類メニュー

かと言って、同行のお一人のように、カツ丼に無理かなぁ。
幕引き時間も分からないので、ここは飲物を一杯で様子見。しかし、アルコールでは睡魔が。
かくて、あったかいお茶をいただきました。
見た目は焼酎のお湯割りですね(^^;

◆ウーロン茶 200円

ウーロン茶 200円

ホットウーロンです。
寒かったのでホッとします。

カレーうどんと、ざるうどんを、お二人より勧められて少しづついただきました。優しいなぁ。
ウーロン茶だけでは絵が寂しいので、5幕のお店で一番ヘビーなカツ丼をたべてらっしゃる方の写真を撮らせていただきました。
ちなみにカツ丼750円。甘いタレでの仕上げとのこと。

カツ丼 750円

卓上にはヤカンとミニ火鉢。
内装も意識された落ち着き感。

卓上

深夜にそこそこの客入りでした。
朝まで営業は有難いお店ですね。

店内 (2)

店内

さて、いつ幕が引かれるか分からないこの会、幹事さんが帰ろう!と言われると、ここで幕引きです。
であれば、私も丼を食べておくべきだったか(笑
お疲れ様でした!
京都のお店を探してくださった地元の皆様、ありがとうございました!
またお会いする日までお元気で(^^

ビルの案内

この通路の先に

G麺

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:居酒屋 | 祇園四条駅河原町駅三条駅



line-s
03.28
京都府京都市東山区清本町、ぎおんの豚汁屋さん あだち家
セラヴィBldg1Fの居酒屋・豚汁屋。2013年11月オープン。
漫画、深夜食堂メニューからのおすすめもメニューにあり。
京阪本線祇園四条駅7番口 徒歩4分。
営業時間18:30~27:00。定休、日曜日・祝日。

外観

食材、料理、飲食店に関する書物はどれでも好きです。
漫画も同じく。「深夜食堂」も好きですね~
新宿・花園界隈の路地裏にあると設定されたマスター1人で切り盛りする小さな飯屋で、深夜0時から朝の7時頃までの深夜にしか営業しない「めしや」を舞台にマスターと客たちとの交流を描かれたもので、メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎しかないのに、マスターができるものなら言えば何でも作ってくれる、常連客から「深夜食堂」と呼ばれるディープ店。安倍夜郎氏の作品。
こんなお店、あったらイイナァと思う方も多いはず。
今年になって映画が上映されており、それも見に行きたいと思いつつまだ行けていない今。

こちらのお店も、連れてきていただきました。本日オフ会の第四幕は、豚汁屋さん。

入口 (2)

入口

赤い暖簾の入口を入るとカウンター席。奥にテーブル席があります。

店内カウンター席

テーブル利用でメニューを拝見。

店内テーブル席

嗚呼、もう一目で「深夜食堂」メニューと分かるものが。
皆さん色々好きにオーダー。お通しの小鉢には、4人に1つづ2×2の二種類の惣菜。
これだけでも飲めてしまう感じなのですが。

◆チューハイの生搾りすだち 700円

チューハイの生搾りすだち 700円、お向かいはトマチュー 600円

カットされたすだちも入ったチューハイ。種も多め。
生搾りは他にグレープフルーツとレモン。
自家製ジンジャーやトマト、カルピスのチューハイも。

◆豚汁うどん 800円

豚汁うどん 800円

豚汁屋さんの豚汁うどん。
単なる豚汁で良かったはずが、うどん入りの丼をオーダーしてしまいました。
普通に美味しいものでした。

同行のお方も、深夜食堂のドラマが気に入っていたそう。
赤いウインナー、豚バラトマト焼き、ポテトサラダと、狙ったメニューをドシドシ頼まれてました。

深夜食堂的なメニュー多し

お店のFaceBookでも、それらを意識した内容で書かれてました。
お酒の種類は豊富、お店は綺麗、メニューも面白い。

深夜食堂メニューにスポット当てなくても、深夜まで楽しめる小奇麗な祇園の居酒屋さんでした。
さて、この後も深夜の祇園の街を歩きます。

看板

ぎおんの豚汁屋さん あだち家

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:おでん | 祇園四条駅三条京阪駅三条駅


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。