line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
05.04
広島県呉市中央3丁目、だるま
呉市中央3丁目周辺の蔵本通りの屋台の1軒。
ラーメン、おでん、串かつなどがメニューの軸。
JR呉駅から徒歩15分。8席。
営業時間18:00~26:30。
定休、日曜。

外観

赤提灯に赤暖簾のだるま。
マイレビュアーさんが初投稿。登録もしてくださったものと思われます。
こちらもなかなかの風情。屋台骨がちょっと斜めになっているのはご愛嬌。
ビニシーを潜ると赤いL字のカウンター。

店内

綺麗にではないのですが季節の花なんて飾ってあって、何だか良いじゃないですか(^^

何気に花が飾ってありました

年季が入っているように感じますが、呉屋台の中では新しいほうに入るようです。
店内には公園内営業許可証。呉市長から。
1年更新みたいですね。なるほど。
店内にはラジオがかかってます。

本日、北九州帰ることを考えると、こちらが最後のお店となりそう。
なので〆ラーを!
「私、ラーメンで」
気付けば、私だけラーメン?
ご一緒のマイレビュアー様は、ビールとおでんでまったり感。
ビールを注いで貰って…えっ?ラーメン私だけ?

後の二人はおでん

◆ラーメン 500円

ラーメン 500円

雷文模様の中華丼に入った昔ながらのラーメン。
あっさりとしたスープに硬さ指定などない麺。
トッピングにチャーシューと葱とメンマと若芽。
チャーシューもこれくらいのアッサリ感が好きですね~

他の屋台メニューはこんな感じです。
屋台らしい価格にホッとします。
おでん100円、150円
焼きとり 350円
トン足 600円
ぶたみみ 600円
お酒 400円

ぶたみみを少しいただきましたが、美味しかったですよ♪

ぶたみみ 600円

こちらの屋台と八起の屋台・店ともにご兄弟なんだとか。
狭域にご兄弟の三店舗。どこのお店が一番人気なんでしょうね(^^
さて。
帰らなきゃ。
やっぱり広島泊にしてもう少し飲むべきだったか。
広島駅の新幹線ホームはカープカラー。

新幹線ホーム、カープ勝利の日

この日、カープ勝利の日でした。
皆さん気持ち良く帰宅されてるのでしょう。
私も目的店へ行けて、気持ち良く帰宅。



関連ランキング:ラーメン | 呉駅

スポンサーサイト

line-s
05.03
広島県呉市中央3-14、炭火焼のまんまる
呉市中央3丁目周辺の蔵本通りの屋台の1軒。
焼鶏を中心とした居酒屋メニュー。
JR呉駅から徒歩15分。12席。
営業時間18:50~25:00。定休、火曜(+雨天・強風)。

・外観

貫太郎を出て蔵本通りへ。
すぐそばの呉屋台に向かいます。
行政がサポートしてくれている呉屋台を羨ましく思う北九州市民の私。
この風情が羨ましい。
呉屋台情報は、こちらから。それによると全部で11軒。丁度良い軒数に感じます。
http://www.kurecci.or.jp/kanko/shinnyatai/yatai.html
過去4軒の呉屋台を訪問。
富士さん…中華そば・おでん・鉄板焼きの屋台。
たんや華智(かち)…牛タン料理ほか単品の屋台、牛尾拉麺(てーるらうめん)あり。
八起…ラーメン、おでん、一品料理の屋台。
あしあと…鉄板、お好み焼きの屋台。 

こうなってくると全店を味わってみたいというコンプリート欲が(^^;
通りをキョロキョロ。
何となくで入った、まんまる。
表に当店にはラーメンはございません。と書かれています。

・表に貼ってあるメニュー

他にお客さんはなく、広島のマイレビュアーさんとお酒&アテをオーダー。
この組み合わせは、厚焼玉子が間違いない…
それから観光客は、広島らしいものを注文してしまうもんです。
お通しは、ハム添えのポテサラ。お手軽作りのやつです(*'∀')b

・お通しのポテサラ

◆厚焼玉子辛子明太子入 600円

・厚焼玉子辛子明太子入 600円

鉄板で仕上げられた厚焼玉子。
油で表面がテラッとするのが特徴ですね。
シェアしたレビュアー様は、玉子焼き出現率の高い方で、私も玉子系LOVEなので。
どこの玉子焼きが美味しいか真剣に語り合いたいものです(笑

・明太分量はこんな感じです

◆牡蠣マヨネーズホイル焼 780円

・牡蠣マヨネーズホイル焼 780円

時間かかりますよと言われました。
下ごしらえして、最後に炭火の上でホイル焼き。
喜んで食べるのは観光客だけなのかしら。

◆もみじ饅頭酒 680円

・もみじ饅頭酒 680円

もみじ饅頭(こしあん・チョコレート・カスタード)のお酒あります!!
と表に段ボール片に書かれておりました。
広島のスイーツリキュールのミルク割でございます。
何に似てるかと言うと、カルアミルクでしょうか。
甘いカクテルが好きな方どうぞ(^^

・呉屋台で、もみじを一杯

◆巨峰酒 500円(サワーで)

・巨峰酒 500円(サワーで)

ちょっとスッキリしたくて、サワーで。
チェーサーがわりでもありました。
ほんのり葡萄風味。

呉レビュアーさんが駆けつけてくれました。恐縮です!
乾杯。
オーダーされたフードはこれ。

◆五色ソーセージ 680円
五色!どんなの?
と思いましたら、5種類のソーセージの串焼きでした。
炭火で焼いてるので一味違うはず。←見ていた

・五色ソーセージ 680円

頭にタオルを巻いたオヤジさんが、炭火のカウンターとその後ろの厨房コンロ2つの火を使って調理。
屋号のついた、まんまる焼き(薩摩鶏のもも焼・一日3食限定二人分の量 1800円)は時間がかかるそうです。
炭火焼の店らしく、焼物充実。
生ビールの中ジョッキ 500円、グラス 370円。
千福上撰 450円、酎ハイ 500円、カクテル 500円。

呉の屋台は店内に冷蔵庫があったり、テレビがあったり。
もう一軒、呉レビュアーさんの案内で次の屋台へ。

・外観 (2)



関連ランキング:鳥料理 | 呉駅


line-s
05.02
広島県呉市中通4-2-24、立飲み 貫太郎
ビアホールのような爽快なエビスビールをリーズナブルな価格で提供。
2015年12月に開店した、呉愛を感じるオヤジの立飲み店。
屋号は、海軍の街「呉」の総理大臣まで務めた長官の名前。
営業時間定17:00~23:00(22:30)。休、日曜。

外観

木枯しの季節が過ぎたら、また呉に行こう。
冬の間、ずっとそう思っていました。
立飲み店なので、美味しいビールをいただければそれでよいものでしょうが、食べるのも楽しみな私。
こちらで色々食べてみたかったので。リーズナブルなエビス樽生も楽しみですしね。
何より、店主と呉の話もしたくて。
呉愛の強い店主。同じく北九州愛の強い私は共感出来る部分も多いのです。

ここにしかない風景

丁度桜が満開の、休みの日。
新幹線で1駅、小倉-広島1時間。JR快速安芸路ライナー5駅、広島-呉30分。
お店前で広島レビュアー様と待ち合わせ。開店時間を一緒に待ちます。

開店前に着きました

店長に声を掛けたら「どうぞ!」と少し早い時間に店内で待たせて貰いました。
まもなく店主登場。
前回からメニュー増とのこと。

飲物メニュー

酒のあてメニュー

先ずは何と言っても1杯のビールから。

◆エビス樽生ビール 450円

エビス樽生ビール 450円

店の看板とも言えるエビスの樽詰生。
この価格はやっぱり嬉しい。
これから黄金色のサーバーから注がれる黄金の麦酒に焦れる人が増える季節。
泡を切る店主の所作が良い感じ!

さぁ。食べますよ。メニュー増えてるし。

・オニオンスライス 150円
・うめキュウ 290円

オニオンスライス 150円、うめキュウ 290円


どちらも塩梅良し。野菜は新鮮、シャッキシャキ。
最初に野菜食べておかないと、と思ってしまう世代です。

・ハムエッグW(4+4) 380円

ハムエッグW(4+4) 380円


店主おススメで。玉子4つ。ハム4枚。
4つは無いかも、嬉しいかも。
実際は、シェアして食べました(^^

・はんぺんのチーズ挟み揚げ 250円

はんぺんのチーズ挟み揚げ 250円

・うずら卵フライ 150円

うずら卵フライ 150円

・フライドポテト 200円

フライドポテト 200円

フライものはビールに合いますよね~
はんぺんのチーズ挟み揚げが想像以上に好み。おススメします。

◆千福・神力 純米無濾過原酒85生酛 480円

店主に注いで貰っております

千福・神力 480円

広島の酒、千福。
千福原点の米、神力米を明治・大正時代の精米歩合に近い85%で精米。
当時の主流となる仕込み方法であった、生もと造りで丁寧に仕込まれてます。

ボトルです

◆酎杯・黄色 400円

酎杯・黄色 400円

酎杯の焼酎はコレ

五色の酎杯があります。赤、白、茶、紫、黄色。
黄色をいただきました。生レモン入。
瀬戸内の温暖な気候に育まれる広島レモンの生産量は全国一。
広島レモンの特徴は防腐剤を使用しないこと。 皮ごと安心して使えますネ。

洗面の手洗い気に入ってます

立飲みなのに、結構な長居。
良い気分で飲みました。
この後は、呉屋台へ。

<食べログ過去掲載はこちら>



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 呉駅


line-s
01.23
広島県庄原市総領町稲草2088、横山甘泉堂
創業明治18年の老舗羊羹店。
昔ながらの製法の上品羊羹は看板商品。
営業時間7:30~18:30。不定休(日曜営業)。

・羊羹

こちらも頂きものなので、お店の情報は詳しくないのですが、広島羊羹のお味が良かったのでレビューします。
趣あるパッケージのこちらの羊羹、期待を裏切らず老舗店のもの。
庄原市の道の駅やスーパーで見かけると言われる田總羊羹(たぶさようかん)。
老舗店の看板商品だそうです。

・パッケージ

田舎ならではの美味しい水で仕込まれた羊羹は、昔ながらの材料と製法。
小豆は、厳選された北海道産の小豆を贅沢に。
小豆本来の味と香りを生かすために、二日間かけ、じっくりと丁寧に仕上げるそうです。
寒天と砂糖を5時間煮詰め、粉末にした小豆を混ぜてさらに2時間煮詰めるとのこと。
つるつると輝く表面。
舌触りは滑らか。感触が良い上品羊羹です。お茶うけに良いですね。

・切った羊羹

田總羊羹ともう一つ、田總塩羊羹が商品としてあります。
こんな老舗羊羹と出会うと、日本の甘味の健全さに安堵します。

ひろしま夢プラザの通販サイトで見つけました。
http://shop.yumeplaza.com/?pid=14914591



関連ランキング:和菓子 | 備後庄原


line-s
01.22
広島県広島市東区光町1-1、御菓子処 亀屋
戦国時代から続く広島銘菓、川通り餅を製造販売。
営業時間8:30~17:00、日・祝9:00~17:00。

いただきものです。有難うございます!
広島でしか売られていない銘菓。
お土産にも最適ですね~

◆ 亀屋の「川通り餅」

箱

室町時代の毛利師親故事に由来する川通り餅を現代風に再現した、1968年(昭和43年)発売のロングセラー商品。
コンパクトな箱からは、想像しない個数が入ってました。

開けると

こんなに!

上品な一口サイズの餅菓子です。
楊枝が刺さった状態で一つづつ小袋に入ってす。
柔らかく程よい甘さの求肥。
黄粉を纏っています。
クルミが入っており、食感と味にインパクト。

1個づつ個装

求肥にたっぷりの黄粉

ザ・広島ブランド 味わいの一品」認定産品でもあります。
http://www.kawadorimochi.com/kawadorimochi.html

ご馳走さま(^^



関連ランキング:和菓子 | 広島駅猿猴橋町駅広島駅駅


line
プロフィール

akii

Author:akii
時間が出来れば食べ、
暇が出来れば書いてます。

フリーエリア
カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QRコード
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。