line-s
01.31
福岡県福津市勝浦4631、アラペイザンヌ 福津店
バームクーヘンをメインとした、焼き菓子の店。
販売される菓子は、全て店内の工房での手作り。
良質な素材を使った素朴で甘い、本物の菓子作りをされる。
本店は、福岡県遠賀郡のアラペイザンヌ 遠賀店。
福津店は2017年2月3日オープン。
営業時間9:00~18:00。
定休、水曜・第2火曜日。駐車場あり。販売のみ。
ネット販売あり。(アラペイザンヌHP) http://www.alapaysanne.com/

外観(オープン時)

今年7月に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界遺産登録となりました。内陸では、宗像市の宗像大社辺津宮(むなかたたいしゃへつみや)と、福津市の新原・奴山古墳群(しんばる・ぬやまこふんぐん)が関連遺産として登録されました。
宗像大社辺津宮は参拝する機会もありましたが、新原・奴山古墳群は県道495号線からも分かる場所にあるものの、歩いてみたことはなく、この日は散策してみようと向かってみました。

その前に。
すぐそばのアラペイザンヌ 福津店へ。
店は福津海岸の白石浜のすぐ近くですが、内陸側には新原・奴山古墳群という位置関係です。

店舗入口

焼き菓子の数も増え、行くたびに新商品と出会えるのが楽しみ。
この日、レジまわりに量り売りのミニパンオショコラ、アップルデニッシュ、サワーチェリーデニッシュ、ミニクロワッサンの量り売りが。

レジ回りにお楽しみ商品

店内

メインのバウムクーヘンが5種並んでいます。
普通サイズが1050円(税別)~
プレーン…レモン風味の人気NO.1。
いちごあまおう…福岡県産あまおうを使用した福津店限定商品。
チョコレート…フランス産バローナのビターチョコを使用し濃厚に仕上げた逸品。
抹茶…本物の抹茶をふんだんに使用しているゆえ、変色しないようアルミの袋に入った商品。
むらさき芋…色鮮やかな、むらさき芋を使用した赤いバウムクーヘン。
全てフォンダン(砂糖衣)掛けされています。
期間限定品のバウムがあり、それも楽しみ。
この日は小サイズのバナナバウムクーヘン600円(税別)をゲット!

バナナバウムクーヘン 600円(税別)

これ大好きなんです。それは家族もらしく、家ではほとんど食べられてしまいました(*゚ロ゚)
アラペイザンヌのバウムクーヘンは種類の多さと、しっとりとした柔らかさが特徴。
風味の良さも際立ちます。

他の焼き菓子も色々と。
アーモンドクッキー、エンガディーヌ、マドレーヌ、サレフロマージュ、ココナッツロッシェ、フィナンシェ。
冷蔵商品で、生チョコレート。スティックチーズケーキもありました。
ん!
福津店のバウムクーヘン5種がラスクでも販売されています!

バウムクーヘンラスク 1個 150円(税別)

バウムクーヘンラスク 1個 150円(税別)
個装で1個から購入出来ますが、5種プラス好きな種類をあと2個選んでギフトボックスにも。
可愛らしいボックスで購入しました。

ラスクギフトセット(7個入り・箱代含む) 1300円(税別)

箱を開けて

並べてみて

ラスクなのでサックリ食感ですが、もととなるバウムクーヘンが柔らかくきめ細かいのでラスクも特徴を引き継いでます。
びっくりするくらい口どけの良いラスク。
日持ちもしますし、次は贈答に!
奥様が出産の為ご実家へ戻られているタイミングでの訪問。
ラッピングもされて慌ただしくされている店長タルトさん。
お子さんの誕生、楽しみですね。
焼き菓子は確実にレベル上ってます。

レジ回りにお楽しみ商品

うさぎさんの前に焼き菓子の買い物かご

焼き菓子とチョコレートを買って、新原・奴山古墳群展望所へ。
小高い場所から新原・奴山古墳群が見渡せ、駐車場にもなってます。

新原・奴山古墳群展望所

プレハブに常駐のガイドさんが居て、観光客が訪れるたびに説明。

説明を聞いています

展望所からは古墳群が一望出来ます

海を越えた交流に従事し、沖ノ島祭祀を担った古代豪族の宗像氏が、5世紀~6世紀にかけて築いた古墳群。
かつての入海に面した台地上に前方後円墳5基、円墳35基、方墳1基の計41基が良好な状態で残されています。
展望所からは大島、沖ノ島、朝鮮半島へと続く海を一望出来ます。

正面の島は大島、大島の49km先に沖ノ島

展望所からの景観

展望所からの景観 (2)

展望所を離れて徒歩散策。

新原・奴山(しんばる・ぬやま)古墳群

22号墳。

22号墳

24号墳。

24号墳

新原・奴山古墳群は、沖ノ島に対する信仰を支える宗像氏の存在を証明する遺産です。

スポンサーサイト

line-s
01.30
北九州市八幡東区景勝町1-10、溝上酒造(株)。
1844年(弘化元年)創業。
北九州の地酒「天心」を代表とする日本酒の蔵元。
河内貯水池に向かう途中に位置。
西鉄・勝山バス停徒歩3分、JR八幡駅から車で10分。
営業時間8:30~19:00。 定休、日曜・祝日。駐車場あり(蔵開き時は臨時P開放)。
(HP) http://www.sake-tenshin.co.jp/index.shtml

外観

北九州市には、2つの酒蔵と1つのビール醸造所があります。
この3つの醸造所↓は協力し合って北九州の酒を広めるべく活動されています。
http://www.3jyouzoushi.com/

溝上酒造で角打ちのように一杯飲みが出来ると聞き、登録が出来そうなので蔵まで出かけてきました(^^
蔵の場所は、北九州の中でも自然豊かな皿倉山の麓。
向かうとなると街から郊外へ。更に山手へ。
山の麓に住宅地がある八幡東区景勝町。脇道へ入ります。

この先です

見えた。赤い建物。そして蔵の売店。お身内の方で運営されてます。

外観 (2)

外観 (4)

中に入ると大きな冷蔵庫があり、要冷蔵酒がそこに。その中に店で飲ませていただけるお酒も。
カウンターがあり、立飲み空間になってます。
乾きもののつまみが2種類のみあり、シンプルな立飲みです。
酒屋なら角打ちですが、ここは蔵の売店。蔵飲み。この日は1種類。生酒でした。
常連の近所の男性が一言。
「生が一番よ」

◆しぼりたて生酒 180ml 300円(税込)

しぼりたて生酒 300円

季節の酒です。地元の国産米、米麹、醸造アルコール。 精米歩合65%。
アルコール分18度。日本酒度±0。酸度1.5。 おすすめの飲み方は冷酒・常温。
ワンカップの空瓶で縁ギリギリまで。
ちょうど180ml、一合ですね。やはり安い!満足量。
ここで立飲み出来るのは1種でしたが、購入したい日本酒の試飲はさせて貰いました(^^
缶チューハイと発泡酒は売られていました。それらをチェーサーに。

◆つまみ 76円(税込)

かわはぎロール 76円

かわはぎロール 76円。皿代わりの紙一枚。
角打ちエリアではごくごく普通の事です。

おつまみ

常連さんと楽しく話していると、お豆腐売りのお婆ちゃまが車で。店に入って来られました。
時代が時代ならリアカーでしょうね。車で近所に売り歩いておられるよう。
偶然居合わせた縁、お店が迷惑でなかったようなので買いました。
箸は豆腐屋さんに貰い、醤油は店に出していただいて。恐縮。

訪問販売の豆腐を居合わせて購入

河内の寄席豆腐、中村商店(食べログ登録ありません)の手作り豆腐。美味しかったですよ。
ご近所常連さんは、ウチはずっとここの豆腐。とおっしゃってました(^^
水が良いですもの、日本酒も豆腐も美味しいですよね。

店内

店内 (2)

カウンター前

溝上酒造。
創業当時は大分県中津市で、天空に舞う鶴を吉兆とし「鶴天心」を銘柄とされていたそうです。
1931年(昭和6年)、北九州市八幡の皿倉山の麓に、酒造りの命、清らかな湧き水を発見。
気温の低い谷間という自然環境も寒造りに適していることから、この地に酒蔵を移すことに。

周辺環境

同時に銘柄も「天心」へ。
以来、現在に至り、北九州の地酒「天心」の銘柄で親しまれています。
地元で収穫される米と皿倉山の清らかな湧き水から生まれる上質な日本酒。
蔵の代表銘柄「天心」は、新鮮な果実を思わせる豊かな香りとまろやかな口当たり。
2月の蔵開きは、地方ニュースでその模様が放送されます。
日常は静かな場所ですが、蔵開きは楽しみにされてる方も多く大変混雑してます。
北九州で「天心」を見かけられたら地元の蔵の酒ですので、ぜひお試しください(^^

外観 (3)



関連ランキング:その他 | スペースワールド駅八幡駅枝光駅


line-s
12.19
福岡市博多区奈良屋町5-14、須崎屋台 かじしか
全国各地からファンが訪れ、観光資源といえる存在で、予約必須の人気の屋台。
2016年秋、福岡市が行った屋台公募で、屋台本来の実力を度外視され、書類審査と面接にて落選。
2017年3月末で市の営業許可が取り消しとなり、多くのファンに惜しまれるなかで閉店。
その後、2017年4月25日に移転オープンされたのがこちらの店舗。
30席ほど(屋台11席、カウンター10席、座敷10席くらい)。
営業時間18:00~24:00。定休、日曜。
(※注意)予約電話先は固定電話となりました[予約電話番号 092-710-6739]

外観

また一からとなった、新店舗の「かじしか」。
屋台の時とイメージを損なわない同じデザインの暖簾。隣はコインパーキング。

隣接コインパーキング

入口

沢山の提灯に支持する方々の思いが詰まってます。
店内に入ると屋台コーナー。今までのような屋台利用気分に浸れる席。
奥にカウンター席。奥に座敷が設けられています。この日、BGMは昭和歌謡。

店内

お座敷が出来ました

「トイレにも拘ったんですよ!」
大将のはみかみ笑顔は相変わらず可愛い女子!
でも、諸問題を乗り越え進んでいく強さは、背中から感じます(^^
大将だけど、女将と呼びたくなっちゃう。
以前は屋台だったのでトイレはなく、近くのホテルと提携されていましたが、今回は店内(^^
中には今までの取材記事や、漫画に掲載されたものなど、カッコイイ感じで掲示されてましたよ。
店舗利用される方、見て差し上げて下さいね。

電話で予約をしており席は確保出来ていました。
どのブースでも大丈夫とのことで、カウンターを利用しました。
食いしん坊なので、食材の見えるカウンターが好きなんです…
屋台の時から増えたのは、鮮魚介メニュー。
店舗なので衛生法にひっかからず、当り前に美味しい鮮魚が食べられるようになりました。

新店舗でお目見えの鮮魚介ケース

屋台時代と変わぬ串ものケース

メニューは屋台時代に+α。

メニュー

メニュー (2)

飲み物メニュー

飲み物メニュー①

飲み物メニュー②

飲み物メニュー③

飲み物メニュー④

飲み物メニュー最後のページ

お祝いにシャンパンを1本空けて、好きなものをたっぷりいただきます!

・テタンジェ ブリュットレゼルブ(ボトル) 9000円

テタンジェ ブリュットレゼルヴ 9000円(ボトル)

カウンター席

お通しのアキレスポン酢。

お通し(アキレスポン酢)

<旬魚介>ページメニューから

・ごまさば 780円

さばごま 780円

・天然かんぱち 680円

天然かんぱち 680円

・和牛 白センマイ刺 800円

和牛白センマイ刺 800円

・糸島野菜天盛 800円

糸島野菜天盛 800円

<串・肉>ページメニューから

・博多のネギ巻 250円

博多のネギ巻 250円

・トマト巻 200円

トマト巻 200円

・ぶどう巻 200円

ぶどう巻 200円

・博多和牛ゲタ 350円

博多和牛ゲタ 350円

・大将のトン足 650円

大将のトン足 650円

・スウィートコーン 600円

スウィートコーン(生) 600円

・ラーメン 480円

ラーメン 480円

麺

<飲み物>メニューから

・琥珀エビス 550円

琥珀エビス(樽生) 550円

・まるごとレモンサワー 550円

まるごとレモンサワー 550円

・おかわりサワー 300円

おかわりサワー 300円

・デュワーズハイボール 450円

デュワーズハイボール 450円

・日本酒 博多の森 超辛口純米酒(燗) 700円

博多の森 超辛口純米酒 700円

説明はメニューに書いてあるので割愛します。
大将、小大将の笑顔を見ると、ちょっとホッとします。
屋台時代からのスタッフさんに、板さんが二人、他に初めて見た方が二人。
席数が増え、メニューが増え、スタッフさんも増え、活気は増していました。

屋台土台の看板、店内にありました

それでもあの狭い席で肩を寄せ合い育んだ人情はそのまま。
小大将は、座敷の相席でお客の紹介をし、カウンター席でも屋台席でも同じように紹介し、お一人様も一人ではなくなってしまいます。
小大将、あちらへこちらへ。
三倍忙しくなられましたね(^^

小大将・大将、共に頑張っておられましたよ

お腹一杯です。
美味しかった―!
屋台時代の常連客はまたこちらにも通って来られるでしょうね。
愛と情がある店ですから。
ご馳走さま。また予約しますね(^^

外観 (2)



関連ランキング:居酒屋 | 呉服町駅中洲川端駅千代県庁口駅


line-s
11.05
北九州市八幡西区堀川町1-16、天水
堀川沿いのラーメン・焼ぎょうざ専門店。
JR折尾駅東口徒歩1分。
14席(カウンター6席、テーブル8席)。カード不可。禁煙。駐車場なし(折尾駅前にコインパーキング)。
営業時間11:30~14:30、17:00~21:00。定休、日曜・祝日。

外観

折尾駅東口の並びに続く、堀川沿いの店。
再開発は少しづつ進んでおり、ここ10年で姿を見なくなるであろう景色。
今日は高橋酒店に行こうと、天水の前を通ったのですけどいつも閉まってしまうので今日は先に入店。
名物ラーメンと焼ぎょうざは、学生の味方価格。
近くの高校生たちの通学ルートにあり、多くの学生が利用しています。
勿論大人も。

店内

店内は昭和の時代がそのまま残っています。BGMはラジオ。
入口と垂直にカウンターが6席、奥に1つだけ大きなテーブル席。そちらに8人くらい座れそう。
カウンターに座って、女将と話します。
ブルーのアイラインが印象的。
亡きご主人と二人で頑張ってきたお店。残された時間を、守り通そうとされてます。
再開発で地域の店も人も減って、お客さんに来て貰おうと10年前に値下げをしたそうですよ。
自慢の餃子とラーメンをいただきます。

メニュー

◆ビールセット 900円(税込)

ビールセット 900円のビール(中瓶)

ビール(中瓶)と焼ギョーザ10個のセットです。
ビールで喉を潤し、焼けるのを待ちます。
折尾で一番美味しいと女将さんが言うギョーザ。
酢醤油に鷹の爪のラー油漬けを入れて待ちます。
焼き上がったギョーザはパッと見が、ミニ春巻きのような形。

ビールセット 900円のギョーザ10ケ

餃子としては大きめのサイズの片面焼き。
野菜たっぷりボリュームたっぷりの、お母さん系の餃子。

餃子断面

◆ラーメン 350円(税込)

ラーメン 350円

写真では見えませんが受渡しのし易いように丼の下には受け皿。
驚異の価格。ちゃんとしたチャーシューも入ってます。
ストレートの細麺。鶏ガラと豚骨のスープ。あっさりしていて飲みやすい。

麺

ご主人が存命の時から自慢のスープ。完飲しました。
スープは生きものだからといっぱい愛情込めて作られています。
この価格で維持されているのは素晴らしい。

ご馳走さま

創業30年を超えて、女将一人で切り盛りするお店。
再開発で店が立ち退きになるのに、あと5~6年はかかるのじゃないかなと言われていました。
それまでは、と頑張られているよう。
「はよして貰わな、私の命が危ない」
立ち退きで店が閉まる日と、元気で居られる時間。
どちらが早いか、と時の経過を俯瞰されていました。

その時、女将の娘さんが母の日にと花を持って入店。
厳しい表情がふと緩む。
女将さんの思うその日まで。お元気で頑張って頂きたいと思います。

前の通り、正面は折尾駅



関連ランキング:ラーメン | 折尾駅


line-s
11.05
福岡県宗像市江口1172、米粉パン工房 姫の穂
宗像市・福津市で収穫されたお米で作った米粉パン専門店。
道の駅むなかたの一角、敷地の福岡市寄りに位置。
JAむなかたが試行錯誤を重ねて製造した種類の多い米粉パンが購入出来る。
営業時間9:00~17:00。
定休、毎月第4月曜・8/15~17・12/31~1/5(道の駅むなかたに準じる)。

・外観

最近注目されつつある健康法、小麦などに含まれるたんぱく質の一種、グルテンを控える「グルテンフリー」
レディー・ガガやミランダ・カーもグルテンフリーを実践中とか。
日本でも少しずつ小麦を使わないお菓子などを見かけるようになりましたね。
そんなグルテンフリーを実践中の方にも喜ばれる米粉パン専門店。
道の駅むなかたで少々お買い物した後に訪れました。
自動ドアが開くとL字に居れる店内。売り場は結構広いです。
ハード系、菓子パン、惣菜パンと並びますが、午後は品薄。
道の駅が午前中混みますが、それと同じ流れで商品が売れていくと思われます。

お店の入口に表示。
「店内すべて米粉パンです。米粉ならではの、もちもち感をお試しください」
・米粉80% 宗像産、福津産
・小麦グルテン20%
同行の下関マダムは「グルテン20%でも優秀」と一言。ご興味をお持ちでした。
地産地消とグルテンフリー。
グルテンフリーとは別に、米粉パンは食感が好きな私。

・サンド類充実

◆シフォンケーキ 800円(税込)

・シフォンケーキ 800円(税込)

目玉商品の米粉100%シフォンケーキ。
前の月の売れ筋ランキング1位です。
原材料は、卵、米粉、砂糖、米油、バニラオイル、塩。
購入時点での賞味期限は4日。
ふわっふわでひきがよく、カットすると生地が潰れるので、パン切りナイフで紙のケースごとカットします。
飽きずに食べ続けられる美味しいシフォン。

・ふんわり、もっちり

色んな角度からも、今から宗像(むなかた)は面白いスポットに成長すると思います。
朝は、パンを焼く良い香りに包まれる敷地内です。

お店の外には休憩スペース。

・お店の外には休憩スペース

河口に位置し、裏手に玄界灘が見えます。

・河口に位置し、裏手に玄界灘が見えます



関連ランキング:パン | 宗像市その他


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top