line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
06.01
岡山県倉敷市中央1-1-6、備中倉敷 瀬戸内庵
天然の素材だけを使った本物の出汁と瀬戸内食文化に特化した倉敷美観地区発の店。
美観地区入口より大原美術館方面へ徒歩1分。
駐車場無、美観地区周辺駐車場を利用。
営業時間9:00~18:00。年中無休(大晦日・元旦を除く)。
産直通信販売あり。

外観

倉敷いろはに小路と隣り合うこちらのお店。
店の前には試飲出来る出汁が置いてあります。

店頭に牡蠣だしの試飲

店頭では、かきせんべいが焼かれています。

店前の幟

その様子につられて入店。
店内には商品が並びます。
福岡の茅乃舎と同じく、天然出汁を押しているお店です。
店頭で牡蠣だし、店内で野菜だしといりこだしの試飲が出来るようになっていました。
趣ある和モダンな店内。

店内

焼いてるところを見てると一枚いただきたくなりました。
店内の券売機で、食べ歩き用の牡蠣せんべい券を購入。

店内で焼いてます

券売機

◆牡蠣せんべい120円(税込)

書き煎餅 120円

牡蠣が丸々1つ入ってます。
このタイプのせんべい、イカ・タコ・エビと食べてきましたが牡蠣は初です。
牡蠣のような水分の多いものでも出来るんですね。
牡蠣の風味がちゃんとしました。
焼きたては食べ歩き用だけで、個装・箱売りのある商品です。

焼き立て以外は個装や箱売りも

店内

店を出て、大原美術館へ。
2016年3月29日~7月3日まで、カモ井加工紙が制作するマスキングテープで大原美術館が変貌。
分館ではマスキングテープを使ってオリジナルBOXの制作(有料)が出来るようになっていました。
個人的には変貌してない美術館が好きなんですが。

大原美術館

大原美術館 (2)

マスキングテープにより期間変貌している本館

大原美術館。
http://www.ohara.or.jp/201001/jp/index.html
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)。
休館日は毎週月曜と12月28日~31日。
祝祭と振替休日は開館。
入館料一般1300円。

倉敷を基盤に幅広く活躍した事業家、大原孫三郎氏が昭和5年(1930年)に設立した、日本最初の西洋美術中心の私立美術館。
本館にはエル・グレコの受胎告知をはじめとした名画を所蔵。
日本を代表する私立美術館は、この日も多くの方が来館。
モネの睡蓮は貸出されてる最中で観られなくて残念。
ピカソにゴーギャン。本物の芸術に触れたければ美術館へだと、観ているときは思います。
本館→別館→工芸館・東洋館→児島虎次郎記念館と観ていくつもりでしたが、フクロウの森で時間を使い過ぎて別館までで時間切れ。
この後は人と会う予定で移動しました。
やはり時間を十分にとって訪れたいですね。

倉敷川沿いの柳並木、軒を連ねる白壁の町家。
レトロとモダンの融合、和と洋の混在調和。
景観を土産にカメラと旅するというフレーズが似合う倉敷でした。

美観地区入口



関連ランキング:せんべい | 倉敷市駅倉敷駅

スポンサーサイト

line-s
05.31
岡山県倉敷市中央1-1-7、倉敷いろはに小路
3階からなる複合商業施設。
1階は、江戸時代から続く倉敷の街並みをイメージしたと言う小路。
入口に金賞コロッケ、いろはにきびだんご本舗、くらしき美味処、フクロウグッズの店他13の専門店が軒を並べる。
2階は錯覚を体感できるトリックアート迷路館。
3階はフクロウたちに触れ合えるフクロウの森。
2階、3階は入場料要。
美観地区入口より大原美術館方面へ徒歩1分。
営業時間9:00~18:00。無休。駐車場無、美観地区周辺駐車場を利用。

外観 (2)

倉敷市にある町並保存地区・観光地区、倉敷美観地区。
国の重要伝統的建造物群保存地区として選定。
倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯の天領時代からの街並み。白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並ぶ。

週末午前中の倉敷美観地区 (2)

週末午前中の倉敷美観地区

日本最初の西洋美術館、大原美術館へ向かうべく美観地区に入り1分…
もう足を止めてしまいました。
フクロウの森の看板を見つけて。動植物が好きで、出来たら触れ合いたい。
フクロウカフェやバードカフェなら行きましたが、観光地のフクロウ園。どんな感じなんでしょう。
施設入口の倉敷金賞コロッケでは、カウンター内でジューッとコロッケが揚げられています。
フクロウのことが気になりながら、1ついただきます。

外観

◆金賞コロッケ 160円(税込)

金賞コロッケ 160円

小ぶりです

第1回「全国コロッケコンクール」で金賞を受賞したコロッケ。
原料に北海道産の男爵芋と和牛の脂肪分を抜いた赤身のミンチ、外はサクサク、中はトロリ系。

コロッケ断面

小ぶりでお値段は高めですが、揚げたては美味しいですネ。
大分の湯布院でも食べましたが、あの金賞コロッケと繋がりがあるのでしょうか。
他には、牡蠣コロッケ、たこコロッケ、チーズコロッケ、コーンクリームコロッケ。全て160円(税込)。
粗挽きメンチカツもあり、そちらは200円(税込)。
施設前にはベンチがあり、同施設で購入したソフトクリームや飲料、地元の名物菓子むらすずめの個売りなどを食べられるようになってます。
犬の散歩で休憩されている地元の方も。

店前で休憩可

施設内に入って行くと菓子を中心とした土産物の販売。

きびだんごも可愛いパッケージがあるんですね

店内 (4)

奥まって行くとフクロウの小物グッズなどを販売。

店内 (2)

フクロウグッズ販売されてます

施設入口ではなく、一番奥のほうにトリックアート迷路館とフクロウの森のチケット販売窓口がありました。
折角だから入ってみようっと。

フクロウの森チケット売場

◆フクロウの森 600円 (大人・中学生以上)

倉敷フクロウの森 入口

カーテンを潜り、階段を上って行きます。
フェイクの蔦に囲まれた狭い階段。
途中にトリックアートの入口があり、上りきるとフクロウの森入口。
スタッフの女性に注意事項を聞き、見学。
フラッシュオフであれば撮影もOK。

園内ルール

フクロウとの触れ合いは、手の甲で優しくなでてくださいとのこと。
慣れていないフクロウには初心者マークが付いていて、触らないでくださいと表記。
作られた緑の中で、止まり木に繋がれた状態での展示でした。
足を傷つけないように繋いでありました。
フクロウ達は皆大人しく、眠たい個体は眠っていました。
写真撮影に付き合ってくれた子の写真を貼ってます。
それにしても!
これだけ沢山の種類のフクロウと一度に触れ合えたのは初めてです。
初めて見ることの出来た種類もあり、私としては大興奮。

メガネフクロウ・ペンちゃん

モリフクロウ・ノエル

シベリアワシミミズク・ゼフィール

ニシアメリカオオコノハズク・シャイン

(展示されていた種類)

アフリカワシミミズク
カラフトフクロウ
メガネフクロウ
チャコモリフクロウ
スンダオオコノハズク
アフリカオオコノハズク
シベリアワシミミズク
メンフクロウ
ウサギフクロウ
ニュージーランドアオバズク
モリフクロウ
ベンガルワシミミズク
アメリカワシミミズク
シロフクロウ

ツガイで居たのは、ハリーポッターシリーズで主人公のハリーが飼うヘドウィグと同じシロフクロウのみ。
シロフクロウだけは広くないスペースではありますが、放されていました(写真なしです・網越しでボケちゃって)。
最高のポージングで撮らせてくれたのは、ウサギフクロウのサニー。

ウサギフクロウ・サニー

堂々たる風情で動画にも付き合ってくれたのは、アメリカワシミミズクのブライトン。

アメリカワシミミズク・ブライトン

それぞれ名前があり、可愛がられているのが分かります。気温も森のような快適な温度。
何故かBGMは日本の森の中のようなウグイスなどの鳴き声。
↓このような感じです。
(倉敷フクロウの森・動画) https://www.youtube.com/watch?v=eGjQJZjL1yk

消毒もちゃんと置いてあります

帰りの階段

大原美術館前に、癒された時間でした。

外観 (3)



関連ランキング:その他 | 倉敷市


line-s
05.30
岡山県倉敷市中央1丁目1-44、倉敷国際ホテル
倉敷美観地区にあり、大原美術館に隣接する。
建物は浦辺鎮太郎氏が和と洋の融合を意図して設計。地上5階地下1階、RC造一部S造。 
1963年に竣工し、1964年の第16回日本建築学会賞作品賞を受賞。
JR倉敷駅徒歩15分。106室。駐車場あり。
宿泊客には1Fレストラン ウイステリア、B1バー レジーナ・美観地区内レストラン 亀遊亭、お食事処 鶴形の優待券を発券、大原美術館前売券も100円安く販売。

夜の外観

倉敷国際ホテルのロビーに展示してある大板壁画、大世界の柵・坤(こん) 副題~人類より神々へ~
それをゆっくりと観たくて、倉敷国際ホテルに宿泊しました。

2階の吹き抜けからの版画

夜遅くにチェックイン。

フロント

先ずは外へ出て、近くのお店を散策した後、部屋に戻ります。
昔ながらのバーのついたキー。
外に出るときは、フロントに預けたほうが良いか確認すると何方でも良いとのことでした。
客室に入った時にドキッとしました。ベットメイクが見た目に甘くて一瞬掃除前かと。違いましたけど(^^;

202号室

宿泊プランは、朝食と部屋に地ビールが1本ついてるものでした。
部屋に用意されたビールは、岡山市の宮下酒造のもの。スナック付きで。
酵母入りデュンケル、非熱処理の生ビール。
(地ビール 独歩) http://www.msb.co.jp/doppo/

部屋にビールの付いた宿泊プラン

ホテルの吹き抜けの大板壁画。
ロビー階の1階からは見上げて、2階からだと正面から、3階からだと見下ろして見られます。

ロビー

1963年の倉敷国際ホテルのオープンに合わせて大原總一郎氏(大原美術館創設者、大原孫三郎の子息)が制作を依頼したもの。
世界的に認められた芸術家、棟方志功(1903-1975)。
1956年、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展にて日本人として初の国際版画大賞を受賞。
1970年、文化勲章受賞。
目の前の大板壁画は、木版画としては世界最大の大作(幅12.84m・高さ1.75m)だそうです。
ベートーベンの第九、情熱、皇帝等の韻律を裸体の中に響かせ、神々の芸術への讃歌を版画化したとか、ピカソのゲルニカを見た感動をモチーフに作ったと言われています。なるほど。
ホテルと隣接する大原美術館にも棟方志功版画室があり、翌日訪れました。

ウイステリア店内

朝食は、ホテル1階のウイステリアで。
朝食の営業時間7:00~9:30(日・祝7:00~10:00)
大人(12歳以上)1900円、小人(4歳以上)950円。禁煙。
約40種類のビュッフェ。地産地消に拘った食材の和洋食。

ウイステリアで朝食

パンは吉備高原の牛乳と放し飼い卵を使用したホテルメイドベーカリー。

ホテルメイドベーカリー

店内

和洋食ビュッフェに名物も

ロビーが広く、掛けられる席が多いのが特徴的です。
ロビー周辺はこのような雰囲気です(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=NASGqc23m4M&feature=youtu.be

ロビー (2)

ロビーからホテル玄関を見て

ロビーから続く空間

フロント前には、今春からと言う古備前の壺。
安土桃山時代(1573年~1603年)に、岡山県備前市伊部で焼かれた由緒有る古備前焼だそうです。
元来 主にお米の貯蔵に使用されていた壺で、季節の生け花がされてました。

古備前焼

[花材]
ナナカマド
ムシカリ
ナツハゼ
オリエンタルリリー
ピンポンマム

ウイークエンドハウスのような風格ある小規模ホテルを。
創設者・大原總一郎のコンセプトを基に倉敷の風土に溶け込むように、和と洋が融合する倉敷国際ホテル。
1964年の日本建築学会賞を受賞。

ホテル入口

外観

倉敷美観地区観光の拠点として宿泊したいホテルでした。
チェックアウトして、隣接する大原美術館へ向かいます。



関連ランキング:旅館・オーベルジュ(その他) | 倉敷市駅倉敷駅


line-s
05.29
岡山県倉敷市阿知2丁目21-10、Cafe Bar&Zakka ANTICA
奈良萬の小路(ならまんのこうじ)の店舗。
白井邸奥に位置する、雑貨とカフェバー。22席とテラス席。
JR倉敷駅から徒歩15分。喫煙可。駐車場無、美観地区周辺駐車場を利用。
営業時間 Cafe11:00~18:00、Bar18:00~25:00。年中無休(不定休)。

表通りの案内

2013年にオープンした新スポット「奈良萬の小路」。
旧邸宅を改装した跡に、炭火串焼・唐揚 びすたとCafe Bar&Zakka アンティカ。
表からは見えないのですが、びすたに気付けば、小路に続くCafe Bar&Zakka ANTICAは必ず気になります。
夜は緑のライトアップが綺麗。テラス席もこの時期気持ちが良さそうです。
びすたを出て、その雰囲気の良いアプローチを進みお店へ。
時刻はもう24時前。
お店の女性が表たまたま出ていて、まだ大丈夫か確認しました。

小路の足元に

外観

テラス席

店舗入口

店内は白熱色の照明が温かい色の空間を作っていました。
可愛い雑貨に、ラテン音楽。
入口付近はテーブル席。奥にカウンター席。

店内

テーブル席に1グループ。
カウンター席に近隣の女性が仕事終わりの珈琲の一杯を飲みに立ち寄っていました。
私もカウンター席に。

カウンター席

奈良萬の小路のオープンとともに開業されているので4年目。
大阪出身のマスターは関西弁で穏やかに話しかけてきます。
アルバムのようなメニューが可愛い。
ピザやパスタやオムライスにスイーツ。カフェらしい拘りのコーヒーも。
(カフェ・バーメニュー) http://cafe-antica.com/menu.html
嗚呼、悩む!
夜も遅いし食べ過ぎは良くないけど、スイーツ的に何か欲しい!
マスターに岡山の果物を使った一杯を作って貰いました。

◆岡山いちごのフラペチーノ 1080円(税込)

岡山いちごのフラペチーノ 1080円

「もう、苺も終わりですねぇ」とマスター。
オレンジリキュールの入る、シーズンラストのフレッシュカクテル。
わ。かなり美味しい!
生クリームと苺のトッピングも嬉しい。

バックバー

メニュー

個人店ですが、基本お休みなしで頑張っておられます。
ランチもされてるし自分の時間なんてないんだろうな、と思いながらお話してました。
何故か、うどん談義。
岡山は讃岐うどん店が多いですが、大阪出身のマスターは「うどんにはコシはいらへん思いません?」
と、柔うどん文化の福岡県人に語りかけ(^^
店の雰囲気は良く、人は楽しい。
おススメのCafe Barです。
一杯ですが凝縮された満足感を持ってホテルへと帰りました。

カウンター席から

ホテルへと戻ります、振り返って



関連ランキング:カフェ | 倉敷市駅倉敷駅


line-s
05.28
岡山県倉敷市阿知2丁目21-10、炭火串焼・唐揚 びすた
奈良萬の小路(ならまんのこうじ)の店舗。
岡山県産の森林鶏を中心に、国産の鶏や豚を使った串焼きや一品料理が味わえる。
飲み放題付コース(4500円~)あり。希望の予算の料理のコースも準備可。
カウンター5席、テーブル14席。
JR倉敷駅から徒歩15分。喫煙可。駐車場無、美観地区周辺駐車場を利用。
営業時間17:00~27:00(L.O.26:30)、日・祝13:00~23:30(L.O.23:00)。定休、木曜。

外観

所要があり倉敷へ。夜遅くに入り、自由な時間は翌日の午前中だけですが、その時間は大原美術館へ行きたい。
そんなことを考えつつ、今夜の宿、倉敷国際ホテルにチェックイン。
23時前。ホテル内はバーレジーナが開いてるのみ。
外の空気を吸いに出かけます。
倉敷美観地区の夜。
夜間景観照明は22時まで。白壁と闇になった時間帯…
知らない路地は真っ暗で、恐いくらい。
飲食店の灯りを求めて「奈良萬の小路」へ。

前の通り

倉敷中央通りから美観地区入口の交差点を東に入り、倉敷物語館の西側の小路を奥に抜けます。
2013年にオープンした新スポットで、倉敷の食材が楽しめる食の複合施設だそうです。
2006年に閉館した奈良萬旅館跡を改装した奈良萬と、向かいの旧邸宅を改装した白井邸からなる施設。
高梁川流域や瀬戸内海など地元の食材を使った食をコンセプトとした飲食店8店舗の出店でスタートしたそう。
スポットの路地を二往復。
和食 美観地区 多幸半、ペーシェルーナとその2階にバーリコルド。
イタリア料理Riva、本日は店仕舞いの倉敷ラーメン升家。 

こちらも気になりましたが…

旧邸宅を改装した白井邸のほうには2店舗、炭火串焼き・唐揚 びすたとcafe Bar &Zakka ANTICA。
軽く何かをと思っていたので、メニューが表に置いてあり入りやすかった、びすたへ。

小路の案内

「こんばんは~!一人ですけど良いですか?」
「どうぞ、お好きな席に」

右側店舗

店の入口は路地に入ってすぐの左。
ドアを開けると、炭火の焼き場とカウンター席。BGMはジャズ。
右手奥にテーブル席。窓側がソファーになっていてくつろげるのでそちらに。

店内

カウンターに数人、テーブル席に出張中と分かる男性グループが1組。
壁面は横にガラスが続きライトアップされた緑が良い雰囲気です。
ひざ掛けのブランケットが用意してあったりして配慮上々。
メニューは一品や単品串ものなど、軽いものが良い今の気分にぴったり。
価格は税込。

今日のおすすめ

串焼メニュー

おすすめのお酒メニュー

〆メニュー

お酒を聞かれて、生チューハイに。

◆チューハイ 生搾りピンクグレープフルーツ 520円

チューハイ・生搾りピンクグレープフルーツ 520円

すぐ出るものを一品。

◆塩キャベツ 150円

塩キャベツ 150円

黒板の今日のオススメから。

◆手羽元とゆで卵の甘辛煮 550円

手羽元とゆで卵の甘辛煮 550円

◆アスパラの肉巻串 200円

アスパラの肉巻串 200円

◆焼きポテサラ 500円

焼きポテサラは、面白そうと思って注文したら、お店からアドバイス。
量が多めなのでハーフに出来ますよと。お願いしました。280円。

焼きポテサラ 500円(ハーフサイズで)

出来上がりはパッと見、グラタンっぽい。
混ぜて崩して食べてくださいと言われました。
皮つきのジャガイモが印象的。
サラリとしたマヨネーズ味ですが、おつまみ向き。

炭火串焼の鶏メニューから。

◆肝(レバー) 160円

肝 160円

◆砂ずり 150円
◆心臓 160円

写真

内臓ばかり注文していました。
鶏の肝は焼き加減を聞いて貰えるので、思いっきり生に近くして貰って。
鮮度が良くないと出来ませんね(^^

日頃地元でいただく焼鳥より少々高い価格帯ですが、素材良し環境よしです。
屋号の入ったTシャツ姿の店主が一人で運営されていました。
小洒落た店内はデートにも向く雰囲気。

窓から見えていた、路地奥のcafe Bar &Zakka ANTICAが良い雰囲気。
まだ開いてるようなので、店を出て向かってみます。

小路に入ってすぐ左がびすたの入口、正面がアンティカ



関連ランキング:焼き鳥 | 倉敷市駅倉敷駅


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。